PBP 2015 プロローグ

4年に一度開かれる1200kmブルベ、「PBP(Paris-Brest-Paris)」

この大会を説明する際には、しばしば「ブルベの最高峰」という言葉が用いられる。しかし「最高峰」とは一体何を指しているのか。距離なのか? それとも過酷さなのか? その意味を確かめるべく、フランスへ向かったのだった。

-----

PBPを意識し始めたのは何時だったのか、正確には覚えていない。

一番古い記憶は、2011年9月にカフェサコッシュで開かれた、三船雅彦氏の「PBP報告会」である。当時の自分は「東京大阪キャノンボール」を双方向で達成し、次の目標を探していた。そんなタイミングで知った海外の1200km。興味を持たないはずが無かった。

その後、2012年にはPBPをオマージュした「TOT(Tokyo-Osaka-Tokyo)」を主催。あのイベントも十分に盛り上がったが、本家PBPは比べ物にならない盛り上がりだという。年々、その興味は大きくなっていった。

(つづく)


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)