霞ヶ浦りんりんロードを走る

  • 2021年4月4日
  • 2021年4月5日
  • コラム
  • 777View
  • 0件

週末に霞ヶ浦を走ってきました。

ナショナルサイクルルートとして整備された「つくば霞ヶ浦りんりんロード」がとても印象に残ったのでレポートを書き残しておきます。

今回走ったルート

川崎の自宅から都内を抜け、南から霞ヶ浦にアプローチ。稲敷大橋から土浦駅前まで「りんりんロード」を走りました。

コースプロファイル

稲敷大橋~霞ヶ浦大橋~土浦駅前まで47.9km。

獲得標高はRWG上では197mとなっていますが、体感的にはほぼ0m。ド平坦です。

ナショナルサイクルルート

「りんりんロード」はまだ全国で3ルートしかないナショナルサイクルルートに指定されています。残り2ルートが「しまなみ海道」「ビワイチ」なので、なかなかハードルの高い基準があることが分かります。

ナショナルサイクルルートは公式サイトでは下記のように定義されています。

ソフト・ハード両面から一定の水準を満たすルートを国が指定することで、日本を代表し、世界に誇りうるサイクリングルートとして国内外にPRを行い、サイクルツーリズムを強力に推進していくものです。

りんりんロードは2019年11月に指定されました。周辺には多数のサイクルサポートステーションが完備され、トラブル時も対処出来るようになっています。

個人的には最後に霞ヶ浦を走ったのは2019年2月。その時は土浦から南を走りましたが、そこまで整備が行き渡っている印象は受けませんでした(土浦駅はかなり整っていましたが)。

こちらは2016年当時の写真(土浦駅の少し東あたり)。この頃から道はそれなりに綺麗でしたが、あまり走りやす道だとは感じませんでした。

走行レポート

茨城県稲敷市にある稲敷大橋から「りんりんロード」に入りました。

稲敷大橋周辺

おおっ、すでに何だかとても整備されている感。真新しいソフトポール、路面のプリントも綺麗です。なお、この区間は自歩道というわけではなく、車も普通に走る道路でした。

 

境島という、釣りスポットっぽい場所から。

行方エリア

この日は強い東風で、北利根橋までは向かい風でした。北利根大橋で北西にルートを変えると一気に追い風に。

 

路面は綺麗で、ルート上には定期的に公園のような場所もありました。路面には矢印型のガイドも。

 

きれいな路面と追い風で、走っていて非常に気持ちの良いエリアでした。

 

こちらは「島並休憩所」という場所にあった公共空気入れ。片方は英式用、片方は仏式用でした。しかし屋根もない場所に設置されているせいか、かなり動きが渋くなっていました。空気入れはパッキンが傷むので、出来れば屋根くらいは付けてあげて下さい(ポンプマニア目線)。

 

霞ヶ浦大橋手前の様子。

かすみキッチン

霞ヶ浦大橋を渡り、土浦方面へ。

 

すぐに見えてくるのが「かすみキッチン」です。

 

地場産品が売っていたり、カフェも設置されています。レンタサイクルも沢山。ナショナルサイクルルートの象徴のような場所です。

 

ルートのイメージキャラクターらしい「かすみがうにゃ(かすにゃんだと思ってた)」の記念ボードも。

~土浦

かすみキッチンから土浦駅に向かう途中では、対岸に何やら人形状の物体が。

 

牛久大仏ですね。対岸から更に5kmは離れているはずなんですが、めちゃめちゃ存在感があります。

 

たぶん、2016年に写真を撮ったのとほぼ同じ場所(進行方向が逆なのでアングルも逆ですが)。道幅も広くなり、非常に走りやすくなっていました。5年でここまで変わるとは。

 

まもなく土浦駅。

土浦駅からは路肩の狭い国道6号線を避けて松戸まで向かい、そこから輪行で帰宅しました。

まとめ

ナショナルサイクルルート指定後、初めての「りんりんロード」走行の感想でした。

2年前の時点でサイクルツーリズムを土浦市が押し出していましたが、まだまだ周辺施設が整っていない印象でした。しかし、そこから急ピッチで整備が進んだようですね。

しまなみ海道と比べるとさすがに見どころは多くないですが、個人的にはビワイチと互角くらいの風景・周辺施設の整備具合だと感じました。

今回走れなかった土浦~稲敷区間もまた是非走りに行きたいですね。

著者情報

年齢: 36歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)