FC2ブログ

フルR246ルート(東田子の浦~日本橋)


R246をほぼ端から端まで走るルートです。箱根を回避出来、一番高い場所の標高が480mで、厳しい登りはありません。ただし、R246は自転車通行禁止の陸橋やトンネル・路肩が狭い道も多く、一発でスムーズに走るのは難しいと思います。更に都内は渋滞地獄。出来れば一度は試走しておいたほうが良いでしょう。

このルートで自転車通行禁止の箇所は10箇所前後。多くは、交差点を回避するための陸橋です。原則として、「陸橋の本線は自転車通行禁止」くらいに考えておいたほうがいいです。本線と側道に分岐する場合には「自転車通行禁止」の標識が無いか必ずチェックするようにしてください。

以前は戸塚で主ルートに合流するルートを使う人が多かったですが、最近はR246でそのまま三宅坂(R246起点)まで行ってしまう人が多くなっています。実は、箱根を旧道+R134+横浜からR15を走る「旧東海道」のルート(近年一番使われているルート)よりも800mほど距離が短くなります。ただし、獲得標高は旧東海道を通った場合より60mほど増加。箱根を通るルートは一発登ってしまえば終わりですが、R246の場合はアップダウンが多く、結局全体で登る量は多くなります。



【参考】静岡県自転車通行禁止区間情報

■メリット
 ・距離は旧東海道を通る場合より800mほど短い。
 ・インナーが必要な登りがなく、アウターのみで走れる。
 
■デメリット
 ・獲得標高は旧東海道を通る場合より60mほど多い。
 ・自転車通行禁止の箇所が多い(10箇所)。
 ・駿河小山~松田のR246はトンネルが多く、路肩狭し。更に白線に凸凹加工あり。
 


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
 
【ポイント】東田子の浦駅
K380の途中、東田子ノ浦駅前交差点の次の信号で左折。東海道線の下をアンダーパスで通過し、R1の沼津バイパスに入ります。沼津バイパスは自転車通行可能です。


【ポイント】江原公園交差点
江原公園交差点を左折し、K22に入ります。東海道新幹線の下を潜り、北上。沼津東高手前で右折します。沼津IC南交差点の上を通る陸橋は自転車通行可能です(側道でもOK)。ここからR246となります。


【ポイント】富沢南交差点
富沢南交差点の先100mほどで側道に入ります。側道では歩道を走行します。側道を走っていくと、「桃園」交差点を過ぎた後に本線へと復帰する道路がありますが、ここには自転車通行禁止の標識が経っています。そのまま側道の走行を継続します。


【ポイント】桃園トンネル
R246ルートで一番難しいのがここです。かいつまんで言うと、「階段を登って車道右側の歩道でトンネルを通過し、しばらくしてから信号で左側に戻る」必要があります。


この場所の車止めがある部分に入っていくと、登り階段があります。ここを登るとトンネルの歩道に辿り着くわけですが、先程の富沢南交差点の先から、このトンネルまで車道は自転車通行禁止です。トンネルより先は車道を走行してもよいのですが、中央分離帯があるため車道左側へ渡ることが出来ません。しばらくは歩道を通行します。

1kmほど先の千福南交差点の信号で左側に渡り、車道に復帰します。


【ポイント】萩原北交差点
ぐみ沢交差点の次の信号の先に陸橋がありますが、こちらは本線の自転車通行不可。側道へ入り、萩原北交差点を通過します。


【ポイント】一色交差点
菅沼交差点から先はしばらくR246が自転車通行禁止となるため、県道に早めに入って回避します。一色交差点を右折し、次の信号ですぐに左折。このまましばらくK394を走行します。


【ポイント】生土交差点
静岡県と神奈川県の県境のすぐ手前にある生土交差点からR246に合流します。

ここから先のR246は交通量が多く、路肩も狭いので十分に注意してください。白線に凸凹が設けられて走りづらい箇所も。トンネルも多いので、昼間でも尾灯をあらかじめ点灯しておくことをオススメします。


【ポイント】庶子交差点
庶子交差点を左折します。庶子交差点から新籠場交差点手前までは自転車通行禁止のため、K72に入って回避します。籠場交差点を左折し、R246に復帰します。


【ポイント】深見西交差点
深見西交差点の先には下鶴間トンネルがあります。自転車の通行は禁止されていませんが、なかなか怖いトンネルでもあります。危険だと感じる場合は、側道へ迂回してください。その場合は山王原交差点を右折してR246本線に復帰します。


【ポイント】瀬谷入口交差点
瀬谷入口交差点先の陸橋は自転車通行禁止です。側道を走行します。


【ポイント】保土ヶ谷バイパスの陸橋
東名入口交差点をパスする陸橋は自転車通行禁止です。側道を走行します。


【ポイント】横浜青葉IC
市ヶ尾交差点をパスする陸橋は自転車通行禁止です。側道を走行します。


【ポイント】新石川交差点
新石川交差点をパスする陸橋は自転車通行禁止です。側道を走行します。


【ポイント】新道馬絹交差点
尻手黒川国道下交差点をパスする陸橋は自転車通行禁止です。側道を走行します。側道におりた直後の馬絹交差点を右折し、すぐに左折してR246に復帰します。


【ポイント】溝口交差点
切通し交差点の先、溝口交差点をパスする陸橋は自転車通行禁止です。側道を走行します。


【ポイント】多摩川
R246での多摩川越えは少し面倒です。新二子橋は自転車通行禁止のため(歩道は通行可能)、二子橋で多摩川を越えます。土手の手前で一旦側道に入り、突き当りを右折。二子橋交差点を左折し、二子橋を渡ります。

多摩川を越えてしまうと、三宅坂まで自転車通行禁止の陸橋はありません。ただ、交通量と信号の数がグンと増えますので注意してください。


【ポイント】桜田門交差点
桜田門交差点で主ルートに合流します。


(フルR246ルート・完)
関連記事

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR