FC2ブログ

富士ショートカットルート(吉原駅周辺)

富士駅及び新富士駅の高架をくぐらず、ショートカットするコースです。街中を通らない上に距離が短いのでタイムアップが期待できます。東京→大阪では潤井川を渡る箇所が分かりづらいのですが、大阪→東京では特に迷うところはないので、最近ではこちらのルートをメインで使う人が増えています。

ちなみに吉原駅より先のK170は旧東海道となります。



■メリット
 ・主ルートより2kmほど短い。
 ・富士市の街中を抜けなくて済む。
 
■デメリット
 特に無し


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

西倉沢旧道ルート(由比駅周辺)

富士由比バイパスの途中の「西倉沢」信号で対向車線に渡って、西倉沢の旧東海道を通るルートです。距離はほとんど主ルートと変化がありません。

ブルベでよく使われるルートであり、ブルベらしくアップダウンはありますが交通量は少ないルートです。ただし、昼間は観光客や地元の人が多いので通行には注意してください。
http://www.aj-kanagawa.org/brmkako-no-kaisai/2011-brm/brm514numadzu-kurashikku-600





■メリット
・交通量が少ない。
・太平洋岸自転車道の歩道橋を回避可能

■デメリット
・踏切が閉まっている可能性がある(寺尾交差点は踏切を跨いでいるため、引っかかることはない)
・押しボタン信号が中々変わらない



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

追分ショートカットルート(追分駅周辺)

四日市の手前で旧東海道を通るルートです。東京→大阪の場合は右折が2回発生するので使い物にならないのですが、大阪→東京の場合は大きなリスク無く200mの距離を短縮可能です。




■メリット
 ・距離が200m短い。

■デメリット
 ・踏切を一箇所通る(1時間に2本のみの路線)



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

伊賀越えルート(関目~関)

京都市街や鈴鹿峠を通らず、大阪から関までをほぼ一直線で結ぶコースです。163~R25を使う、いわゆる非名阪と呼ばれるルートで、伊賀の里を越えます(ちなみに、主ルートでは甲賀の里を越えます)。

距離としては、主ルートに比べて23kmの短縮。京都市街をショートカットした場合と比べても20kmの短縮です。獲得標高は主ルートに比べると多いですが、タイム的にはこちらの方が早いことが知られており、最近はこちらのルートを使う人が大半になっています。

かつては採石場の前にダートがありましたが、現在は舗装されています。





■メリット
 ・主ルートより距離が20km短い。
 ・信号が少ない。
 ・交通量も少ない。

■デメリット
 ・清滝の越え方が少しややこしい。
 ・路肩が狭い&大型トラックが走っている。
 ・アップダウンが多い。
 ・補給所が少ない。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

京都抜け道ルート(伏見~山科)

京都の街中を回避するルートです。R1を思いっきり外れますが、主ルートより5.3kmも短縮することができます。

2018年現在、20kmショートカット可能な伊賀ルートが主流になってしまい、京都を通る人は少数派。ただ、京都周りで走るなら是非抑えておきたいルートです。なお、京都の市街地を一切通らないので、京都の風情は全く感じることが出来ません。





■メリット
・主ルートより距離が5.3km短い。
・京都の街中を通らなくて済む。

■デメリット
・道が複雑。
・京都の雰囲気を全く感じずに京都を通過してしまう。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 自転車(スポーツ用)
ジャンル : スポーツ

プロフィール

ばる

Author:ばる
群馬産のキャノンボーラー。
普段はラーメンかカレーを食べに行くグルメライドばっかりやってます。

このブログへの感想・要望等のコメントはこちらの記事にお願いします。

【長距離自転車TT記録】
大阪→東京:23時間02分
東京→大阪:23時間18分
東京⇔大阪:67時間38分
青森→東京:36時間05分

カテゴリ
おすすめ書籍

2005年に書かれた東京~大阪の自転車向けルートガイド。情報は古くなっているものの、今でも十分使えます。


拙著の「東京→大阪キャノンボール」レポート掲載。タイムテーブルや、戦略等を詳しく書いています。


シクロツーリストの田村編集長による長距離走行ガイド本。時短法やキャノンボール挑戦時のエピソードが掲載されています。

Twitter
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
訪問者数
ランキング
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR