【アンケート結果】自転車用ディスクローターのブランド

1/14~18まで実施した、「愛用しているディスクローターのブランド」アンケートの結果発表記事となります。

アンケートに対して頂いたTwitterでのご意見を紹介していたら物凄く長くなってしまったので、今回も記事をページ分割しています。とりあえず結果だけを知りたい方は、最後のページをご覧ください。

アンケート内容

愛用しているディスクローターのブランドは?」というテーマでアンケートを実施しました。

関連記事

ふと気になったのでアンケートを立ててみました。 自転車用ディスクローター、どこのブランドの製品を使っていますか? 最大3ブランドまで選択可能となっております。 いつもであれば「ロード用」と限定しますが、今回はMTB用やシ[…]

意図

ここ3~4年ほどで一気に進んだロードバイクのディスクブレーキ化。

今やショップではリムブレーキのロードバイクの台数のほうが少数派。こんな短期間で置き換えが進むとは予想していませんでした。

ディスクブレーキ最大の特徴といえば、ホイールに追加で取付となる「ディスクローター」です。

比較的交換が容易な部品ということで、多数のサードパーティーからディスクローターが発売されています。私も数種類のブランドのローターを所有しています。

そこで、「2023年現在、人気のあるディスクローターブランドはどこなのか?」を調べてみることにしました。

元々の着想はロードバイクからですが、今回は車種をロードバイクに限定せず、どんな車種でもディスクブレーキを使った自転車であれば対象としました。

形式

一人3ブランドまで投票可能としました。

投票選択肢数

46ブランド+その他

計47選択肢

回答者数

投票者数: 346

総投票数: 528

同一人物による二重投票が出来ないように、簡易の制限を付けて投票を実施しました。

募集期間

4日間 (2022年10月9日 – 2022年10月13日)

 

次ページ: 6~4位の結果を発表


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)