SR600福島 本編④ PC11:峠駅 ~ PC14:いわき

峠駅からは少し上り返して元の道に戻った後、再び長い下りに突入する。

IMAG1278.jpg

板谷駅を過ぎた後、国道13号に合流したところで工事による規制に止められる。どうやらトンネル工事を行っているらしく、片側交互通行のようだ。作業員の方がこちらに来て、

 「この後、こちら側の車を通しますが、最後の車に付いてください。
後ろに最後尾の車を走らせます」

といったことを言われた。このトンネル、長さがなんと3kmもあり、片側工事をしているので、最後尾が明示的にわかるようにこのような措置をしているそうだ。しばらく待って、誘導されるままにトンネルへ。後ろからは車がゆっくりと付いてきてくれている。あまり時間をかけても悪いのでさっさと走り抜けようと40km/hくらいを出す。後ろに車がついているので、なんとなくタイムトライアルレースのようだった。

トンネルを抜けたら、福島市の中心部まで緩い下りが続く。どこでお昼を食べようかと悩むも、道路沿いに適当な店がない。唯一あったのは丸亀製麺だが、やたらと混んでいた。福島駅を過ぎてもよい店は見つからず。これ以上進むと何も無さそうだったので、福島成蹊高校前のセブンイレブンで休憩することにした。

 

IMAG1279.jpg

こちらのセブンイレブンはなかなか広いイートインがあり、ゆっくりと食事が出来た。この日は9/28。3日後からイートインを使うにも税が掛かるのかぁ……と思いつつ、つかの間の休憩を楽しんだ。

外に出ると若干雨がパラついていた。Yahoo天気の雨雲レーダーを見るとまばらに雨雲が出てきている。雨の心配はないという話だったが、予報は外れたようだ。とはいっても、雨雲は西から迫ってきており、まだまだ本隊が来るのには時間がかかりそうである。その隙に少しでも逃げることにした。

ここからは、いわき市に向けて南西方向に走る。大きな峠はないが、小さな丘越えが連続するエリアだ。少しPBPっぽい感じもする。

道の駅「ふくしま東和」の手前で雨が少し強くなったので休憩。ここのトイレはウォシュレットがついていた。最近の道の駅、設備が少しずつ豪華になっている。しばらくすると雨が弱まったので先へ。

田村市から葛尾村に入る。有名なレースイベントである「ツールドかつらお」はこの辺りを走るのかなと思いながら通過し、再び田村市へ。次のPCである都路郵便局の手前のファミリーマートで休憩。この辺りで日が暮れた。

—–

IMAG1281.jpg

18:30、PC12:都路郵便局に到着。何の変哲もないフツーの郵便局である。なんでここがPCなんだろう?

ここから南下し、川内村に入る。この辺りも細かいアップダウンが繰り返されるが、やはり斜度は緩めで楽なエリアだ。ただ、時々野生動物が道に鎮座しているのには驚いた。野ウサギ(胴が長いすらっとしたウサギ)をライド中に見たのは初めての経験だった。

そして、川内村役場の手前を右折。この辺りのコースは3日目に通るコースとも一部重複するので、GPSでルートを作っている場合には、いわきで分割しておいたほうが良いと思われる。

IMAG1283.jpg

小野町中心部のミニストップで休憩。再び雨が降ってきたので、ここで座って食事を摂る。カツ丼を買ったつもりだったが、ご飯のないカツ煮だった。なお、このコンビニのすぐ向かいには「リカちゃんキャッスル」がある。リカちゃん人形ファンの人は寄ってもよいかもしれない。多分、多くの人がここを通過するのは夜中だが。

 

IMAG1282.jpg

この辺りを走っていて頻繁に見かけたのがこれ。放射線量計である。地震の爪痕はいまだに深いらしい。

—–

IMAG1284.jpg

20:37、PC13:小野新町駅に到着。あまり存在感のない駅で、一度通り過ぎてしまった。

ここからは磐越街道と呼ばれる県道41号線で、いわき駅を目指す。ほぼ一直線の下りだが、なかなかここが厄介だった。街灯はほとんどない上に、野生動物がとにかく多い。猿、猫、鹿、野ウサギ等々、普通に道の真ん中に座っていたりする。下りと言えど気をつけて走る必要があり、結構神経を使った。

雨はこの段階ではほとんど降っていなかったが、路面は完全ウェット。ちょっと前に雨雲が通り過ぎたらしい。ミニストップで大休憩を取ったのは結果的に正解だったようだ。

長いダウンヒルを終えると、先ほどまでの暗さとは対照的ないわき駅前のエリアに入る。22時を過ぎていたが、かなり活気があって驚いた。後から調べてみると、いわき市は東北では仙台に次いで二番目に人口の多い都市(34万人)らしい。知らなかった。

—–

IMAG1285.jpg

22:24、PC14:天照皇大神宮に到着。ここから今日の宿までは目と鼻の先だ。ようやく寝られる!

22:30、予約していた「アーバングレイスホテルいわき」に到着。このホテルは宇都宮ジャパンカップの時によく利用するホテルの系列。宇都宮のほうも過ごしやすいホテルだったので選択した。

IMAG1289.jpg

フロントで、予め送っておいた荷物を受け取り。着替えや換えの電池が入っている「セルフドロップバッグ」だ。昨日のホテルで服を洗えなかったので、やはり送っておいて正解だった。なお、往復宅急便という仕組みを使っているので、明日の朝フロントに荷物を預ければ自宅に着替えた服は帰ってくる。便利。

 

IMAG1288.jpg

そしてこのホテル、部屋が素晴らしい。デラックスダブルというちょっと良い部屋を選んだのだが、バストイレは別、そしてベッドも広々。これで土曜日宿泊、朝ごはん付きで8000円という安さ。ここを選んで正解だった。

 

IMAG1290.jpg

かなり広く足も延ばせる風呂でゆっくり疲れを取り、24時には就寝した。

 

次の記事

6:20、起床。SR600福島の最終日、三日目の始まりだ。 これまでの2日は1日当たり約250㎞を走ってきたが、最終日はわずか100㎞。これを今日の夕方18時までに走り切ればよい。残り12時間で100㎞、よほどのトラブルがない限りは問[…]