PBP2019: プロローグ

ばる

-
IMAG0712.jpg

4年に1度だけ開催される特別なブルベPBP(Paris-Brest-Paris)」

パリ郊外の街をスタートし、600km離れた港町・ブレストを折り返して、再びパリの街まで戻るこのイベントは、世界最古の自転車イベントとも言われている。今回は19回目を迎え、スタート地は農業の街・ランブイエへと移された。

総距離は13km短縮されたとはいえ、1219km。この距離を時間内に完走することを目指し、今年も世界各国から約7000人のランドヌールがフランスに集結した。

-----

私個人としては、PBPの参加は前回に引き続き2回目となる。前回は無事、85時間45分で時間内で完走となった。

あれから4年。その間にブルベを始めた妻も順調に走力を伸ばし、2年目の2016年にはSRを取得。2018年はRM1200kmに加えてBRM1000kmを完走。出来る限りの準備を終えてPBPイヤーを迎えることになった。なお、準備内容は全て、こちらのカテゴリの記事にまとめてあるので割愛させていただく。

今回の目標は、夫婦揃ってのPBP完走。

言葉にすると簡単だが、これが実はなかなか難しい。過去のPBPの結果を振り返っても、同じ大会で日本人の夫婦が揃って完走をした例はわずかに2組(うち1組はタンデム)。ただ、昨年のCH1200のように上手くやることが出来れば、私達夫婦にも可能性はあるはず。

こうして、期待と不安が入り交じる中、フランスの地へと旅立ったのであった。


(つづく)
関連記事