「計画」カテゴリについて


気ままに走るロングライドも素敵ですが、キャノンボールは計画が重要です。個人的には計画次第で成否の半分は決まったも同然だと思ってます。

このカテゴリでは、キャノボに挑戦する際の計画の練り方について書いています。

以下の話題が中心です。

・いつやる?
・西向き?東向き?
・どのルートでやる?
・スタートは何時にする?
・GPSナビの使用
・予定表のススメ
etc


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

いつ決行する?


キャノボは実行委員会がいるわけでもなければ、明確なレギュレーションも存在しません。スタートとゴールと道路交通法さえ守れば、何月何日の何時に始められるか自分で決めて良いわけです。

この記事では、「いつキャノボをやるか?」について書きます。


季節


キャノボは肉体的に大変過酷なイベントです。真夏や真冬にはやらない方が良いと思います。

  真夏→熱中症の危険性あり。水分補給回数が増えて、グロス速度低下。
  真冬→ウェア枚数が増えて重量増。風が強い。山が寒い。積雪の恐れもある。日が短い。


というわけで、世間的にサイクリングシーズンと言われる春、秋に決行するのが一番達成可能性を高める方法だと思います。中でも3月下旬~5月中旬、9月下旬から11月初旬がキャノボシーズンと言えるでしょう。実際、過去の挑戦者を見てもこの時期の挑戦者が多くなっています。

日の長さも考えると、5月のゴールデンウィークが最適かもしれません。次いで9月のシルバーウィークでしょうか。


天気


キャノボの良い所は、天気のいい日を選んで走れることです。以下のような日を選ぶとよいでしょう。

 ・東京~大阪全エリアで雨が振らない
 ・追い風区間が多い
 ・気温変化が少ない


もっとも全部の要素が揃った日は中々ありません……が、天気予報とにらめっこすることで、理想に近い日を決行日とすることは出来ます。

風向きは特に重要なファクターとなります。なるべく、自分の走る方向に風が吹いている日を選ぶことで達成確率が高まります。私が挑戦に当たって使用したのが以下のサイトです。

 参考: Sunny Spot 気象情報サイト!

このサイトでは向こう2日間の風向を3時間毎に確認することが出来ます。一番下にあるのが、地上の風向予想図です。


必要な日数


キャノボは丸1日走り続けるイベントです。前後の準備なども含めると、結構な日数を取られます。

例えば自分の場合は以下のようなスケジュールで走りました。

【大阪→東京】
 ・1日目
  05:00 起床
  10:00 新幹線で大阪到着
  15:00 ビジホで就寝
  21:00 起床
  22:40 キャノボ開始
 ・2日目
  21:40 キャノボ終了
  23:00 自走帰宅
  24:00 就寝

【東京→大阪】
 ・1日目
  17:00 就寝
  22:00 起床
  23:00 移動開始
 ・2日目
  01:00 キャノボ開始
 ・3日目
  00:20 キャノボ終了
  03:00 就寝

以上より、最低でも3連休取れる日でないと、決行はキツいと思います。あと経験上、走った翌日は仕事になりません(一部の人は翌日から普通に仕事してますが……)。

(完)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

西向き?東向き?


キャノボはルートが自由ですが、東京と大阪のどちらをスタートにするかも自由です。

 「どちら向きでも同じなんじゃ?」

と思えるかもしれませんが、実は全然違います。この記事ではその辺りについて書きます。


スタート地点の違い


東京発(西向き)と大阪発(東向き)、単刀直入に言えば東京発のほうが難易度が高いです。

理由は風向き

東京~大阪間に吹く風は西向きであることが多いもの。これは偏西風の影響であると言われています。西風は、大阪発なら追い風ですが、東京発なら向かい風。東風の日も無いわけではないのですが、決行しようと思った日に東風が吹く確率は低いです。

 参考: 東京管区気象台|管内の風配図

「とにかく達成したい」のであれば、大阪発の方が勝算は大きいと言えます。逆に、東京発で達成したい場合には慎重に風向きを見極める必要があるでしょう。


東京発(西向き)の特徴


【長所】
 ・前半に箱根が来るので、後半楽。
【短所】
 ・向かい風の確率が高い。


大阪発(東向き)の特徴


【長所】
 ・追い風の確率が高い。
【短所】
 ・400km走った後の箱根が辛い。

(完)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

どのルートで走る?


前述のとおり、キャノボはルートが自由です。ルート選びも戦略の一つと言えます。

詳しい話は「ルート」カテゴリに回しますが、ここでは代表的なルートを解説します。


主ルート


そもそものコンセプトが「R1を端から端まで走る」というものですので、王道ルートはR1を中心に走るルートだと思われます。ただ、R1には自転車通行不可区間があるため、全線R1を使うのは不可能です。

【ルート概要】
 東京~横浜~箱根~静岡~金谷峠~浜松~名古屋~四日市~関~鈴鹿峠~大津~京都~大阪
【距離】
 540~550km
【長所】
 ・R1を通るので、トラブルがあっても安心
【短所】
 ・距離が長い
 ・交通量が多い(場合によっては長所になることも)


R25~R163ルート


R25 VS R1
今やキャノボをやる人の大半が使用する、このルート。鈴鹿峠を通らず、伊賀方面を抜けることによって約20kmショートカットが可能です。以前は謎に包まれていましたが、現在はもはやメインはこちらと言うほどメジャーになっています。ダート区間があることで有名でしたが、2015年に再舗装されました。ただし、採石場前ということで大型トラックが出入りするため、常に道は荒れているようです。

【ルート概要】
 関~伊賀上野~木津~清滝トンネル~大阪
【距離】
 主ルートより20km短い
【長所】
 ・距離が短い
【短所】
 ・道の荒れている区間がある
 ・アップダウンが主ルートに比べると多い


御前崎ルート


R150.jpg
サイスポ編集長が使用したルートです。基本的に平坦で(大崩海岸で登りあり)、金谷峠を回避できるのが最大のメリットですが、+14kmとかなり遠回り。東京⇔大阪には向かないけれど、東京⇔名古屋の初級編ならば、脚を残せるルートかもしれません。また、強い西風が吹くことが多いので、西風の日には有利かも。

【ルート概要】
 清水~大崩海岸~御前崎~浜名湖
【距離】
 主ルートより14km長い
【長所】
 ・金谷峠回避可能
 ・西風の吹く日はR150を楽に40km/h巡航可能
【短所】
 ・距離が長い
 ・風向きが逆だと悲惨


R246ルート


R246.jpg
コース最大の難所、箱根をスルーしようというルートです。箱根の最大標高が800m程度、御殿場の最高標高が400m程度です。獲得標高は主ルートもR246ルートも実は同じで、1250m程度です。これはR246は細かいアップダウンが沢山あるから。
バリエーションとして、R1で戸塚まで、そこから長後街道を使って伊勢原まで行き、R246に合流するルートもあります(やんぐちゃあはん氏使用ルート)。こちらの獲得標高は主ルートが1200m程度、R246ルートが1050m程度です。

秦野~沼津までのR246は私自身走ってないのでよく解らないのですが、バイパス回避などが結構大変とのこと。慣れている人なら速い?

【ルート概要】
 東京~厚木~御殿場~沼津
【距離】
 主ルートと同等
【長所】
 ・箱根を回避可能
【短所】
 ・細かいアップダウンが多い
 ・自転車通行不可ポイントが多い


諏訪湖経由ルート


諏訪湖
達成者の一人であるshow_gun氏が開拓した冗談のようなルート。もはやR1をかすりもせずに名古屋まで行ってしまうルートです。獲得標高は主ルートが2000m程度なのに対し、4000m程度とおよそ倍。ただし、信号は少ないのが特徴。ブルベ的なコースと言えます。数は少ないですが、このルートで24時間を切った挑戦者もいるコースです。

【ルート概要】
 東京~高尾山口~笹子トンネル~富士見峠~諏訪湖~伊那~名古屋
【距離】
 主ルートより10~15km長い
【長所】
 ・信号が少ない。
【短所】
 ・獲得標高がおよそ倍。
 ・距離が長い。


他にも色々とルートは考えられますが、今のところ実績があるコースは上に上げた物くらいです。新しいルートを見つけたら是非教えてください。

(完)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

スタートは何時にする?


キャノボには「24時間以内に走り抜ける」という縛りがあります。

ということは当然、夜の区間と昼の区間があります。夜のほうが走りやすい区間もありますが、出来れば夜に走りたくない区間もあります。また、時間によって渋滞が起こりやすかったりといったことも考慮しなくてはなりません。

この記事では、スタート時間を何時にすれば良いかについて考えます。


スタート時間による違い


一般的に、都市部は夕方に渋滞します。キャノボでは東京・名古屋・大阪という日本の3大都市を通るわけなので、これらの都市をできるだけスムーズに抜ける必要があります。都市は深夜から早朝は車通りが少ない特徴があります。

一方、山間部は街灯が少なく、夜間は危険が伴います。キャノボでは箱根峠・金谷峠・鈴鹿峠という3つの代表的な峠がありますが、配置的にどこかは必ず夜になります。


また、季節によっても事情は変わってきます。当然のごとく、冬は昼間の時間が短く、夏は昼間の時間が長いもの。日の出、日の入の時間も調べておきましょう。


他にも色々と考慮すべき点はありますが、すべての場所を理想通りの時間に抜けることは出来ません。「ここだけはこの時間に通りたい!」という所を決めて、後は妥協する必要があります。

ただ、この時間の決め方は成功率にかなり影響するので、是非良く考えて決めてください。


個人的なベストプラン


スタート時間の決め方は個人の考えがかなり影響するので(別に夜の山は怖くない人もいる)、以下は私が検討の末に辿り着いたベストプランです。

【東京発の場合】1時出発
日本橋を深夜1時に出発するプランです。このプランがベストな理由は以下です。

・東京、大阪が深夜になる
 →交通量が少なく、走りやすい
・蒲田、戸塚を電車が動いていない時間に抜けられる
 →踏切で引っかからない
・箱根峠で日の出を迎える
・金谷峠が昼間
 →下りの不安要素が減る

ただし、鈴鹿峠は夜、名古屋と四日市を夕方に走る必要があります。

【大阪発の場合】22時出発
梅田新道を22時に出発するプランです。このプランがベストな理由は以下です。

・東京、大阪が深夜になる
 →交通量が少なく、走りやすい
・大津~甲賀のエリアで深夜のため点滅状態になる信号が多い
 →信号ストップが大幅に減る
・名古屋を早朝に抜けられる
 →交通マナーに問題がある名古屋を比較的安全に抜けられる
・箱根峠を17時に通過可能
 →日の長い時期ならば、日の入り前に小田原まで降りられる

ただし、鈴鹿峠は深夜、藤沢エリアを夕方に抜けることになります。藤沢バイパスで渋滞にハマって参りました。あと、戸塚の踏切も電車が動いている時間に通ることになります。


簡易計算ツール


スタート時間と平均時速を入力すると、各地の到着時間を計算してくれるツールをExcelで作成してみました。計画のために使ってください。

ダウンロード: 各地の時刻計算



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR