FC2ブログ

クローバー1200 : プロローグ

R札幌が主催する1200kmブルベ「Clover Hokkaido 1200」。2016年に発表されたこのRM(*)は、そのユニークさからランドヌールたちの間で大きな話題となった。

 *PBPを除く1200km以上のブルベはACPではなくRM(Randonneur Mondiaux)が認定するため、BRMと区別してこう呼ばれる


普通、ブルベと言えば周回、または往復コースで行われる。片道と言うこともあるが、少なくとも日本では稀。スタート地点とゴール地点は一致することが多いが、基本的にはスタート地点に帰ってくるのはゴール時のみとなる。

ch1200_map.jpg

しかし、今回のクローバー1200は、スタート地点に4回戻ってくることになる方式を採用。1日300㎞を4本。東西南北に周回コースを走り、毎日スタート地点に帰ってくる。スタート地点を中心に4つの輪が描かれるため、「クローバー方式」と呼ばれ、海外の1200㎞以上のブルベではいくつか採用実績があるらしい。

-----

私も興味はあったものの、最初から参加を決めていたわけでは無かった。この時点では翌年(2017年)の結婚を控えており、さすがに一週間近く家を空けるのはどうなんだろうと思っていたのが理由。ただ、そんな心配は意外な理由で無用なものになる。

 「クローバー1200、出てみたい!」

そう言ってきたのは、妻の方だった。R札幌のスタッフの方からイベントについて説明され、クローバーを描くコンセプトが面白いと思ったらしい。この段階で妻の実績は「600㎞ブルベ完走」。ステップで言えば、次は1000kmか1200kmで間違ってはいない。

クローバー1200は毎日スタートに帰ってくるというコースレイアウトのため、スタート地点にベースキャンプを作れる。着替えなどを置いておけば毎日着替えられるし、天気によって持ち出す荷物を変えられるので走行中の荷物は少なくて済む。更に毎日、ホテルのベッドで上質な睡眠が取れる。通常の1200㎞に比べると難易度は下がると言って良い。

妻の走力には少々不安があったものの、このコースならば本番までの鍛え方によっては完走の目があるかもしれないと思い、一緒に参加することを決めた。RMの認定は、R10000の構成要件の一つでもあるが、国内で取得出来る機会はなかなか無い。2018年の大目標が決まった瞬間だった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

クローバー1200 : エントリー

2018年2月27日0時、エントリー開始。我々夫婦は開始1分で無事エントリーを終えた

ネット懸賞応募などで使う「フォーム自動記入ツール」を妻と私のPCにセットし、サンプルのエントリーページで何度も動作確認。画面遷移も含めて徹底的にテストし、本番を迎えた。本職で行う、システムの本番稼働並の心持ちで臨んだ甲斐があり、無事に夫婦でエントリー峠を越えることが出来た。

なお、クローバー1200は開始5分で満席。凄まじいエントリー峠であった。

-----

ちなみに、部屋の種類は3種類から選択可能であった(カッコ内はエントリー代金)。

 A. 2段ベッドルーム(45000円)
 B. ツインルーム(52500円)
 C. シングルルーム(60000円)

値段に驚くが、この中には前泊からの5泊6日に渡るホテル利用料を含んでいる。ベッドと夜食に毎日ありつけてこの値段は格安と言って良かった。


IMG_20180820_094651.jpg

我々夫婦が選択したのは、Bのツインルーム。あとから考えると、これは大正解だった。知らない人と部屋を共用すると睡眠が阻害されること話を聞いたのがその理由。気心の知れた身であれば、多少うるさくても気にならない。


IMG_20180814_182736.jpg

更に、部屋の片隅に共同の補給食&予備電池スペース(通称・Bar)を設置出来たのも良かった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

クローバー1200 : 準備&練習

エントリーが終わり、いよいよ本番に向けて動き始める。

例年であれば、600㎞ブルべの認定はAJ北海道の「宗谷岬600」で取得していた。妻が山岳を苦手としているのがその理由。獲得標高の少ない宗谷岬600ならば問題なく取得できるというわけだ。ただ、宗谷600はクローバー1200と同じく8月開催。さすがに一ヶ月に2度も北海道に行けるだけの財政的余裕は無い。更に、クローバー1200は、厳しくは無いものの山岳も多少含まれる。山岳を含んだ600kmを避けていては、完走は危ういと言える。

DbViOgYV0AALBXE.jpg

そこで、今年は4月に開催されたR東京主催「浜名湖鰻600」にエントリー。基本的には平坦なコースだが、往路と復路で熱海峠を越える。辛くも39時間50分で完走を果たし、宗谷岬600以外でも認定が取れることを妻は証明して見せた。

更に、妻は今年の200~600kmのブルベをいずれもソロで参加して完走。着実に力を付けていった。

-----

もう一つ特別対策として行ったのは、3日間に渡る連続ライド。妻の最長走行距離は2日間で600㎞。しかし、本番は4日間を走る。ライド中に2晩以上を過ごすことを一度でも経験しておけば、本番で違いが出てくるはず。

そう思い、独自に「クローバー600」を開催。自宅を中心に200㎞のコースを3本作り、3日連続で走るというもの。本番を想定し、期間中は自宅での家事は一切禁止とした。自宅では、

 【就寝前】
 ・充電
 ・入浴
 ・食事
 ・体のケア(ストレッチ・サプリメント)

 【起床後】
 ・朝食
 ・適切な持ち物の選択
 ・適切なウェアの選択
 ・日焼け、股ズレ防止のクリームを塗る
 ・チェーン注油

と言った行動のみをとる。少しでもスムーズにホテル内で過ごし、出発するための練習である。実のところ、1000kmを超えるようなロングライドでは単純な走力よりも、「いかに疲れを残さず回復するか」「いかに食べるか」と言った部分が重要になることが多い。そこを鍛えるのが、この練習の大目的だ。

DiIgtKyUEAENZ3-.jpg

残念ながら2日目は気象庁が外出の自粛要請をするほどの暑さとなったので、室内でローラー100㎞に変更。ただ、その前後の2日は200㎞コースを完走した。課題の洗い出しもここで出来たと思われる。

そして、本番前の4日間は、朝5時に起床し、夜21時に寝るように生活リズムを変更。早朝スタートが予想されるため、体内時計をズラすのが狙い。夫婦ともに朝7時より前に朝食が入らなかったものの、なんとか朝6時には朝食が普通に食べられるようになった。

体の準備はこれで整った。しかし、本番の天気予報はどんどんと悪くなっていくのだった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

クローバー1200 : 装備&ウェア

装備とウェアについては入念に議論し、何を持っていくかを決めた。基本的に嵩張るものは、あらかじめ段ボールに入れてホテルに送付。これが出来るのがクローバー方式の利点。

(1) フレーム
quark_quark.jpg

私も妻も細山製作所製のスチールフレーム。軽くは無いが良く進むフレームである。体に合わせて作っているので、疲れも出にくい。


(2) 泥除け
雨予報があったので、宿への送付荷物に泥除けを入れた。結果的には4日間、泥除けを付けっぱなしで臨むことになった。使ったのは、BBBのスリムガードフェンダー(前側)と、GORIXの片手持ちフェンダー(後側)


(3) フロントライト
DkPKlw7UcAEWu92.jpg

二人ともCATEYE Volt800で統一。これにより、私が大量に持っているスペアバッテリーを共用することが可能になった。宿への荷物に8本のスペアバッテリーを入れ、宿で充電しなくても差し替えるだけでOKな環境を実現。時短を目指した。もちろん、ライトの性能も最高。浸水による故障も最後までなかった。


(4) テールライト
二人ともCATEYE OMNI5で統一。電池はパナソニックのリチウム乾電池。スペック上では点灯60時間、かつ容量の大きいリチウム乾電池なので最後まで電池交換なしで持つだろうとの算段。ただ、実際には3日で半分以下の明るさになってしまったので、4日目の朝に電池を交換した。


(5) GPS
二人ともGarmin eTrex30で統一。こちらも電池はリチウム乾電池。経験上、40時間は持つので電池交換は2日に1回でOKと想定。3日目の朝に電池を交換し、私は最後まで電池切れなし。しかし、妻は画面の輝度を明るめにしていたためか、ラスト1時間で電池切れに。

今回のルートは毎日の往路と復路で重複箇所があるため、各日を二つに分けてルートを作成。折り返し地点で切り替える作戦で臨んだ。

更に、念には念を入れて予備のeTrex30xを中古で一台調達。結果的には使わずに済んだが、これがあると安心感が段違いだった。


(6) ブレーキシュー
二人ともBBB ウルトラストップで統一。私はシマノ、妻はカンパ派だが、どちらの舟にも使える珍しいブレーキシュー。そして、雨でも音鳴りせず、安定した制動力を発揮するのが特徴。時々雨が降ることを想定しての選択だったが、結局はこれが完走の成否を分けた気がする。


(7) タイヤ
二人ともパナレーサーの26C。私は乗り心地重視でRACE C EVO3。妻は耐パンク性重視でGRAVELKING。北海道の路面は割と綺麗なものの、雪による横方向のひび割れが多発するので、太目タイヤは正解だったと思う。雨の下りでも滑る気配は無く、安定していた。


(8) 雨具
出発前の予報では1日目はずっと雨、2日目は曇り時々雨の予報だったので、乾燥の時間が無かったときのために2セットの雨具を用意した。

 【弱雨用】
  ・KAPELMUUR クリアレインジャケット
  ・mont-bell バーサライトパンツ
 【豪雨用】
  ・mont-bell サイクルレインジャケット
  ・mont-bell スーパーストレッチサイクルレインパンツ

グローブは、安定のテムレス+チコリンパフ。シューズカバーは、mont-bell+ビニールシューズカバーの併用。ヘルメットカバーは、ホテルのアメニティのシャワーキャップを利用した。

なお、レインウェア一式は、全て本番前に洗濯&高温で乾燥し、性能を復活させている。


(9) ウェア
北海道の真夏ということで、10~35度の気温を想定。私は4セット、妻は2セットの装備をホテルに送付していた。妻の装備に関しては、二日目以降に私がホテルのランドリーで洗濯して回す作戦。

結果的には予想よりかなり寒く、気温は5~28度のレンジ。北海道の8月はヨーロッパ並みの寒さであった。


(10) バッグ類
毎日ホテルに帰ってこられるので荷物は通常の1200㎞より少なめ。ただ、雨に加えて北海道特有の無補給区間の多さから、それなりの積載能力を持たせた。

サドルバッグについては、私はOvejaNegraのGearjammer(容量6-10リットル)。妻はFairweatherのSeat Bag(容量3-6リットル)をチョイス。妻のバッグは公称容量よりはサイズに余裕があり、恐らくは10リットル近くまで入るので、サイズ感はほぼ同じ。

前側については、私はmont-bellのフロントバッグ。妻は自作のフードポーチ+野口商会のトップチューブバッグ


(11) ボトル
二人ともダブルボトル。こちらも無補給区間の多さから。カジュアルに50km以上の無補給区間が出てくる北海道では、水と食べ物は多めに持っておきたい。

片方のボトルには粉飴+BCAAのスペシャルドリンクを入れ、片方のボトルには水を入れるようにした。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

クローバー1200 : 走行計画

1200㎞ブルベの制限時間は90時間。初日が朝6時スタートなので、ゴールは4日後の24時。約4日である。

当初は、「毎日朝5-6時に出発、私は21時ごろ、妻は24時ごろにホテルに到着」のプランを想定していた。が、毎日途中にPCがあり、朝5-6時の出発では制限時間に間に合わないことが発覚。PCの存在を勘案した結果、以下のような走行計画で走ることにした。

CH1200_走行計画

初日は午前6時スタート、以後は大体午前3時スタート。北海道は信号が少なく、メーターの速度がほぼそのまま1時間あたりの走行距離になる。このため、1日の後半ほど貯金を作りやすい。最初のPCにさえ辿りついてしまえれば、その日は制限時間内にホテルに戻ってこられる計算だ。

我が家は家庭内ルールで、400㎞以上のブルベでは互いにソロで走ることになっている。走行時間が20時間を超えると、やはり走行や補給のリズムの違いが無視できなくなり、結局互いにストレスが溜まる。完走率を高めるために、あえての別行動。

ただ、スタート時刻は毎日夫婦で同じ時間とした。準備を始めると、どうしても音がしてしまうので同じ時間に起きるのが効率が良い。寝坊も、二人ともしなければ防げる。更に、タイム的に遅れが出ていれば、私が序盤ペースメーカーになることで毎日少しは挽回出来るだろうという目論見である。

恐らく、毎日のゴール時間は私の方が2-3時間は早くなるはず。その間に二人分の充電と洗濯・乾燥を済ませれば、妻は食事と風呂だけこなせば寝られる。この方法なら、毎日4時間以上は睡眠を確保出来るはずだ。


CH1200_hokyu.jpg

なお、今回は50km以上の無補給区間が多発する。このため、ルート上にあるコンビニや休憩可能な施設(道の駅や公衆トイレなど)は全て事前に調べてリスト化。GPSのマップ上にも表示可能とし、臨機応変な休憩を取りやすくした。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR