フレームとロックリングの干渉対策

  • 2021年11月7日
  • 2021年11月7日
  • コラム
  • 1420View
  • 0件

ディスクロードにおける、ディスクローターのロックリングとフレーム間の干渉を避けるための対策法の紹介です。

ニッチな話ですが、割とよくある話のようなのでまとめておきます。

対策動機

先日、油圧ディスクブレーキから、グロータックのEQUALブレーキへの組み換えを行いました。

関連記事

最近話題になっているメカニカルディスクブレーキ「GROWTAC EQUAL」を導入することにしました。 端的に言えば、油圧ホースを使った油圧式ディスクブレーキを捨てて、ワイヤー引きの機械式ディスクブレーキに移ることになります。 所有[…]

ショップからの指摘

その際にショップ側からご指摘を頂いたのが、今回の件です。

「ディスクローターのロックリングと、フォークが微妙に擦ってますね。」

フォークを上から覗き込んでみると、確かにロックリングとフォークの間にはほぼ隙間がゼロ。

 

「フォークとロックリングの隙間」は、画像の矢印で示した部分です。ホイールを外してみると、フォークの内側には円周状に塗装が削れた跡がありました。

スプリント時に若干異音がするのは感じていましたが、ローターとパッドが擦っている音だと思っていました。もしかしたら、同時にロックリングとフレームが擦れる音も鳴っていたのかもしれません。

干渉が発生した理由

ハブへのディスクローターの固定方式には「6穴」と「センターロック」の2つがあります。

今、ディスクロードでメジャーなのは後者のセンターロック方式。私が使っているHUNTのホイールもセンターロック方式のハブを採用しています。

また、センターロック方式の中でも、ロックリングの取り付け方によって「内セレーション」「外セレーション」の2種類に分かれています。

 

私の使うHUNTのホイールは「外セレーション」方式を採用。画像の中に赤い輪がありますが、これが「外セレーション用のロックリング」になります。

今回は、このロックリングがフォークの内側と干渉していたということです。

ホイールを空転させた状態では干渉していないのですが(0コンマ数ミリのクリアランスは取れている)、立ち漕ぎなどで横方向の力がフォークに掛かると、微妙によれてしまってロックリングがフォークに触れてしまうようでした。

内セレーションのロックリングはかなり薄いので干渉はしないはずですが、このホイールのハブは外セレーションのロックリングにしか対応していませんでした。

なお、後輪は特にフレームとの干渉はありませんでした。

対策案

ショップ側から提示された対策案は以下の2つ。

① ロックリングの縁を少し削る。
② 薄いロックリングを探す。


今回、フォークと擦っているのはこちらの縁の部分。工具を引っ掛けるために少しだけ縁が厚くなっています。この縁を削ってしまえば干渉はしなくなるはずですが……

この赤いロックリングの赤はアルマイト塗装。削ったら、下から銀色のアルミ地が出てきてしまうはずです。それはさすがにかっこ悪い。せっかくドレスアップのために購入した赤いロックリングなのに、それがダサくなるのは嫌。

ということで、①は却下し、②の方向で検討することにしました。

ショップ側からの情報によると、以下の具体案が有力だろうとのことでした。

・センターロック方式のハブに、6穴ディスクローターを取り付ける時のコンバーターを流用する。
・このコンバーターは通常のロックリングより薄い。
・DT SWISSのコンバーターは実績があってオススメ。
created by Rinker
DT SWISS
¥3,095 (2021/12/08 07:05:27時点 Amazon調べ-詳細)
そのDT SWISSアダプターとはこちらの商品。
本記事執筆時点では各所に在庫がありますが、10月初旬の時点では問屋在庫も枯渇していたため、「どこかで見つけてきてください」と言われました。
たまたま楽天に在庫を1つだけ持っていた店があったので確保しました。

他のロックリングも買ってみた

一応DTアダプターは抑えたものの、シマノの鉄製ロックリングも買ってみました。

シマノのロックリングは、アルミ製より鉄製の方が微妙に薄く作られています。

DTのアダプタ付属のロックリングはアルミ製。それに対し、こちらはスチール製。DTのロックリングで固定力に不安を感じた場合の予備として、こちらを試してみようと思っていたのでした。500円ですしね。

ロックリングの比較

ということで、手元にある4種類のロックリングを比較してみました。

 

左から順に、

① DT SWISS「センターロックアダプタ付属のロックリング」
② SHIMANO「鉄製ロックリング」
③ HUNT「アルミ製ロックリング(ホイール付属)」
④ SHIMANO「アルミ製ロックリング」
となります。
以下に、スペックの比較表を示します。
DT SWISS
センターロックアダプタ付属
ロックリング
SHIMANO
鉄製ロックリング
HUNT
アルミ製ロックリング
SHIMANO
アルミ製ロックリング 
重量 8g 20g 9g 10g
素材 アルミ スチール アルミ アルミ
厚さ 2.2mm 2.6mm 3.2mm 3.9mm
購入価格 2926円 540円 ホイール付属 2000円

ということで、スペックだけ見ると「薄い」「軽い」を実現している、DT SWISSのロックリングが一番今回の要件には合いそうです。なんと、シマノのアルミ製ロックリングより1.7mmも薄い。これだけ薄ければ、まず干渉はしません。

問題は固定力ですが……これは試してみないと分かりません。

それにしても、シマノのアルミ製ロックリングは極厚ですね。なんと3.9mm。0.7mm薄いHUNTのアルミ製ロックリングでも特に問題がなかったかもしれませんが、せっかく買ってしまったのでDT SWISSのロックリングを試してみることにしましょう。

実走テスト

DT SWISSのロックリングを取り付けて実走テストを実施。

取り付け写真

DT SWISSのロックリングに交換した後の写真がこちら。

フォークとロックリングの間に、1.5mmほどの隙間が出来ました。これだけクリアランスがあれば、多少フレームやホイールが変形した所で擦ることはないでしょう。

実走

DT SWISSのロックリングに交換し、夜練で合計200kmほど、ブルベで一気に420kmほどを走行しました。

ブルベでは急勾配の林道を降りたり、それなりに強めのブレーキを掛けましたが、特に問題は起こらず。ロックリングの固定力としては十分であると思われます。

ただ、縁の厚みが小さいので、先端がオフセットしたシマノの専用工具でないと回すのは難しいはずです。

まとめ

外セレーションのロックリングの厚みによる、フレームとの干渉の話でした。

私の場合はフロント側で出ましたが、リヤ側で発生するフレームもあるそうです。空転時に擦るのは問題がすぐに分かるんですが、空転時にはギリギリ擦らずに実走時に擦るという今回のようなケースはちょっと気づきづらくはありますね。

ホイールを外した際に、フレームに円周状の傷が付いていたら今回のケースである可能性があります。その際には、薄いロックリングを試してみると良いでしょう。

なお、今回の「コンバーター用のロックリングを流用する」というのはパーツの目的外利用ですので、試す際は自己の責任の下で行っていただきますよう宜しくお願い致します。

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)