BRM413 フラッと九十九里 【起】

1月の「AJ中目黒」なる謎のブルベ飲み会でのこと。向かいに座っていた黒澤さんに、

  「4月の400kmに出ませんか?」

とのお誘いを受けた。黒澤さんは日本のブルベでの最速記録を何度も塗り替えてきた御人。その走りを見てみたかったこともあり、BRM413埼玉400「フラっと九十九里」への参加を決めた。時期的にもちょうどフレッシュの2週間前となり、装備や調子を試すのにも丁度良い。

これまで3回BRMに参加したが、何れも200km。理由は、「300km以上は天気が崩れたら辛い」から。200kmならば雨天でも何とか走りきることは可能だろうけれど、それ以上は辛い。自分で出走時間を選べるキャノンボール・サコライドとの最大の違いはそこだ。

雨が降ったら嫌だな~……という不安を抱えながらも、黒澤さんの走りを見たい思いが勝ち、エントリーを決めたのだった。

-----

4月13日当日。天気予報は清々し過ぎるほどに晴れ。まさか降水確率0%とは思わなかった。9:00スタートと余裕があるので、朝は遅めに起きて輪行で南浦和に向かった。

8:20。埼玉県、川口の神根運動場に到着。既に反射ベストの集団が大量に集まっていた。大半は芝生の上で日向ぼっこ中。この時間でもかなりの暖かさ。

見回してみると、結構知っている人が多い。ところでさんやLeighさん、AJ群馬代表の戸所さんもいた。ところでさんは相変わらずパワータップとハブダイナモの重装備。Leighさんの「プラレール」反射ベストが眩しい。しかし、今回お誘いを頂いた黒澤さんの姿がない。Twitterを見ると、会場到着前にパンクしたとのこと。きっとどこかで追いつかれるだろうな~……と思い、そのまま走ることにした。

BH-EYYqCMAA6V1_.jpg

8:40。前倒しでブリーフィング開始。あまりの晴れっぷりに「ブルベらしからぬ天気」というワードが出て、会場に笑いが起きる。そういえば、これまでのBRMは全部晴れだ。……雪に降られたフレッシュは除いて。

車検をして頂き、ブルベカードに出走サインを頂く。初の400kmブルベ、スタート。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)