BRM413 フラッと九十九里 【転】

ばる

-
日が暮れかけた田舎道を折り返す。先ほどまでの向かい風は追い風に変わり、ペダリングは軽い。

この時点で時間は17:10。追い風基調であることを考えると、このまま全力で帰れば午前1:00前には到着できそうではある。ただ、南浦和駅の始発は4:30。深夜の気温は10℃を切る予想であり、早過ぎても凍えるだけ。ゆっくり走って大体3:00に到着すれば、ゴール受付・食事・輪行準備で1時間半くらいは使うはず。とりあえず、3:00ゴールを目標に走ることにした。


八日市場のあたりまでは、後続のランドヌールの方々とすれ違う。夕暮れということもあり、異様に明るいライトが大量に迫ってくるため、すぐ分かる。スタートでお会いしたLeighさんも良い位置で折り返していた。後で知ったことだが、その中にはロングライダースのはにべあさん、すぽさんもいらしたらしい。


旭市に入った当たりでミスコース。Garmin先生に騙される。ルートに復帰すると、目の前をKUOTAのKHARMAに乗った方が駆け抜けていった。付いて行こうとしたが、かなり速い。ついいつもの癖で付いて行こうとするが、3:00ゴール目標であることを思い出して抑える。ただ、KHARMAの方は信号で引っかかっていて、そのタイミングで追いついたので、そのままPC4までご一緒させていただく。


20:13。271km地点、行きでPC2として使ったPC4:ファミリーマート東庄河口堰店に到着。ちょっと早く着き過ぎたので、再びのパスタ休憩。……なんでまたタラコパスタにしたんだろう、自分。横で天ぷら蕎麦を食べていた先ほどのKHARMAの方と暫し話す。


 「これが楽しみでガーっと走るんですよ」
 
 
と、煙草を吸い出す。煙草吸っててあの速さとは、世の中分からないものである。


PC4を出ると、すぐに利根川沿いのR356に入る。追い風は無くなっており、若干の向かい風。下ハンドルを持ったり、ポジションを変えつつ走行。スピードは30km/hも出ていないが、目標時間を考えればこれくらいでちょうど良い。

PC4~PC5の間は今回でもっとも長い区間で、82kmの距離がある。一気に走りきるのはさすがに辛いため、河内町のセブンイレブンで休憩。異様に腹が減っていたので、アメリカンドッグを食べる。とりあえずまだ揚げ物を食べられる程度に胃腸は元気であることを確認。足もまだイケる。

問題は、上半身。2月に落車して痛めた肩がまだ完治しておらず、上体を支えるのがつらい。2ヶ月も上半身に負担を掛けない走りをしてきたので、すっかり筋肉が落ちている様子。フレッシュまでには少し上半身を戻さないと。


店を出てしばらく走っていると、KHARMAの方が追いついてきた。よーし、このまましばらく一緒に走るか~と思ったら、Garminさんがルートミスのブザーを鳴らす。え、曲がり角なんてあった!?と、振り返ると……確かに横道がある。大型車両立ち入り禁止の看板とともに。しかしこれは細すぎないか……だが、スマホで確認しても確かにここらしい。いやはや、ブルベらしいルートである。そういえば、ブリーフィングのときに、

  「手前にガソリンスタンドがあるんだけど、その時間じゃ閉まってるよね」
  
と言っていた気がする。確かに営業を終了したガソリンスタンドがそばにあった。「まさかここ!?」と二人で話しつつ、その路地に入る。どうやら一応県道らしく、暫く行くと道が開けた。Garminさんもこちらで町がないと言っている。

まもなく、KHARMAの方がアタック開始。あっという間に見えなくなった。しばらく走っていると、前の方に何度かご一緒したLOOKの方が見えてきた。Mavicのビジョンベストがライトを反射して眩しい。そのまま連れ立って、ラストのPCに雪崩れ込んだ。


23:56。352km地点、ラストPC5:セブンイレブン谷和原古川店に到着。既に気温はかなり下がっており、寒い。昼間は20℃を超えていたので、長袖インナー+半袖ジャージで暑いくらいだったが、既に気温は10℃前後。

何か暖かいものが食べたい。前のPCでKHARMAの方が食べていた天ぷら蕎麦が美味しそうだったので食べようと思ったら……あれ、無い。そういえば、セブンイレブンのホット麺の提供は3月で終わりなのだった。ファミリーマートは売ってるのに。仕方ないので、カップヌードルをチョイス。お湯を入れて外に出ると、大半の人がカップヌードルを啜っていて笑ってしまった。やはり永遠の定番商品である。

BHvYD8SCYAAlETX.jpg 


頂きます!寒空の下で食べるカップヌードルは、何故こんなに美味しいんだろうか?「世の大半の人はこの美味しさを知らないんだろうなぁ」と思いつつも、「知らない方が幸せかもなぁ」とも思うのだった。
関連記事