ROADIE TTにお助けチューブを接続する

仏式専用口金を持つ携帯ポンプ「TOPEAK ROADIE TT」に、定番の補助チューブである「TRISPORTS お助けチューブ」を接続する方法の紹介です。

ROADIE TTの弱点(?)

TOPEAKの「ROADIE TT / ROADIE TT mini」は、現時点での最高性能を持つ携帯ポンプです(と、私は評価しています)。

ROADIE TT 概要

ROADIE TTは、2020年にTOPEAKがリリースした携帯ポンプです。

「ツインターボ(Twin Turbo) テクノロジー」という特殊な機構を採用しており、高圧でもポンピングが重くならない特徴を持っています。詳しくは下記レビューを参照してください。

関連記事

トピークの携帯ポンプ。ハンドルを引いた時にシリンダー内で空気を圧縮し、ハンドルを押した時に圧縮された空気を一気に充填する「TT(ツインターボ)」テクノロジーを搭載しているのが特徴です。 「ローディー TT」という名前からも分かるように[…]

 

性能はそのままに、全長を短くした「ROADIE TT mini」もあります。携帯性を重視するならこちらを選ぶべきでしょう(性能は若干落ちます)。

関連記事

トピークの携帯ポンプ。ハンドルを引いた時にシリンダー内で空気を圧縮し、ハンドルを押した時に圧縮された空気を一気に充填する「TT(ツインターボ)」テクノロジーを搭載しているのが特徴です。 下記レビューのポンプと同シリーズで、長さが30m[…]

弱点

性能的には最高峰にあるROADIE TTですが、一つ制約があります。それは、「口金が仏式バルブにしか対応していない」ということです。

ロードバイクのバルブは9割以上が仏式バルブであるため、普通に使えば特に困ることはありません。ただ、補助チューブを使おうと思った時に選択肢がほぼ無くなってしまうのです。

 

補助チューブというのは、このように口金に取り付けて使うパーツです。携帯ポンプ版の延長コードとでも言いましょうか。

補助チューブを使うことによって、「ポンピング時のバルブへの負担が減る」「ポンピング時の姿勢が楽になる」といった利点があります。必須ではありませんが、付けられると便利なのは確かです。

補助チューブは色々なメーカーから販売されているのですが、米式口金を持つポンプにしか付けられないものが大半。ROADIE TTは米式口金なので、適合する補助チューブがほとんどないのです。

created by Rinker
グランジ(grunge)
¥742 (2021/09/23 20:00:13時点 Amazon調べ-詳細)

ZefalとGRUNGEは仏式口金に対応した補助チューブを販売していますが、どちらもかなりサイズ的に大きいのです。携帯ポンプと一緒にツールケースなどに入れるにはちょっと苦しいサイズでした。

米→仏アダプタは存在しないのか?

ならば、米式口金に対応した補助チューブを使うために、米→仏アダプタを使えばよいのでは?

関連記事

Amazonで売っている中華バルブアダプターの話です。 米式バルブ→仏式バルブに変換するバルブなのですが、使えるポンプと使えないポンプがあるので、その辺りの実験結果を纏めました。   経緯 まず、今回取り上げるアダ[…]

そう思って実験したのがこちらの記事です。

残念ながら、米→仏アダプタは、現時点の市販品でまともな製品が存在しませんでした。怪しげな中華アダプタを使ってみましたが、高圧で上手く空気が入らずに撃沈。

お助けチューブが使えるかも?

そして本日。耳寄りな情報を入手しました。

「airboneの仏式口金タイプのポンプには、米→仏アダプタが付属するらしい」

airboneの携帯ポンプは下記製品のことです。

関連記事

airboneの超小型ポンプ。同社では様々な長さのポンプを出していますが、本製品は最小の99mmタイプです。 購入動機 レース用マシン向けに、なるべく小さなポンプが欲しかったため。 どうも私はCO2ボンベの扱いが苦手なので、なるべ[…]

こちらのポンプは口金が2タイプあります。米式口金のものと、仏式口金のものです。こちらのレビューは、米式口金タイプのポンプのものになります。

米式口金タイプには、仏→米アダプタが付属しています。確かに、仏式口金タイプに米→仏アダプタが付属していてもそれは自然なことに思えます。

で、この仏式口金タイプのairboneのポンプですが……

 

家のおもちゃ箱(使ってないパーツを放り込んである箱)を探したら出てきました。

5年くらい前に大阪で見つけ、「ピンク色だし妻用に良いな」と思って買ったような……。結局妻には渡さずに、おもちゃ箱に突っ込まれていたようです。

 

そして箱の中を調べてみると、ありました! 米→仏アダプタ。これが単体で売っていれば良いんですけどね、見かけたことがありません。

 

フレームにポンプを取り付けるブラケットにねじ込まれていました。

ROADIE TTにお助けチューブを接続

では、airboneに付いていた米→仏アダプタを使ってROADIE TTに補助チューブを接続してみます。

用意するもの

以下のものを用意します。

・TOPEAK「ROADIE TT」または「ROADIE TT mini
・TRISPORTS「お助けチューブ
・airbone「ZT-702P」に付属する、米→仏アダプタ
補助チューブは米式口金対応のものであれば何でも良いのですが、一番有名で軽量なTRISPORTSの「お助けチューブ」がオススメです。
米→仏アダプタが付属するのは、「ZT-702P」という型番のポンプです。P=Prestaで、仏式口金であることを意味しています。

組み立て

まずは、お助けチューブに米→仏アダプタを取り付け。若干ネジピッチが合っていないような感触がありますが、取り付けは可能です。

 

で、この米→仏アダプタの、仏側をROADIE TTに取り付けてロックレバーを上げれば完成。

あとは、お助けチューブの逆側をチューブのバルブに取り付ければ空気を入れることが出来ます。

ポンピング

さて、ちゃんと空気は入るのか?

特に問題なく空気を入れることが出来ました。7気圧からの追いポンピングでも問題は無し。実用には足りそうです。

まとめ

ROADIE TTとお助けチューブを、airbone付属のアダプタで接続する方法の紹介でした。

実は、家にあったairboneの仏式口金タイプのポンプは、「お助けチューブが使えない」という理由でお蔵入りになっていました。これも仏式口金のポンプだからです。しかし、ちゃんとアダプタを付けていてくれたんですね。それに気付いてなかったのが恥ずかしい。

米→仏アダプタを入手するためだけにairboneのポンプを買うのは本末転倒な気はしますが、家にairboneの仏式口金タイプがある人は、この技を使うことができると思います。試してみてください。

 

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥3,696 (2021/09/23 22:49:38時点 Amazon調べ-詳細)

著者情報

年齢: 36歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)