富士由比バイパスルート(興津~由比)

ばる

-
富士由比バイパスを走るルートです。このコースは一例として挙げますが、推奨は致しません

主ルートでは、新興津川橋~寺尾交差点(歩道橋設置により交差点消滅)の区間は富士由比バイパスを通らずに、太平洋自転車道を行くことを推奨しています。ただし、富士由比バイパスのこの区間には明確な「自転車通行不可」の交通標識がありません(恐らく自治体が設置した自転車は太平洋自転車道を走れ」的な看板はありますが)。

RIMG5979.jpg 

寺尾交差点より北側には明確な自転車通行不可標識があります。

RIMG5981.jpg 

また、富士由比バイパスの各所には「歩行者・軽車両(静清バイパス)この先 XXXm」という規制予告標識があります。規制予告標識は、「交通規制が前方で行われている事を予告する」標識であり、この標識の設置場所は規制対象ではありません。また、「静清バイパス」と書いてあることから、「新興津川橋を越えた先の静清バイパスから自転車は通れない」と言うことです。距離の表示を見ても、静清バイパスの始点と、規制の開始場所は合致しています。


以上より、「寺尾交差点~静清バイパスの入り口までの富士由比バイパスは、自転車通行不可ではない」と解釈することが出来ます。AJ神奈川のキューシート(沼津600)を見ても、この区間は「側道の走行を推奨」「新興津川橋先で静清バイパスへ入らないこと」とあります。静岡県提供の通行禁止区間情報を見ても、通行禁止なのは静清バイパスの入口付近のみです。





ただし、この区間は大型車がひっきりなしに走る区間なので、太平洋自転車道を走ったほうが賢明と言えます。当ブログでは主ルート(太平洋自転車道)を推奨いたします。


■メリット
 ・歩道を通らないのでスピードが出せる。
 ・砂や石が大量に落ちている太平洋自転車道を通らなくて済む。

■デメリット
 ・路肩は広くない。
 ・大型車がスピードを出しており、危険。



【ポイント】興津中町交差点
興津中町交差点(ローソンが左手にある)を越え、次の信号の先で左折し、側道に入ります。



ガソリンスタンド左の道です。興津川橋で川を越え、富士由比バイパスに合流します。

大型車が多く、非常にスピードを出しているので通行には十分注意。夜間走るなら反射ベストは必須だと思います。


【ポイント】旧寺尾交差点

歩道橋設置により交差点がなくなりましたが、ここから先は自転車通行禁止です。側道に入り、由比駅方面へ。
 


(富士由比バイパスルート・完)
関連記事