PBP 2019 PCの構造と設備

PBPはフランスの田舎道を走ります。時折、街中を通ることはありますが、24時間営業のコンビニは一件もありません

フランス国内では、夜は基本的に全ての店が閉まります。PBP期間中は応援の意味で夜でも営業している店や、沿道の人が開設する私設エイドもありますが、あくまで例外です。補給・睡眠・シャワーと言った「走る」以外の作業は、全てPC(Point de Control)またはWP(Welcome Point)で済ませる必要があります。

pbp_top.jpg

本記事では、PBPにおけるPC&WP内の設備・サービスについて紹介します。


PBPにおけるPC


ブルベにおいてPCと言えば、チェックポイントを意味します。チェックポイントを不通過の場合、完走とは認められません。

(1) PCに指定される場所
日本国内では、大抵コンビニがPCに指定されます。通過証明はレシート。レシートに記載された時刻をPC通過時刻とみなします。しかし、こうした形式は日本独特のものです。

PBPでは、多くの場合は学校がPCに指定されます。学校以外の場合は、公民館やスポーツ競技場などの施設が指定されるようです。通過証明はスタッフによる有人チェック。PC通過時刻は、スタッフがブルべカードにサインした時刻となります。

学校がPCに指定される理由を聞いたわけではありませんが、推測される理由は以下です。

 ・PBP開催期間は夏休み
  →使われていないので、借りやすい。
 ・十分な面積
  →PBP参加者とボランティアスタッフが常時1000人以上は滞在できるだけの広さがある。
 ・十分な設備
  →トイレや水回りなど、設備が揃っている。また、部活動で使用する体育館(=仮眠所)、シャワー室もある。

(2) PCとWP
PBPでは、通常の「PC」の他に「WP」と呼ばれるものが存在します。

PC(Point de Control)は、通過証明が必要です。必ず寄らなければなりません。PBPにおいては、補給や休憩の場所としても機能します。ちなみに、PCの入口にはセンサが置かれており、足に巻いたタグを読み取って、自動的に時刻が集計されています。この状況は、リアルタイムでPBPの公式サイトから確認可能です。

WP(Welcome Point)は、通過証明の必要がないものの、PCと同等の設備を備えた場所を指します。主催者からのサービスとも言えるでしょう。必ずしも立ち寄る必要はありません。

注意点としては、「往路はWP・復路はPC」という場所も存在することが挙げられます。また、WPはシークレットPCに指定されることもあります。「PCじゃないから寄らなくてもいいや」と思ってスルーすると、認定が貰えない事態もありえるわけです。シークレットPCの場合は、PCの手前でスタッフによる誘導がありますので、WPの近くに差し掛かったら身構えておきましょう。

(3) PCの面積
PCの面積は場所によって違いますが、基本的には広いです。日本における、田舎の小中学校クラスの広さがあります。

サンプルとして、「Loudeac」のPCを挙げます。Loudeacは、往路でも復路でもPCとして指定され、各国のサービス業者がドロップバッグを置く場所でもあります。面積も、全PCの中で最大クラスです。

LoudeacのPC面積をGoogleMapの計測機能で測ったところ、48,000㎡でした。これは、日本的表現をすれば「東京ドーム1個分(46,755㎡)」の面積と同等です。東京ドームだと想像しにくい方には、一辺220mの正方形を想像していただくと良いと思います。かなりの広さです。

これだけ広いと、PC内で歩く距離も相当なものになります。クリートカバーを用意するか、MTB用の歩きやすいシューズで走ることをオススメします。

(4) PCの滞在時間
日本のコンビニならば、その気になれば3分もあればレシートを貰って離脱することが出来ます。トイレに寄っても10分以内には離脱可能でしょう。

しかし、PBPの場合は、そんな短時間でPCを離脱することは出来ません。前述のように「PCが広い」ことと、「PC内でやるべきことが多い」ことが理由です。どんなに効率よく行動しても20-30分は時間を取られることを覚悟してください。フランスは日本のように信号が多くはないのですが、その分PCでは時間が取られます。

PC内での動きは大体、以下のような流れになります。

 ・指定の駐輪スペースに自転車を置く&施錠
 ・Controleでブルべカードにチェックを貰う
 ・バー/レストランで食事をする
 ・トイレを済ます
 ・シャワーを済ます
 ・仮眠所で寝る
 ・バー/売店で補給食を買う
 ・給水所/バーで飲み物をボトルに入れる
 ・自転車を駐輪スペースから取り出す

やることも多いですが、行列が出来ている可能性も高いです。あと、当然のように割り込んでくる国の人もいます。特に今回は参加人数が前回より1000人程度増えるので、混雑度は増す可能性が高いです。

日本のホテルなら出来る「充電」はまず不可能です。コンセントがたまたま空いていることはあるかもしれませんが……。電源は「持って走る」か、「ドロップバッグに入れる」ことになるでしょう。あまり電子機器に頼りすぎると、電源の運用が難しくなることに注意してください。

(5) PC内の設備
PC内にある設備を列挙します。

 ・コントロール (表記: Controle)
 ・レストラン (表記: Restaurant)
 ・カフェ / バー (表記: Bar)
 ・売店 (表記: 調査中)
 ・仮眠所 (表記: Dormir / Dortoir / Couchage)
 ・給水所 (表記: Eau Potable / Point d'eau)
 ・トイレ (表記: WC / Toilettes)
 ・シャワー室 (表記: Douche)
 ・メンテナンスサービス (表記: 調査中)
 ・救護室 (表記: Médicale / Soins)

WPには、上記のうちControle以外があると考えてください。また、全ての設備がPC/WP内に存在するわけではありません。特に、シャワー室は大きめのPCにしか無いと考えてください。

以降は、各設備の詳細内容を述べていきます。続きは折りたたみますので、[続きを読む]のリンクをクリックしてください。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム