ORTLIEBサドルバッグに20mmスペーサーを追加

この記事は約 3分で読めます。

オルトリーブのサドルバッグを少し後ろにオフセットするため、ゆるふわーくすさんの20mmスペーサーを追加してみました。

目次

導入の経緯

まずは導入の経緯から。

愛用のオルトリーブサドルバッグ

私が普段一番良く使うサドルバッグが、オルトリーブ「サドルバッグ M」です。

現行品にこのサイズはありません。私が使っているのは旧型になります。容量は1.3L。

created by Rinker
¥6,135 (2024/07/17 14:11:02時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥8,040 (2024/07/17 14:11:02時点 楽天市場調べ-詳細)

現行品は1.6Lと4.1Lの2サイズ。1.6LがMに近いサイズ感です。

ただ、私はバッグのサイドにクロージャーがある現行品よりも、バッグの後方にクロージャーがある旧型のほうが好きで未だに使い続けています。

バッグの内側を覗いたら……

先日、なんとなく愛用のサドルバッグの中身を覗いた所、あることに気づきました。

これはバッグを内側から見た図ですが、中央やや右の部分から光が漏れているのがお分かりでしょうか。

完全に穴とはなってないものの、生地が随分薄くなっていたのです。オルトリーブのサドルバッグの長所と言えば「完全防水」ですが、その長所が失われようとしていました。

原因は分かっています。ペダリング時に太ももの裏側のレーパン生地が微妙に当たっているのです。

オルトリーブのサドルバッグは、バッグとシートポストの間に約1cmのスペーサーが入っています(他社はストラップが直接バッグに縫い付けられていることが多い)。これによって、バッグと太ももの距離が少しだけ空き、接触しにくくなっています。

ただ、それでも後ろ乗り&足が太い私の場合、バッグと太ももが接触してしまっていたようでした。

走っていて気になるほどの接触ではなく、本当にバッグの角とレーパンが触れている程度なのですが、それが数千km積み重なるとこうなるのでしょう。

少し後ろにオフセットしてみよう

そこで思い出したのが、こちらの製品です。

created by Rinker
ゆるふわーくす
¥650 (2024/07/17 16:50:56時点 Amazon調べ-詳細)

ゆるふわーくすさんの20mmスペーサー。その名の通り、オルトリーブのサドルバッグを20mm後方にオフセット出来るアイテムです。

そして、このアイテム、家に既にありました

3年ほど前、RN1500をフレックスタイト化するためのパーツを購入した際に、ついでに購入したのです。

買うだけ買って使っていなかったので、この機会に取り付けてみることにしました。

ゆるふわーくす「オルトリーブ サドルバッグ用スペーサー」

スペーサーの取り付けと、ファーストインプレッションを書いていきます。

取り付け

説明書に従ってスペーサーを取り付けていきます。

まずはこちらのスペーサーを外します。T15のトルクスという中々マニアックな工具が必要ですが、何かの時に買った工具が家にありました。

取り外し完了。この3点のうち、ネジ以外は使います。

組み直して、こんな感じになりました。

完成図

スペーサーが入った様子をbefore – afterで確認します。

20mm分、サドルバッグが後ろにオフセットしました。少しバッグの後端が上向きにもなっていますね。

使用感

スペーサーを追加して、実際に100kmほど乗ってみました。

太もも裏側への当たりは明らかに減った感じがあります。元々感覚的にはそこまで気になっていなかったんですが、より気にならなくなりました。

まとめ

オルトリーブのサドルバッグをオフセットするスペーサーの紹介でした。

「後ろ乗りなので、オルトリーブのサドルバッグの太ももへの当たりが気になる」という方は試してみると問題が解消するかもしれません。恐らく、現行のオルトリーブ「サドルバッグ2」でも問題なく使えるはずです。

さて、これで手元のサドルバッグの崩壊が止まれば良いのですが……。

created by Rinker
ゆるふわーくす
¥650 (2024/07/17 16:50:56時点 Amazon調べ-詳細)

著者情報

年齢: 39歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: GHISALLO GE-110(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次