ロングライダース vol3.0について

既に色々な所で告知されていますが、こちらでも。


私がライターとして参加させていただいている同人誌「ロングライダース Vol3.0」が2月3日より頒布開始となります。今回は過去最も厚い194ページ。臨場感あふれるレポートだけではなく、漫画家の先生による自転車マンガや、イラストレーターの方による美麗イラストも。

今回、私は昨年10月に走った「TOT(Tokyo-Osaka-Tokyo)」の記事を書かせて頂きました。
http://blog.livedoor.jp/akibaxjapan/archives/4353866.html

なんと巻頭で24ページという、身に余る待遇で載せて頂いております。サイクルスポーツにもTOTのレポートを掲載させて頂きましたが、ページの関係でかなりコンパクトな表現となってしまいました。しかし、ロングライダースでは完全版と言っていいほど色々書いております。本文では書ききれなかった全参加者の一言も掲載させて頂きました。

そんなレポートに更なる彩りを添えてくれているのが、武蔵屋長元坊先生のイラストです。vol1.0から一貫してイラストを担当して頂いております。いつもありがとうございます。今回は5枚のイラスト+4コママンガを描いて頂きました。

36f355b7.jpg

おや、左側に居るのは……!?


-----


ロングライダース vol3.0を手に入れる方法は大きく3種類あります。「会場」「委託店舗」「通販」です。


①コミティア会場で購入する
2/3(日)に行われる同人イベント「コミティア103」にて、ロングライダースがスペースを出展します。場所は「展示スペース13」です。

最も速く手に入るのが、この方法です。なお、値段も会場限定で2000円となっております。入場には「ティアズマガジン」というカタログが必要となります。

コミティアは通常の同人イベントと異なり「創作」に限ったイベントです(一般に連想される二次創作の同人は一切ありません)。ロングライダースは毎回、同人誌の頒布の他に、自転車本体やグッズの紹介などの展示を行なっています。そして今回は私の自転車(TOT仕様)を展示して頂けることに(!)。私も終日、会場に詰めておりますので皆様とお話できるのを楽しみにしております。

なお、会場へ自走でのご来場はお控えください。


②委託店舗で購入する
コミックZINを始めとした委託店舗で購入する方法です。

通常、マキノサイクルファクトリーカフェサコッシュ木崎湖キャンプ場などでも頒布されますが、今回はまだどへ委託されるかは未定です。確実なのはコミックZINです。

トラブルがなければ、2/3(日)の14時前後から店舗(秋葉原・新宿)に並ぶはずです。お値段は2625円(税込)となります。


③通販で購入する
コミックZINの通販で購入する方法です。

送料は掛かりますが、遠方の方はこちらをご利用ください。こちらもトラブルがなければ2/3(日)の夕方~夜には通販が可能となる予定です。お値段は2625円(税込)となります。


-----


今回の「3.0」は過去最大のページ数となりましたが、量だけではなく中身もかなり良い物になっていると手前味噌ながら思っております。お時間ある方、手にとって頂ければ嬉しく思います。宜しくお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

「雨天ライド攻略本」電子書籍化のお知らせ

昨年の冬コミで頒布した同人誌「雨天ライド攻略本」が、BOOK☆WALKERにて電子書籍化されました。

DfLcT7_UYAAlR_I.jpg


 文章・監修: baru
 漫画・イラスト: 絹山サメハル


本のテーマ


「雨のロングライドをどう走るか?」をテーマにしています。雨レースについては著者の経験があまり無いので対象外としています。

晴れた日を選べるキャノボとは異なり、ブルベやセンチュリーライドと言ったロングライドイベントは開催日時が決まっています。待ちに待ったイベントの天気が雨……「それでも走りたい!」という時もあるものです。

そんな時に、ちょっとしたノウハウや事前知識があると、より安全に走行することが可能となります。本書では、そういった内容を体系立てて纏めることを心がけました。文章だけで分かりにくい話題は、漫画とイラストで理解しやすくなっていると思います。

元々、キャノボのような自分で日時を選べるライドばかりしていた私が、日時の決まったブルベに出るようになって直面したのが、「雨の中をどう走るか?」という問題でした。開始から100kmに及ぶ雨を浴び続けたブルベでは、初めての自分からのDNF(リタイヤ)を経験。これはどうにかしないといけない……そこから試行錯誤を繰り返した内容が本書のベースになっています。


内容


本書の目標は「雨天でも完走(または安全地帯に辿り着く)こと」としています。この目的を達するために必要な情報を「安全性」「快適性」「装備例&走行後のメンテ」の内容に分けて解説しています。その他、豆知識的な内容は「コラム」に纏めています。

以下、目次です。

 ■本文
  1. 安全性の確保
   1.1 スリップ
   1.2 制動力の低下
   1.3 視界不良
   1.4 被視認性
   1.5 低体温
   1.6 パンク
   1.7 電子機器の故障

  2. 快適性の確保
   2.1 「濡れ」への対策
   2.2 濡れた後の対策
   2.3 チェーンオイル

  3. 装備例と走行後メンテ
   3.1 自転車
   3.2 ウェア

 ■コラム
  ・防水/耐水/撥水の違い
  ・レインウェアのスペック
  ・グローブの耐水圧
  ・雨天時の集団走行
  ・雨対策アプリ
  ・おすすめアイテム


頒布先


以下のサイトにて頒布させていただいております。

 ・COMIC ZIN (紙媒体)
 ・BOOK☆WALKER (電子書籍)

どうぞ宜しくお願いいたします。

(完)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

「東京~大阪間を自転車で走る」年表

「東京~大阪間を自転車で走る」ことに関する年表です。ファストラン周りの話が主ですが、一部レースの話も入っています。

-----

■1947年
 ・「東海道自転車競走」開催。スポーツ用では無く、実用車による618㎞のチームレースだった。
  https://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009100052_00000

■1957年
 ・「東京-大阪間 全日本学生自転車ロードレース大会」開催。第三回まで開催された。
  http://jicf.info/about_jicf/jicf_history/

■1962年
 ・国道1号線が全面舗装される。
  http://www.dc.ogb.go.jp/road/michiarekore/kurashimichi/zatugaku/rekisi/rekisi00.html

■1969年
 ・藤田照夫氏が、大阪→東京を23:40で走破。自転車で24時間を切った最初の記録と思われる。
  http://cannonball24.com/blog-entry-289.html

■1970年
 ・藤田照夫氏が、東京→大阪を23:07で走破(藤田氏の自己記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-289.html

■1973年
 ・当時の国体ロード王者・橋本治氏が、東京→大阪を20:50で走破(藤田氏の記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-290.html

■1982年
 ・5月、井手一仁氏が、大阪→東京を19:59で走破(橋本氏の記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-292.html
 ・7月、大塚和平氏が、東京→大阪を19:45で走破(井手氏の記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-291.html
 ・9月、井手一仁氏が、大阪→東京を19:45で走破(大塚氏の記録と同タイム)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-292.html
 ・10月、井手一仁氏が、大阪→東京→大阪を47:56で走破(往復の最速タイム)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-292.html

■1990年ごろ
 ・トレックのMTBチームのマイク・シュルツ氏が東京→大阪を19:28で走破?
  (サイスポの広告にのみ記載があり、その他のソースは見つかっていない)

■2006年
 ・2chに「東京⇔大阪を1日で走る」スレッドが立つ。「キャノンボール」の呼称が生まれる。

■2007年
 ・やんぐちゃあはん氏が、大阪→東京を23:48で走破。キャノンボールとしての初達成。

■2009年
 ・薄軽筆入れ氏が、東京→大阪を23:47で走破。キャノンボールとしての2人目の達成。
 ・やんぐちゃあはん氏が、東京→大阪を21:00で走破(単独・ノーサポートでの最速記録を更新)。

■2012年
 ・4月、AZEさんが、東京→大阪を諏訪周り(甲州街道~中山道)ルートで走破。タイムは23:37。
  https://blogs.yahoo.co.jp/aze84678/9101542.html
 ・10月、TOT(東京→大阪→東京)イベント開催。完走者3名。
  http://cannonball24.com/blog-category24.html

■2014年
 ・Fleche神奈川にて、大阪→東京を24時間以内に走破(初のチームによる24時間切り?)。
  http://cannonball24.com/blog-category-33.html

■2015年
 ・Hideさんが、大阪→東京を20:53で走破(単独・ノーサポートでの最速記録を更新)。

■2017年
 ・5月、ひぎつねちゃんが、東京→大阪を20:48で走破(単独・ノーサポートでの最速記録を更新)
 ・12月、Hideさんが、大阪→東京を19:21で走破(サポートありも含め、最速記録を更新)。

■2019年
 ・4月、ほのたろーさんが、大阪→東京を23:45で走破(女性で初の24時間切り)。

-----

内容は随時追加していきます。追加すべき出来事がある場合、Twitter等で教えていただけると助かります。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

「雨天ライド攻略本」BOOK☆WALKER大賞にノミネート

2018121117552037e.png


昨年の冬コミで頒布した同人誌「雨天ライド攻略本」。紙媒体だと入手が難しい方もいらっしゃるので、今年の6月から電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」にて電子版の配信を始めました。

幸いにもご好評をいただき、結果として「BOOK☆WALKER大賞2018」にノミネートされました。雨天ライド攻略本は「同人誌・個人出版部門」へのノミネートとなります。

選考は一般投票にて行われます。

※投票にはBOOK☆WALKERの会員登録メールアドレスが必要となります。

投票手順


大賞特設ページ下部のボタンから、投票フォームに移動します。
201812111742491dd.png


②まずは、今年話題になった一般商業作品の投票です。最大5作品選択ですが、5作品を必ずしも選ぶ必要はありません。1作でも2作でもOK。
20181211174250b9d.png


③次に、同人誌部門の投票です。こちらは一作品のみの投票です。どれも素晴らしい作品ばかりですが、ぜひ「雨天ライド攻略本」に清き一票を宜しくお願いいたします。
20181211180514c34.png


③次に、懐かしの完結作品の投票です。こちらも一作品のみの投票となります。
20181211174253145.png


④イチオシ作品へのコメントは任意項目です。書いても書かなくても大丈夫ですが、「雨天ライド攻略本」へのコメントを頂けると大変嬉しいです。
20181211174801332.png


⑤最後に、BOOK☆WALKERの会員登録メールアドレスを記入します。SNS連携で会員登録している場合は「なし」と記入。
201812111748029e2.png


⑥投票ボタンを押します。


ご協力いただける方、いらっしゃいましたら、投票宜しくお願いいたします。投票締切は、年明けの1/14です。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

キャノンボールワークショップ 開催概要

毎年、私主催で12月に実施している「キャノンボールワークショップ」。2018年で5回目を迎えました。どんなイベントか気になる方もいらっしゃるようなので、記事にしておきます。


どんなイベントか


一言で言ってしまえば、「東京大阪キャノンボールの攻略法を学ぶ講習会」です。

Dubs9bxUUAMBHhK.jpg

構成としては、前半が座学(プレゼン3本)、後半がグループディスカッション。会社などで行われる、よくある研修と同じ構成です。

「ワークショップ」と銘打っていますが、外に出て走ったりするような体を動かす内容は入っていません。本来は「セミナー」とか「勉強会」と名乗るのが正しいと思います。Vさんという方が開催していた「ロングライドワークショップ」に影響を受けて始めたため、この名前を使い続けています。

参加人数は毎年変わりますが、大体30~50人程度の人が参加します。年齢層はブルベよりは少し若めで、20~30代がメインです。


目的


メインの目的は、「これからキャノンボール達成を目指す人への情報提供」です。

このブログで何度も書いていることですが、キャノンボール達成には走力だけではなく、「コツを知っているか」が大きく関わってきます。そのコツを自分で見つけていくのも楽しみの一つだとは思います。ただ、何らかの指針が欲しい方や、何としても達成をしたい方が情報を得られる場があればと思ったのが、このイベントを始めた動機になります。


特色


毎回、参加者の中から最低1人は1年以内の初達成者が出ています。

以下が実績です。

 ・2014年度参加者: 1名(翌々年までに達成+1名)
 ・2015年度参加者: 2名
 ・2016年度参加者: 1名
 ・2017年度参加者: 1名


走力的に足りている方が参加してコツを知ることで、一足飛びに達成まで漕ぎ着けた方が多いということだと理解しています。


開催時期


毎年12月に開催しています。

理由は、「キャノボ的に冬はオフシーズンだから」なのですが、最近は好んで冬にキャノボをする人も増えています。「必要な補給量が増える」「トイレが近くなる」「空気抵抗が大きい」等、デメリットの多い冬。その一方、安定した西風が吹き、晴れの多いシーズンでもあります。

ただ、私や多くの参加者が1~10月はブルベに参加していることを考えると、12月が適切な時期なのかな、と思っています。


内容: 座学


前述のように、プレゼンを3本実施します。

例年の構成は以下です。

 1本目: 東京大阪キャノンボール 概説(担当: baru)
 2本目: ワークショップ参加から達成まで (担当: 参加後に初達成した前年度参加者)
 3本目: 東京大阪キャノンボール ルート解説 (担当: 酔猫庵さん)
 
-----

cannonball_slide2018.jpg

1本目は私担当の「東京大阪キャノンボール概説」です。全体的な攻略法を紹介します。内容は以下。

 ・キャノンボール概要(歴史・定義・成功率など)
 ・ルート(代表的なルート紹介)
 ・挑戦の前に(挑戦までに踏むべきステップの説明)
 ・攻略のポイント(効率よく達成するためのコツを紹介)
 ・安全面について(事故事例の紹介・安全に走るために必要なこと)
 
内容は例年のトレンド(ルートや走り方のセオリーは年々変化)に合わせて微妙に変えますが、大体この内容です。キャノンボールは危険を伴うチャレンジなので、最後に必ず安全面について強調することにしています。

-----

2本目は、前年参加後に達成したフレッシュな達成者の方にお話して頂きます。

幸いにも毎年1名以上は達成者が出ているので、この流れは第5回まで途切れていません(第1回は別の内容でした)。内容は発表者の方によって異なりますが、「達成までにどんな工夫をしたか」を必ず話していただくようお願いしています。

-----

3本目は、酔猫庵さんによるキャノンボールのルート紹介です。

ブルベと違って、キャノンボールはスタートとゴールさえ合っていれば途中のルートは自由です。逆に言えば選択肢が多いので、自分に合ったルートを選ぶ必要があります。そのために、ルートのバリエーションを紹介して頂きます。

酔猫庵さんはキャノンボール達成者であり、横浜在住ながら現在は関西に単身赴任をされています。帰宅の際に色々なルートを試されているので、その成果を毎年発表していただいています。今年の発表はYoutubeにアップされているので、是非見てみてください。

 2018キャノボワークショップ ルート設定と注意点

-----

プレゼンが3本終了したら休憩に入ります。


内容: グループディスカッション


後半はグループディスカッションです。

大体1テーブルあたり6-7名のグループに分かれて、キャノンボールをテーマに話し合って頂くコーナーです。飲食可能な会議室なら、お菓子と飲み物を用意して、ざっくばらんに話してもらいます。

ポイントは、「1グループに1名以上の達成者がいること」です。自力で達成されている方なので、大体の疑問には即座に回答可能。そんな方が各テーブルにいるので、座学では中々聞けなかった細かい疑問を解決可能です。

「なんで達成しているのに勉強会に?」と思われるかもしれませんが、「モチベーションを得たい」「最新の情報を得たい」ということで参加してくださる方が毎年いらっしゃいます。キャノンボールは一度達成しても、方向を変えたり、車種を変えたり、ルートを変えたりと、リピーターも多いので。そうした方にお願いして、各グループの進行役を務めていただいております。

グループディスカッションは30分ですが、毎回あっという間に終わるように感じます。1回目のディスカッションが終わった後は、席替えをして2回目のディスカッションを行います。別の達成者の話を聞くことで、より多角的な視点からの情報を得られるのではないかと思っています。


まとめ


座学・グループディスカッションで、4時間。これで内容としては終了です。私も主催している立場ですが、毎回新たな発見があります。いろいろな視点の情報が得られるのが中々稀有な場だと思います。

毎年必ず開催するかは分かりませんが、やれる限りは続けていきたいと思っています。

-----

なお、2018年度の内容は、payanecoさんが上手く纏めてくれています。ぜひご参照ください。

 第五回キャノンボールワークショップ覚書


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム