FC2ブログ

いってこいビワイチ1000 : プロローグ

R東京・主催の1000㎞ブルベ「いってこいビワイチ」に参加した。

1000㎞で獲得標高は3000mほどと、ほぼ平坦と言って良いコースである。1000kmブルベとしては楽なコースであるが、ビワイチをスタートするまでに400km走り、ビワイチをしたあとに400km走るというのはよく考えるとちょっとおかしい。おかしいけど、そこはブルベなので仕方がない。

-----

このコースは来年に迫った「PBP優先エントリー」のために設定されたもの。PBPは前年度の実績によってエントリー可能な時期が変わる。具体的には、前年度に長い距離のカテゴリを走っていればいるほど早い段階でエントリーが可能になる。我々夫婦は既にクローバー1200でRM認定を取得しているため、既に最優先エントリーが可能な状態になっているので、この条件はあまり関係が無い。

重要なのは、1000㎞ブルベは「R10000&R5000表彰の前提条件となっている」ということ。

 私(R10000): BRM1000㎞×1本、SR600×1本
 妻(R5000) : BRM1000km×1本、PBP×1本


残りこれだけの条件をクリアすれば表彰の規定を満たすことが出来る。1000kmブルベは開催も少なく(と言っても今年はかなり開催数が多かったが)、またどれも難易度が高い。

biwa.jpg

その点、「ビワイチ1000」は獲得標高も少なく、道もある程度走りなれたルート。しかも今回は335㎞地点と670㎞地点の2回とも名古屋の金山を通るコース設定となっている。これはつまり、「金山周辺のホテルを基地として使える」と言うこと。同じホテルを連泊して予約しておき、そこに宅配便等で着替えを送っておけば、洗濯することなしに新しいウェアに着替えられ、なおかつ充電済みの電池もゲットできる。要するに、持ち運ぶ荷物が減る上に、睡眠時間も増やせるということだ。

さすがに毎日同じホテルに戻ってくる「クローバー1200」ほどやさしい設定ではないが、走者側にとってはありがたいコース設定と言える。これは勝算ありと見て私は即エントリーし、ホテルを抑えた。妻は「クローバー1200」終了まで走るかどうかを迷っていたが、完走したことで出走を決定。それからホテルを抑えたので今回は別々のホテルを予約することになった。

こうして、2018年二回目の大一番への挑戦が決まったのだった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

いってこいビワイチ1000 : 練習&準備編

クローバー1200の終了が8/18。そして、ビワイチ1000のスタートは10/5。インターバルは1カ月半

私も妻もクローバー1200の後遺症(私は痺れ、妻は膝痛)が思いのほか大きく、本格的な練習が行えるようになったのは9月も半ばを過ぎてから。それまではほぼ休養を余儀なくされていた。「ブルベの練習はブルベで」とは言われるものの、さすがに不安。しかし、下手に練習をして更に故障を招くとスタートすら危ぶまれるため、最長でも160㎞の練習に留まった。

----

十分に練習が出来ない分、準備は入念に行った。

先述の160kmの練習の目的地は「駿河健康ランド」。今回のビワイチ1000では900km地点で通過し、3日目の仮眠場所の候補となる場所である。ここの地下には専用の駐輪場があるのだが、セキュリティのため自転車単位で会員証を作る必要がある。

IMG_20181015_225154.jpg

以前乗っていたLAPIERREで会員証は作っていたものの、QUARKになってからは駐輪場を未使用。当日、会員登録の時間を減らして少しでも睡眠時間を増やすため、わざわざ本番2週間前に練習がてら駿河健康ランドを訪ねたのだった。


装備面も充実。妻はようやくモンベルのGORE-TEXのレインウェアを購入。私もついにGORE-TEXのレインパンツを購入した。数日前の時点で台風が近づいている予報が出ていたため、隙のない雨装備を用意する必要があったためである。


そして、名古屋のホテルに送る荷物を一週間程度前から準備。以下のようなものを段ボールに入れた。


 ・着替えセット(2日目分)
 ・着替えセット(3日目分)
 ・マッサージボール
 ・サプリメント類
 ・ライトの電池類
 ・ガムテープ



送る荷物の中には、「クローバー1200」で作った「ホテルでのTODOリスト」も印刷して同梱。これでスムーズにホテルでも作業できるはず。

DpJThUJUwAEABr3.jpg

これらの荷物をクロネコヤマトの往復宅急便サービスでホテルに送付。このサービスは、送る時に伝票を書いておけば、帰りは伝票を書くことなく家まで荷物が返ってくるというもの。少しでもホテルでの睡眠時間を増やすためにこのサービスを活用してみたが、この作戦はとても有効だった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

