CATEYE URBAN2(HL-EL160)、購入

CATEYEの新製品「GVOLT100」が話題ですが、個人的にはその裏でひっそりと発表されていた「URBAN2」が気になりました。

早速購入したので、ファーストインプレッションを書いてみます。

前振り

数日前に発表された「GVOLT100」。どうやらもう店に出回っているようで、買ったという人もちらほらと。

ただ、やはりイマイチな製品っぽい。予想はしていたのですが。

いつの間にか追加された新製品

うーん、残念だな……と思いながらCATEYEのライトのラインナップを見ていた所、見慣れないライトがあることに気づきました

キャットアイの「URBAN2」をご紹介します。…

URBAN2。どうやらGVOLT100と同時に新製品としてラインナップに追加されていたようですが、全く存在に気付いていませんでした。

個人的にはこのURBAN2に非常に興味を惹かれたのです。

CATEYE URBANシリーズ

CATEYEのURBANシリーズは、その名の通り街乗り向けのライトです。ロングライド向けではありません。

最近はすっかり充電式のライトが当たり前になりましたが、このライトは乾電池式を未だに貫いています。

値段も安価であることから、初めてスポーツ自転車を買う時に一緒に買った人も多いんじゃないでしょうか? かくいう私も最初に買ったのはこのシリーズのライトでした。

歴史の長い製品

このURBANシリーズ、結構昔からあります。少なくとも私が自転車を始めた2008年には存在していました。

以下のような型番で少しずつ改良されながら販売されてきました。

・HL-EL130
・HL-EL135
・HL-EL140
・HL-EL145(URBAN)
HL-EL145から、別名として「URBAN」という名前が与えられました。その前はただ単に型番で呼ばれていて、特に愛称はなし。「単三電池2本で動く、CATEYEの入門用ライト」と多くの人に認識されていたはずです。
こちらは私が持っている歴代の製品。
右から、EL-135、EL-140、EL-145(URBAN)です。EL-130も持っていましたが、さすがにボロくなったので捨ててしまいました。
確認した限りでは、2006年段階でEL-135が販売されていたようです。最低でも15年は歴史がある製品ということになります。
その15年の間に、少しずつLEDや回路を改良が加えられており、明るく、そして長時間使えるようになっていきました。

URBANシリーズの意義

そんな長い歴史を持つURBANシリーズですが、あくまで入門用ライトの域を出ません。何故なら、あまり明るくないからです。
少しずつ明るくなってようやく50ルーメンまで来ましたが、今や数百ルーメンが当たり前の世界。本格的なナイトライドには物足りず、名前通り「街乗り」用途以上には向かないものです。このライトだけでブルベに出ようものなら、どこかで立ち往生するでしょう。
しかし。予備ライトとしてはすこぶる優秀なのですよ、これ。
通勤でメインライトの充電を忘れた時に、これを一個カバンに入れておけば何とかなります。それで実際私は何度か救われています。
また、600km以上のブルベでも、ライトのトラブルに備えてサドルバッグの奥に入れています。PBPで何故か手持ちの充電式ライトが全て使えなくなった経験があるので、最後の砦として持つようになりました。
重量は80g(うち電池の重量50g)とかなり軽量。ブルベでeTrex30(単三電池で動くGPS)を使用している私にとっては、予備電池を入れておくための「光る電池ボックス(妻命名)」とも言えます。いざという時はここから電池を奪ってGPSに入れます。

URBAN2、購入

さて、ここから本題です。

 

URBAN2を早速購入しました。

購入した理由

このURBAN系のライトは、初登場のHL-EL135以降、ほぼ同じ形状を維持してきたのですが、今回かなり色々と新機軸を盛り込んでいます。

購入前にURBAN2について注目したのは以下の点です。

・筐体がテールライトの「TIGHT」と同様の方式に変更。
それに伴い、完全防水仕様(IPX7相当)に。
・明るさが800カンデラから1700カンデラに増加。
光束は50ルーメンと前作から変わらず。
・電池残量インジケータが追加。
これだけ色々変更されて、URBAN2の値段は2200円(税抜)。前作のURBANから200円高くなっただけです。

購入した場所

URBAN2は「※当面の間、このモデルは実店舗限定販売となります」とのことで、通販サイトにはしばらく入荷しない模様。

ただ、2/6現在、まだあまりショップにも出回っていないようです。

3件ほどスポーツ自転車専門店を巡っても、どこも入荷していませんでした。位置付け的に街乗り用ライトなので、あえて入れていない所もあるのかもしれませんが。

結局、4件目に立ち寄った「サイクルベースあさひ」で購入しました。税抜2100円と、何故か100円安かったです。

テスト実施

購入してすぐに自転車に取り付けて、10kmほど走行してみました。

ファーストインプレッション

とりあえず購入当日、少しだけ使ってみた感想です。

重量

アルカリ電池込で実測83g。

前作のURBANより凝った機構になった影響なのか、9g重くなっています。

筐体

前作URBANから筐体の仕様が大きく変更されています。

 

CATEYE URBAN(前作)

フタをスライドさせて電池を入れる方式でした。

 

CATEYE URBAN2

そしてこちらがURBAN2。スライドさせる所は同じですが、カバーが筒状になっています。そして、フレックスタイト用のダイヤルでロックする方式へと変更されました。

前の構造は舗装状態の悪い道でカバーだけ吹っ飛ぶようなことがあったんですが、この構造だとそうそうカバーだけ無くなるということは起こらないでしょう。ダイヤルは緩んで無くなるかもしれませんが、フレックスタイトのダイヤルと同じなので後から調達は可能です。

 

こちらがダイヤル部分。ダイヤル中心はスイッチ兼バッテリーインジケーターになっています。

インジケーターは「赤く点灯してから30分で前照灯としての明るさ以下になります」と説明書に記載されています。

CATEYEでは「前照灯の明るさ」を、「JIS規格における自転車用灯火」の数値と考えているようです。JIS規格では400カンデラ以上を前照灯としています

このライトは説明書を見ると、「点灯10時間で400カンデラになる」との記載があるので、点灯9時間半あたりからバッテリーインジケーターが赤く点灯するものと思われます。

 

裏側にも変更あり。左は前作のURBAN、右がURBAN2です。

従来は一体成型だったブラケットへの差し込み部分が、URBAN2では取り外し可能になっています。ここはガタが出るポイントなので一長一短ですが、折れた時に交換可能なのは良いですね。

防水性

前作のURBANはパッキンが入っておらず、雨が降るとすぐに浸水していました。

 

URBAN2は、前部・後部ともにしっかりとパッキンが入っています(写真の中の白いゴム)。IPX7相当は嘘では無さそうです。

 

とりあえず水に沈めてみましたが、これくらいなら全く平気。

明るさ

電池満タン時の明るさは1700カンデラとのこと。前作が800カンデラだったので、数字だけ見ると2倍です。

ただ、ルーメン値は前作と変わっていません。ということは、中心照度を倍の明るさにした分(これでカンデラ値は上がる)、他の部分の明るさは減っていると思われます。

 

左がURBAN、右がURBAN2です。

URBANは中心が一番明るく、外側に行くにつれて暗くなっています。

URBAN2は中心が一番明るいのは変わりませんが、URBANより一段明るさが上です。そして、一旦暗くなって(中間部)、もう少し外側に行くともう一度明るくなっているのがお分かりでしょうか。

中心部を明るくした代わりに、中間部を暗くしているようですね。

配光

前作とあまり変わっていません。左右は狭めのスポット配光。前輪の少し前の部分にそれなりの横幅で光が伸びています。

 

50ルーメンにしては中々明るく感じるので、街乗りならこれで十分という人もいるんじゃないでしょうか。

ただ、真っ暗なサイクリングロードや、夜の山では完全に力不足だと思います。Volt800やRN1500と言った本格的なライトに比べると、光の幅と明るさが全く足りていません。あくまで正面だけを照らす配光です。

これ一本で本格的なロングライドはやめておきましょう(そういう用途の製品ではありませんけど念の為)。

イマイチな点

全体的に前作より進化していたのですが、一つだけイマイチな点があります。

 

なぜか斜め手前方向に光が伸びていて、乗っていると眩しいんですよね……。

まさか「乗り手の顔を照らすことで周りにアピール!」なんて効果を狙ってたりするんでしょうか。そんな訳はないと思うんですけども。

まとめ

15年以上もラインナップされている定番街乗りライトのメジャーバージョンアップ。古くからのユーザーとして気になっていましたが、全体的に正常進化だと思います。

関連記事

最近、テールライトを色々と試しています。先日注文したディスクロードに似合うものを探しているのですが。 調査すれば調査するほど、現在ブルベ用のメインテールライトとして使用している、「CATEYE OMNI5」が一番優秀なのではないかと思[…]

同じくCATEYEの小判型テールライトも、20年以上かけて進化を続けています。この小判型テールライトの最新版である「TIGHT」の機構が、URBAN2にも採用されています。これによって防水性が高まりました。

このように、一つの製品を地道にスペック(明るさ・ランタイム)を伸ばしていくメーカーは信頼できますね。新製品の開発も大事ですが、基本設計が良ければLEDの進化に伴って勝手にライトとしてのスペック(明るさ・ランタイム)は上がっていくはずなのです。

これからはURBAN2を「光る電池ボックス」として、ロングライド時に持ち歩くことにします。

著者情報

年齢: 36歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)