Fleche2015 本編⑥PC5:蒲原~PC6:三島

22:31、PC5: セブンイレブン清水蒲原新栄店(371km)に到着。

ここでようやく予定に追いついた。とは言え、貯金は2分。油断は出来ない。

坐骨部分に擦れの痛みが出てきたので、皮膚保護クリームをトイレで塗りなおす。今回使ったクリームは「プロテクトS1」の新バージョン。通常4~6時間程度だった効果の持続時間が延びているらしい。モニターを依頼されてテスト投入したのだが、これは良い。塗りなおしの回数がかなり少なくて済む。

以前、TJAR(トランスジャパンアルプスレース)の応援に行った時に、同じく応援に来ていた製造元の社長と知り合い、その際に「もっと長く持つバージョンを作って欲しい」と直訴。その結果として新製品のモニターを依頼された。この時点でスタートから16時間。持続時間はかなり長くなったと言えるようだ。正式発売が待ち遠しい。

停止時間11分で出発。予定より2分早く着いたが、4分余分に停止したので、再び2分の借金に突入。しかし、この追い風ならば、箱根の麓までに借金を返すことは難しくないはずだ。

富士川を越え、吉原から旧東海道へ。千本浜を右手に、集団を率いるのはチャリモさんだ。ここに来ても35km/h近い速さで巡航できることには感服する。

この区間でまたも歩道に反射ベストの集団。三度目の「二本橋」チームだ。

  「どうしましたー?」

と、聞いてみたけれど、「大丈夫」と曖昧な返事。またパンクかな?と思って、そのまま先に行く。実際はこの時、大変なことが起こっていたことを後で知ることになるのである。

沼津、三島と抜け、目指すは箱根の麓。いよいよラスボスだ。

(つづく)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)