いってこいビワイチ1000 : 装備&ウェア編

装備もウェアも、基本的にはクローバー1200と同じ。詳しくは以下の記事を参照して頂きたい。

  クローバー1200 : 装備&ウェア
  http://cannonball24.com/blog-entry-360.html

上記の記事からは、私も妻もレインウェアがアップデートされている。クローバー1200で見かけた「軍手の上にテムレスを付ける」という技が興味深かったので、いつもより2サイズ大きいテムレスと軍手も携行した。


Dnq4jHlVsAE2oZE.jpg

私は手のしびれを再発させたくなかったので、バーテープ下のゲルを今回初めて入れてみることに。今まではキワモノアイテムだと思っていたが、藁にもすがる思いで採用。


そして、季節的にはクローバー1200から一カ月半経過しているため、気温が下がると見越してボトルは1ボトルとした。これに対して妻は2ボトル。結果的には妻が正しく、私は若干見通しが甘かったことを途中で後悔することになった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

いってこいビワイチ1000 : 走行計画編

1000㎞ブルベの制限時間は75時間。

今回はスタート時間が4~7時の中から選ぶことが出来た。私たちは6時スタートを選択。前日移動からの睡眠時間確保をするために出来る限り遅いスタートの方が良かったが、あまり遅くしすぎると今度は名古屋のホテルのチェックイン時間が遅くなる。検討した結果、もっともバランスが良いのは6時スタートだった。

6時スタートだと、ゴールは3日後の朝9時となる。時間的には丸三日だが、過ごす夜は3回。4日間のブルベと考えたほうが良さそうだ。

biwaichi_time2.jpg 

互いの走力から立てた予定はこんな感じ。基本的には私が先行して、妻の予定が厳しくなったら私がしばらく待って追い付いてきたところで引く作戦。いわゆる「前待ち作戦」である。

宿泊回数は3回。名古屋のホテルで2回と、駿河健康ランドで仮眠を1回。上手くやれば10時間以上は睡眠に当てられるはずだ。心配なのは台風であるが……こればかりはその時になってみないと分からない。

走行予定時間は74時間ほど。残り1時間で何とかゴール出来る計算となった。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

いってこいビワイチ1000 : スタート前日編

今回のブルベは金曜の朝スタート。そして、スタート地点は山梨県の石和健康ランドである。仕事の後でバタバタと移動するのが嫌だったので、木曜も金曜も有給休暇を取り、ゆったりと前日移動をすることにした。

我が家のある川崎市から、石和温泉駅までは大体3時間ほど。特急を使えば多少早いが、前日の昼からの移動なので、そこまで急ぐ必要は無い。南武線から中央線を乗り継いで石和温泉駅へと向かった。

-----

16時過ぎに石和温泉駅に到着。残念ながら既に路面は湿っており、小雨が降っている。

今回のブルベにおいて最大の懸案事項は台風25号であった。前週に上陸した24号は上陸の後に日本列島を縦断したが、25号はこの時点で若干日本海よりのルートを通る予報が出ていた。雨は免れないだろうが、主に太平洋側を走る今回のブルベは意外と影響が少なくて済むかもしれない。

なお、ビワイチ1000と同日には、中部1000・近畿1000・埼玉1000・岡山1000が予定されていたが、日本海側を走る中部1000は前日の段階で中止が発表されていた。準備をしてきたスタッフは苦渋の決断だったと思われるが、参加者の安全には代えられない。

-----

17時に石和健康ランドにチェックイン。今回は健康ランドの通常利用では無く、併設されているホテルに部屋を取った。やはり健康ランドの仮眠室はイビキなどがうるさく、睡眠の質が下がる。少しでも良質な眠りを取るためのホテル泊である。


IMG_20181004_172801.jpg

特にすることもないので、風呂に入って漫画ルームでリラックスした時間を過ごす。メダルゲームコーナーでも遊んでみたが、何故か15枚だけ購入したメダルが最終的には70枚を超えていた。


IMG_20181004_192357.jpg

さらにマッサージルームも利用。どれだけリラックスするつもりなのか。


IMG_20181004_182826.jpg

しっかりと夕食も食べ、21時には就寝。翌朝4:45の起床に備えた。


(つづく)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR