BRM919宮城1000 プロローグ

2015年8月20日、PBPゴール当日の夜。パリ郊外のとあるホテルでパーティーが開かれていた。PBPの日本人懇親会である。

20時を回ってもまだ明るいテラス席で、こんなお誘いを受けた。

  「baruさん、ランドヌール宮城の1000kmブルベに出てみませんか?」
  
声の主は、YO-TA(@wonrderingdays)さん。ランドヌール宮城のスタッフを務められているお方だ。まだ若干席に空きがあるようで、声を掛けてくれたということらしい。宮城1000は2年前にも開催されたが、今回のコースもほぼ同じとの事。たしか、前回は台風が直撃して大変なことになったはずだ。

  「面白そうですね、でもちょっと考えさせてください。」

つい数時間前に1200kmを走り終わったばかりなのに、さすがにここで「1000km?走るよ!」と即答をする気力は起きなかった。地震被害のあった三陸海岸地域を走って東北を一周するというコースは興味深かったが、一旦は答えを持ち帰ることにしたのだった。

-----

日本に帰国後、Audax Japanのサイトを閲覧中、以下のページに目が留まった。

  Audax Japan: ランドヌール5000
  http://www.audax-japan.org/Randonneur5000.html
 
「ランドヌール5000」とは、認定走行距離が4年間で合計5000kmに達したランドヌールを称える賞のこと。ただ5000kmを走るだけではダメで、以下の要件を満たす必要がある。

  ・ACP認定BRM全シリーズを完走すること
   (200、300、400、600、1000km)
  ・PBPを1回完走すること
  ・Flecheを1回完走すること

これらを4年間の範囲で満たすことが出来れば、晴れて受賞となる。今回PBPを完走したことで、実は1000kmブルベを一回完走すれば「ランドヌール5000」の認定を受けられる所まで来ていたのだった。

1000kmブルベは楽ではない。しかし、あと1本のブルベを走るだけで受賞できるならば、やらない手は無い。

同日開催の、オダックス埼玉の1000kmブルベ「アタック八甲田」とも迷ったが、やはりここは直接お誘い頂いた宮城さんにお世話になるべきだろう。こうして、「宮城1000」にエントリーしたのだった。

(つづく)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)