Fleche2014 プロローグ

向かい風に散った2013年のFlecheから1年。今年もFlecheの季節がやってきた。

-----

Flecheは1年に1度だけ開催される、チームブルベである。通常のBRMとの差異は以下の通り。

・1チーム3~5人で走ること(3人以上ゴールで認定)。
・24時間以内に出来るだけ長い距離を走ること(360km以上で認定)。
・コースは各チームで作成すること。

Flecheの特徴は、各チームがコースを設定できること。ゴール地点(Nice Placeと呼ばれる)のみが決まっており、どこをスタートして、どんな道を通るかは各チームの裁量に任される。ここがFlecheの面白い点であり、難しい点だ。

-----

今年の主催はAJ神奈川で、NicePlaceは鎌倉。幕府の有事の際に「いざ鎌倉」と集った武士のごとく、ランドヌールたちが鎌倉目指して全国から集合する。今年は歴史的にも非常に説得力のあるNicePlaceが設定されたと言える。

 フレッシュ413 いざ鎌倉!
 http://www.aj-kanagawa.org/2014brm/furesshu413iza-lian-cang

目的地が鎌倉と聞いて、真っ先に浮かんだのは「昨年のリベンジ」。昨年は「Team東海道五十三次」として、東京・日本橋から京都・三条大橋を目指した。しかし、西風の憂き目に合い、撃沈。鈴鹿峠を前にして我々の矢は京都に届かずに落下したのであった。

一応、距離的には基準を満たしたので認定はされたものの、チームとしての目標は達せなかった。すぐにでも借りは返したい。しかし、Flecheの開催地は毎年変わるもの。東海道近辺がNicePlaceに指定されるのは一体何年後になるだろうか……その時、果たして自分に走りきる力があるのか?

そんなことを考えていたが、まさか一年でリベンジの機会が巡ってこようとは。

(続く)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)