サコライド伊豆430 ③秘境・西伊豆

東伊豆が「丘」ならば、西伊豆は「山」です。261さん曰く「西伊豆はドラクエ。町と町の間には何も無いw」一度町を離れたら最後、モンスターの出そうな山の中をひたすら登り下りするしかありません。しかも電車もバスも通ってないので逃げ道もなし。撤退不可の秘境ステージです。

以前、伊豆半島一周したときは昼間にもかかわらず「ここで何かあったらヤベーな」と思いましたが、夜の西伊豆は秘境感マシマシでした。

石廊崎を超えると、半島の西半分に入るわけですが、この時期は西風。海方向から容赦無く風が吹きつけてきます。空っ風の地・グンマー育ちの私にはそよ風同然なのですが、皆さん大分苦しそう。とりあえず、ディープリムに横風が吹くとフエのような音がすることを、僕は初めて知りました。フエラムネの原理と名付けよう。

石廊崎~松崎間の30kmには5つの丘と1つの山があります。東伊豆は比較的暖かかったのですが(8℃くらい)、西伊豆に来ると一気に気温は下がり0℃近くに。そして最も大きい山の下りは凍てつく寒さでした。正月太りでミートテックを大量装備してしまった私ですらこれだけ寒いのだから、体脂肪率10%前半であろう他の皆様はさぞ寒かったハズ。

ついには松崎2km手前で261さんが食事ストップを要求。どうやらハンガーノック一歩手前とのこと。週に2回伊豆半島一周をやったことのある男ですらこうなるとは・・・やはり冬の伊豆は半端ではなかった。

izu_4.jpg

山を下りきると、CP4・長八記念館。かじかむ手でサコッシュ宛てにツイートするも、サコッシュ店主から帰ってきたのは「皆が見られるようにハッシュタグを付けてね!」というお叱り(?)の言葉。「手が震えてハッシュタグなんて打ってられねーw」と総ツッコミが入りました。このツイートの面倒くささもサコライド伊豆の厳しさなのかも知れません。

あまりに体が冷え切ってしまったので、予定外のコンビニ休憩。全員が店内に入り、真っ先に手に取ったのは・・・

izu_5.jpg

カップヌードル!

izu_6.jpg

そして皆仲良く並んでいただきます!とりあえず、この時食べたカップヌードルは、人生で一番美味いカップヌードルだったと思う。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)