B.B.BASE×Y’s Road「Bianchi Beach House号」参加レポート

10/23(土)に開催された、Bianchiオーナー限定のイベント「Bianchi Beach House号」のレポートです。

サイクリストのための専用列車「B.B.BASE」に初乗車しました。目的地は、南房総です。

イベントについて

まずはイベントの概要と、参加動機を紹介します。

イベント概要

BianchiとY’s Roadの共同主催という形で開催されました。

B.B.BASEに乗って和田浦駅まで行き、そこから南房総を走行。帰りは館山駅からB.B.BASEで両国駅に戻るという旅程になっています。

ツアー名: 日本の道百選 秋の房総フラワーライン満喫ツアー
旅程: 両国~(B.B.BASE)~和田浦駅~(自転車)~館山駅~(B.B.BASE)~両国駅
走行距離: 52km(和田浦~野島崎~館山駅)
定員: 45名
参加費: 1650円(税込)

参加動機

妻がCylowiredの募集告知記事を見て「行きたい!」というので参加することにしました。

B.B.BASEは「一度乗ってみたい」と私も思っていたものの、なかなかキッカケがありませんでした。

しかし、今回は開催日の10/23がたまたま予定なし。そして対象はBianchiオーナー限定ということで、条件も満たしています。参加しない理由はありません。

驚いたのは、参加費。なんと1650円(税込)

「0一つ足りないんじゃないの?」と素で思ってしまったほど。B.B.BASEは往復の乗車料金だけで普通は6000円はするはずです。その他、車内でのドリンクサービスやTシャツ、トートバッグのプレゼントもあると案内には書かれています。

普通に考えれば10000円は掛かりそうな所なのに、まさかの1650円。これはもうBianchiオーナー感謝祭ということですかね。案の定、すぐに定員となっていました。

天気予報に一喜一憂しつつ、ワクワクしながら当日を待ちました。

自転車の選択

妻は自慢のカラーオーダー版の「Oltre XR4」で参加。

 

普段はSHAMALを履いていますが、今回は秘蔵のSPINERGYのカーボンホイール(ピンクスポーク版)を取り付け、気合い充分です。

これに対し、私は「Oltre XR4」「INFINITO CV」の2台のBianchiを所有しています。どちらで参加するか?

 

ちょっと悩みましたが、今回はEQUALブレーキカスタムを完了したINFINITO CVで行くことにしました。

BianchiユーザーのイベントなのでOltre XR4は沢山いそうだったので、あえてのINFINITO CV。

翌週に400kmブルベを控えていたこともあり、それに向けて一度テストをしておきたかったのもあります。感触が良ければ400kmブルベに使用を考えていました(実際、これでブルベを走りました)。

 

次ページ: B.B.BASE往路の様子を紹介


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)