Fleche2017 ゴール→東京 移動編

ばる

-
無事にスタートから24時間を走りぬき、376㎞を走り終えた我がチーム。

しかし、本当に厄介なのはここからである。

先に書いたように、11時半までに東京・日比谷でゴール受付をしなければ、完走とは認定されない。すぐに新富士駅に向かい、新幹線の時刻表を確認する。どうやら、10時15分に東京駅に着く新幹線に乗れそうだ。これならば、ゴール受付にも十分間に合う。

そそくさと輪行準備。とは言っても、泥だらけなので、ボトルに入れた水で簡単に清掃を行ってからパッキングを行う。スタート前日に新品に変えた前輪のブレーキシューは、既に半分ほどすり減っていた。300㎞も雨の中を走るとこうなってしまうらしい。

驚いたのは、タイヤを外したとき。なんと、パンクしていた。

 「次はbaruさんですね!」
 「いつパンクするかな?」

 
と言われながらも、ゴールまでパンクしなかった我がタイヤ。しかし、ゴールから新富士駅までの僅かな距離でパンクしたらしい。これで結局、チーム全員が1回ずつパンクしたことになる。綺麗にオチが付いた。

無事に「こだま」に乗り込み、いざ東京へ。

-----

東京は大雨だった。

東京駅から日比谷の受付までの距離は、2㎞ほど。しかし、パンク修理をして、この雨の中を走る気力は残っていない。そこでコトノハさんから、こんな提案があった。

 「東京駅の地下に、手荷物預かり所があるんですよ。
  ここに自転車を預けて、電車で移動しませんか?」

  
baru_1492006288000_KIMG0272.jpg

存在は知っていたが、利用したことの無かった手荷物預かり所。行ってみると、600円で輪行袋に入れた自転車を預かってくれた。これは便利なサービス。今後ともお世話になることもありそうだ。

丸ノ内線に乗り込み、霞ヶ関駅へ。そこから徒歩でナイスプレイス「日比谷コンベンションホール」へと向かった。

(つづく)
関連記事