FC2ブログ

ロングライダース vol3.0について

既に色々な所で告知されていますが、こちらでも。


私がライターとして参加させていただいている同人誌「ロングライダース Vol3.0」が2月3日より頒布開始となります。今回は過去最も厚い194ページ。臨場感あふれるレポートだけではなく、漫画家の先生による自転車マンガや、イラストレーターの方による美麗イラストも。

今回、私は昨年10月に走った「TOT(Tokyo-Osaka-Tokyo)」の記事を書かせて頂きました。
http://blog.livedoor.jp/akibaxjapan/archives/4353866.html

なんと巻頭で24ページという、身に余る待遇で載せて頂いております。サイクルスポーツにもTOTのレポートを掲載させて頂きましたが、ページの関係でかなりコンパクトな表現となってしまいました。しかし、ロングライダースでは完全版と言っていいほど色々書いております。本文では書ききれなかった全参加者の一言も掲載させて頂きました。

そんなレポートに更なる彩りを添えてくれているのが、武蔵屋長元坊先生のイラストです。vol1.0から一貫してイラストを担当して頂いております。いつもありがとうございます。今回は5枚のイラスト+4コママンガを描いて頂きました。

36f355b7.jpg

おや、左側に居るのは……!?


-----


ロングライダース vol3.0を手に入れる方法は大きく3種類あります。「会場」「委託店舗」「通販」です。


①コミティア会場で購入する
2/3(日)に行われる同人イベント「コミティア103」にて、ロングライダースがスペースを出展します。場所は「展示スペース13」です。

最も速く手に入るのが、この方法です。なお、値段も会場限定で2000円となっております。入場には「ティアズマガジン」というカタログが必要となります。

コミティアは通常の同人イベントと異なり「創作」に限ったイベントです(一般に連想される二次創作の同人は一切ありません)。ロングライダースは毎回、同人誌の頒布の他に、自転車本体やグッズの紹介などの展示を行なっています。そして今回は私の自転車(TOT仕様)を展示して頂けることに(!)。私も終日、会場に詰めておりますので皆様とお話できるのを楽しみにしております。

なお、会場へ自走でのご来場はお控えください。


②委託店舗で購入する
コミックZINを始めとした委託店舗で購入する方法です。

通常、マキノサイクルファクトリーカフェサコッシュ木崎湖キャンプ場などでも頒布されますが、今回はまだどへ委託されるかは未定です。確実なのはコミックZINです。

トラブルがなければ、2/3(日)の14時前後から店舗(秋葉原・新宿)に並ぶはずです。お値段は2625円(税込)となります。


③通販で購入する
コミックZINの通販で購入する方法です。

送料は掛かりますが、遠方の方はこちらをご利用ください。こちらもトラブルがなければ2/3(日)の夕方~夜には通販が可能となる予定です。お値段は2625円(税込)となります。


-----


今回の「3.0」は過去最大のページ数となりましたが、量だけではなく中身もかなり良い物になっていると手前味噌ながら思っております。お時間ある方、手にとって頂ければ嬉しく思います。宜しくお願い致します。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

「雨天ライド攻略本」電子書籍化のお知らせ

昨年の冬コミで頒布した同人誌「雨天ライド攻略本」が、BOOK☆WALKERにて電子書籍化されました。

DfLcT7_UYAAlR_I.jpg


 文章・監修: baru
 漫画・イラスト: 絹山サメハル


本のテーマ


「雨のロングライドをどう走るか?」をテーマにしています。雨レースについては著者の経験があまり無いので対象外としています。

晴れた日を選べるキャノボとは異なり、ブルベやセンチュリーライドと言ったロングライドイベントは開催日時が決まっています。待ちに待ったイベントの天気が雨……「それでも走りたい!」という時もあるものです。

そんな時に、ちょっとしたノウハウや事前知識があると、より安全に走行することが可能となります。本書では、そういった内容を体系立てて纏めることを心がけました。文章だけで分かりにくい話題は、漫画とイラストで理解しやすくなっていると思います。

元々、キャノボのような自分で日時を選べるライドばかりしていた私が、日時の決まったブルベに出るようになって直面したのが、「雨の中をどう走るか?」という問題でした。開始から100kmに及ぶ雨を浴び続けたブルベでは、初めての自分からのDNF(リタイヤ)を経験。これはどうにかしないといけない……そこから試行錯誤を繰り返した内容が本書のベースになっています。


内容


本書の目標は「雨天でも完走(または安全地帯に辿り着く)こと」としています。この目的を達するために必要な情報を「安全性」「快適性」「装備例&走行後のメンテ」の内容に分けて解説しています。その他、豆知識的な内容は「コラム」に纏めています。

以下、目次です。

 ■本文
  1. 安全性の確保
   1.1 スリップ
   1.2 制動力の低下
   1.3 視界不良
   1.4 被視認性
   1.5 低体温
   1.6 パンク
   1.7 電子機器の故障

  2. 快適性の確保
   2.1 「濡れ」への対策
   2.2 濡れた後の対策
   2.3 チェーンオイル

  3. 装備例と走行後メンテ
   3.1 自転車
   3.2 ウェア

 ■コラム
  ・防水/耐水/撥水の違い
  ・レインウェアのスペック
  ・グローブの耐水圧
  ・雨天時の集団走行
  ・雨対策アプリ
  ・おすすめアイテム


頒布先


以下のサイトにて頒布させていただいております。

 ・COMIC ZIN (紙媒体)
 ・BOOK☆WALKER (電子書籍)

どうぞ宜しくお願いいたします。

(完)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

PBP2019 準備のための情報源紹介


次回、2019年のPBPまで1年を切りました。

baru_1440510762000_01_09.jpg

「来年の参加に向けて準備をしたいけど、何をしたら良いか分からない!」という方に向けて、一応前回参加者の立場から参考になりそうな情報源を貼っていきます。


AJのPBPサイト


 ・PBP 2019 - Audax Japan
 
まずは、日本のブルベを統括するAudax Japanが作成しているサイト。2019年のPBPについて、公式に近い情報が発信されるはずです。参加を考えているなら要チェック。


CBNレビュー


 ・[Race & Event] PBP(Paris-Brest-Paris) 2015 - CBN
 
私が前回(2015年)のPBP参加後に書いた参加レポートです。準備から参加までの流れや、現地の様子など、一通り網羅的に書いたつもりです。自分が次回参加するときに困らないように備忘録として書いた感じ。


書籍


『ろんぐらいだぁす!』ツーリングガイド: 4 (REXコミックス)
一迅社 (2017-03-27)
売り上げランキング: 102,081


アニメにもなった「ろんぐらいだぁす!」に登場するルートを紹介するムック本ですが、縁あってPBPの参加レポートを書かせていただきました。「将来、参加したい人のための情報を網羅する」というスタンスで書いたので、参加前の準備や現地で必要なこと等についてはCBNのレビューより詳細に纏めています。PBPだけで40ページ。電子書籍(Kindle)版もあります。


過去の参加者のブログ


PBPには、日本からも200人以上のランドヌールが参加しています。本サイトにも参加レポートあり(内容はCBNのものとほぼ同じ)。ネットを探せば様々なレポートが見つかりますが、中でも情報源になると思われるブログを紹介します。


 ・PBPで注意すべき10の事柄 - パリまであとなんコギ?
  →2011年参加のtakeさんの記事。私も2015年の参加時に参考にしました。
  
 ・PBP2015 - Wandering Days
  →2015年参加のYO-TAさんの記事。色々なことがかなり詳しく書かれています。
  
 ・【自転車】PBP初見プレイ攻略法。 - 自転車で出かけよう。
  →2015年参加のartsさんの記事。初見でクリアするためのポイントが纏まっています。
  
 ・普通脚力のランドヌールによるPBP入門、あるいは4年後の挑戦者への手紙
  →2015年参加の白川さんの記事。プロマネ視点の攻略法です。

-----

なお、現時点では本決まりではないようですが、前回までとはスタート/ゴール地点が変更される可能性があるとのことです。主催であるACPのサイトもそろそろ開設される……はず(現時点では2015年のまま)。次回の参加を考えている方は、情報収集をそろそろ開始しておくと良いと思います。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

「東京~大阪間を自転車で走る」年表

「東京~大阪間を自転車で走る」ことに関する年表です。ファストラン周りの話が主ですが、一部レースの話も入っています。

-----

■1947年
 ・「東海道自転車競走」開催。スポーツ用では無く、実用車による618㎞のチームレースだった。
  https://cgi2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009100052_00000

■1957年
 ・「東京-大阪間 全日本学生自転車ロードレース大会」開催。第三回まで開催された。
  http://jicf.info/about_jicf/jicf_history/

■1962年
 ・国道1号線が全面舗装される。
  http://www.dc.ogb.go.jp/road/michiarekore/kurashimichi/zatugaku/rekisi/rekisi00.html

■1969年
 ・藤田照夫氏が、大阪→東京を23:40で走破。自転車で24時間を切った最初の記録と思われる。
  http://cannonball24.com/blog-entry-289.html

■1970年
 ・藤田照夫氏が、東京→大阪を23:07で走破(藤田氏の自己記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-289.html

■1973年
 ・当時の国体ロード王者・橋本治氏が、東京→大阪を20:50で走破(藤田氏の記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-290.html

■1982年
 ・5月、井手一仁氏が、大阪→東京を19:59で走破(橋本氏の記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-292.html
 ・7月、大塚和平氏が、東京→大阪を19:45で走破(井手氏の記録を更新)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-291.html
 ・9月、井手一仁氏が、大阪→東京を19:45で走破(大塚氏の記録と同タイム)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-292.html
 ・10月、井手一仁氏が、大阪→東京→大阪を47:56で走破(往復の最速タイム)。
  http://cannonball24.com/blog-entry-292.html

■1990年ごろ
 ・トレックのMTBチームのマイク・シュルツ氏が東京→大阪を19:28で走破?
  (サイスポの広告にのみ記載があり、その他のソースは見つかっていない)

■2006年
 ・2chに「東京⇔大阪を1日で走る」スレッドが立つ。「キャノンボール」の呼称が生まれる。

■2007年
 ・やんぐちゃあはん氏が、大阪→東京を23:48で走破。キャノンボールとしての初達成。

■2009年
 ・薄軽筆入れ氏が、東京→大阪を23:47で走破。キャノンボールとしての2人目の達成。
 ・やんぐちゃあはん氏が、東京→大阪を21:00で走破(単独・ノーサポートでの最速記録を更新)。

■2012年
 ・4月、AZEさんが、東京→大阪を諏訪周り(甲州街道~中山道)ルートで走破。タイムは23:37。
  https://blogs.yahoo.co.jp/aze84678/9101542.html
 ・10月、TOT(東京→大阪→東京)イベント開催。完走者3名。
  http://cannonball24.com/blog-category24.html

■2014年
 ・Fleche神奈川にて、大阪→東京を24時間以内に走破(初のチームによる24時間切り?)。
  http://cannonball24.com/blog-category-33.html

■2015年
 ・Hideさんが、大阪→東京を20:53で走破(単独・ノーサポートでの最速記録を更新)。

■2017年
 ・5月、ひぎつねちゃんが、東京→大阪を20:48で走破(単独・ノーサポートでの最速記録を更新)
 ・12月、Hideさんが、大阪→東京を19:21で走破(サポートありも含め、最速記録を更新)。

-----

内容は随時追加していきます。追加すべき出来事がある場合、Twitter等で教えていただけると助かります。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR