周囲の公衆トイレを探すアプリ「Flush」

この記事は約 4分で読めます。

現在地付近の公衆トイレを探すアプリ「Flush」を紹介します。

目次

アプリについて

Flush - Toilet Finder & Map

Flush – Toilet Finder & Map

JRustonApps B.V.無料posted withアプリーチ

アプリ名

Flush – Toilet Finder & Map

「Flush」とはトイレを流す動作を指す単語です。

対応OS

iOS、Androidに対応しています。

対応地域

世界各国に対応。日本にも対応してます。

使い方(トイレを探す)

住所を指定しての検索は出来ず、地図中心の近くにある公衆トイレが表示されます。

トイレットペーパーアイコンが表示されている場所に公衆トイレがあります。

アイコンをクリックすると、詳細情報を確認できます。

使い方(トイレを登録する)

トイレの場所は全世界のアプリユーザーによる手動登録です。仮登録された情報は運営の審査を経て、問題がなければ正式登録されます。

私も、未掲載の公衆トイレを見つけた際には登録しています。

未登録の公衆トイレの場所を地図上でタップする

未登録の公衆トイレを見つけたら、その場所をタップすると地図の中心が移動します。

ここで「+」ボタンを押します。

情報を記入して登録

スポット情報を記入します。

記入できる情報は以下の通り。

  • スポット名
    スポット名を記入します。日本語も使用可能。
  • Requires Fee?
    →有料トイレの場合はONにします。
  • Requires Key?
    →鍵がかかっている場合はONにします。日本にはあまりありませんが、海外ではたまにあります。
  • Disabled Access?
    →バリアフリー設備がある場合はこちらをONにします。

ここまで記入して、「ADD TOILET」ボタンを押すと、仮登録が実施されます。

あとは運営の方が情報を確認し、問題がなければ本登録となります。本登録後は、各ユーザーのアプリ上のマップに表示されるようになります。

活用シーン

私がこのアプリを導入した経緯と、活用シーンについて説明します。

PBPのために導入

元々は、フランスで行われるPBPのために導入しました。

関連記事
PBP 2019 海外ライド向けアプリ PBPの道中で役立つスマートフォン用アプリの紹介です。前回参加の経験を踏まえて、アップデートを加えたものになります。 【前回との比較】 前回、2015年のPBPでも私は...

日本ならば24時間営業のコンビニにたどり着ければトイレが利用できますが、フランスにコンビニはありません。夜中にトイレに行きたくなった場合、頼れるのは公衆トイレしかないわけです。

しかし、フランスの公衆トイレは日本人が見ても一見そうだとわからないことが多いのです。

風景に擬態しています。景観を損ねない工夫のかもしれませんが……。

とっさの時に周囲の公衆トイレを探すために、こちらのアプリをインストールしてフランスに向かいました。

スタートしてから4時間後に急にトイレに行きたくなりましたが、このアプリのお陰で無事に公衆トイレに辿り着くことが出来ました。

ここの公衆トイレは比較的わかりやすかったですが、それでも建物に同化してるんですよね……。

国内での使用

海外でも便利でしたが、日本に帰ってきてからも割と便利なアプリだと気づきました。

コンビニの無いような山の中でも、公衆トイレは設置されていたりするのです。むしろ、そういう場所だからこそ設置されているのでしょうが。

ブルベではそういった場所に行くことも多いので、そういった場所で公衆トイレの場所を把握できるのは大きいのです。

応用例

コンビニがある場所でも、「あえて公衆トイレを使う」という用例も考えられます。

ブルベやキャノンボールなど、時間制限のあるライドにおいては、なるべくトイレを素早く済ませたいものです。

しかし、コンビニのトイレは割と混んでいることが多く、場所によっては行列していることも。そして、コンビニでトイレだけ利用するというのも気が引けます。礼儀として買い物はすべきですが、それはそれで時間を取られます。

そこで、公衆トイレの出番です。

指定のルート上にサッと立ち寄れる公衆トイレがあれば、タイムロスを最小限にしながらトイレを済ますことが可能になるわけです。

この場合は、現地で周囲の公衆トイレをさがすというよりは、事前にルート沿いの公衆トイレをアプリで調べておく方法になるでしょう。

特に、時間制限の厳しい東京大阪キャノンボールの場合には、一部のコンビニを公衆トイレに切り替えるだけでかなりの時短が見込めるはずです。

まとめ

公衆トイレを探すアプリの紹介でした。

似たようなアプリは他にもあるんですが、このアプリはあくまで「公衆トイレ」にこだわっていて、スーパーや商業施設内のトイレが登録されていない所が気に入っています。

そうした施設のトイレはあくまで施設利用者のためのものですから、トイレだけを使うというのは本来あまり宜しくないわけで。気兼ねなく使える公衆トイレだけを集中してマッピングされているのがこのアプリの良いところだと思っています。

こうした人力登録アプリは、登録してくれるユーザーの多さが第一です。興味を持った方はぜひ、こちらのアプリに情報を登録する側にもなってみてください。

他の人が登録していないスポットを見つけて登録するのは、意外と楽しいです。

著者情報

年齢: 38歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次