東京→糸魚川ファストラン2015 プロローグ

ばる

-
東京→糸魚川ファストラン クラシック。今年で第44回を数える、日本最古のロングライドイベントである。

第40回までは、高尾山口→糸魚川の283kmであったが、2012年から山梨→糸魚川のコースに変更。直江津周りのコースとなることで、再び距離は300kmを越えた。

本イベントはレースではない。しかし、制限時間を一杯に使って走るイベントでもない。交通ルールを守って、自分の精一杯の速さで目的地にたどり着く「ファストラン」イベントである。

-----

今年は「糸魚川」に対するモチベーションがイマイチ高くはなかった。理由は「PBP(パリ~ブレスト~パリ)」の存在。前週の「興津600」で参加資格を得て、気持ちはすっかり海の向こうに行っていた。「糸魚川」は高負荷・長時間のため、その後故障することも多く、あまり気が乗らなかったのも事実である。

いつもならばチームで借りたハイエースで深夜出発なのだが、今回は前日入り。チームにメンバーが増えたので、車に入りきらなかったのが理由。午後半休を取って、中央線で石和温泉駅へと向かった。


CFCl4dUVIAAV1ku.jpg
石和温泉では、がんちょさんオススメの洋食屋「ドンキホーテ」でカツレツをいただく。これは美味い。ブルベでは石和温泉付近を通ることは多いので、近くを通ることがあればまた食べに来たいものだ。


CFCxjZHUUAAaw8k.jpg
前泊したのは、「石和セントラル」という場所。よく解らず予約したが、物凄く広い。マンションの一室をホテルとして提供しているようで、一階には温泉の大浴場もある。コンビ二も併設しており、良い宿だった。ここを拠点に、山梨の山岳地帯を巡る合宿をしても面白いかもしれない。

夜10時には消灯して就寝。部屋が広すぎて若干落ち着かなかったが、すぐに意識が落ちた。

(つづく)
関連記事