Onyxホイール、組み上がり

7月に注文したOnyxハブを使用したホイールが組み上がりました。

武蔵小杉のショップ・CYCLECUBEのオリジナルブランド「MAVERISMO」の第一号製品であるホイールを紹介します。

これまでの経緯

関連記事

アメリカのハブ専門メーカー「ONYX RACING PRODUCTS」のハブを試す機会を得たので、その感想を書き残しておきます。 試乗の経緯 「なぜ試乗をすることになったか」が結構長い話なので振り返ってみます。 カラーオーダーが出来る[…]

今年7月に、Onyxハブを使ったホイールに試乗。

関連記事

勢いのまま注文してきました。 注文まで 先日、↓の記事を書きました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://cannonball24.com/test-drive-with-onyx-hub/ t[…]

その勢いのまま、CYCLECUBEにてOnyxハブをオーダー。

関連記事

注文から約5ヶ月、ようやくONYXハブがショップに届きました。 これまでの流れ 今年6月、妻が「ピンクの手組みホイールが欲しい」と言い出しました。 SPINERGYのホイール 昨年、妻が購入したOltre XR4。そちら用に[…]

5ヶ月経ってようやく国内に入荷。ほぼ受注生産品とは言え、なかなか時間が掛かりました。

 

ただ、素晴らしい色に仕上がっていました。

そしてそこから一週間ほど、「ホイールが組み上がりました」という連絡を受け、早速受け取ってきました。

ホイール紹介

こちらが組み上がった私のホイール。カッコいい!

 

妻のホイールはこちら。ハブとデカールの色を揃えてもらいました。

パーツ構成

今回のパーツ構成は以下です。

ハブ Onyx Racing「Vesper Road(Candy Red)」 Onyx Racing「Vesper Road(Fluo Pink)」
リム 前輪: PAX Project「AR30W(20H)」
後輪: PAX Project「AR30W-R(24H)」
前輪: TNI「AL22W(20H)」
後輪: TNI「AL22W(24H・オフセットリム)」
スポーク Sapim「CX-RAY Black」
ニップル DT Swiss「アルミニップル(レッド)」 DT Swiss「アルミニップル(ブラック)」
重量 前輪: 694g
後輪: 1008g合計: 1702g
前輪: 630g
後輪:
954g合計: 1584g

本当はナローリムで組むことも考えましたが、昨今はタイヤの設計前提が内幅19mmになってきたことを踏まえ、C19のリムを選びました。

妻は軽量性重視でTNIのリムハイト22mm、私は巡航性重視でPAXのリムハイト30mmを選びました。

組み方

前輪は20Hのラジアル組、後輪は24Hの両サイドタンジェント組でお願いしました。

外観

ニップルとデカールもメタリックなレッドで統一してもらいました。

デカールの文字は「MAVERISMO」

CYCLECUBEさんがショップブランドとしてオリジナルホイールやフレームをこれから展開していくそうで、私達のホイールはその第一号製品ということになりました。

MAVERISMOは「MAVERICK」と「~ISMO」を合わせた造語です。

MAVERICKは焼き印の無い放牧牛という意味が転じて、独自路線とか異端とか型破りみたいな意味があるそうです。
~ISMOはイタリア語などで~主義の意味ですね。
合わせて「独自主義」とか「孤高主義」といった感じですかね。

CYCLECUBEは「C.S.MAVERICK」というネットショップも運営されており、こちらの言葉には思い入れがあることが伺えます。

重量

重量は以下の通りです。

私のホイール: 1702g (694g/1008g)
妻のホイール: 1584g (630g/954g)
ホイールとしての重量は少し重めですが、リム内幅19mmのワイドリムであることを考えると、こんなものかなと言った所。
重さの理由は、通常のハブより150gくらい重い後輪のハブ。このハブが今回のホイールのキモなのでコレはしょうがない。一方で、漕ぎ出しの重さを決めるリム外周の重量はそれほどでもないはず。

フリーボディ

面白いのがフリーボディの構造。

アルミ製なんですが、スプロケの食い込み防止のために鉄の棒が通されています。

価格

私のホイールが16万円、妻のホイールが15万円ほどです(ハブの価格だけで11万円)。アルミリムのホイールのトップグレード(シャマルやレーゼロ)と同等の価格と言えます。

私と妻のホイールの価格差は、リムの差です。

実走インプレ

とりあえず組み付けて、50kmほど走行してみました。

関連記事

Continentalのレーシングタイヤ。今回レビューするのは、クリンチャーの25Cです。 購入動機 ロード乗りの定番タイヤとして長らく君臨したGP4000シリーズ。マイナーチェンジを繰り返しながら実に14年も「4000」のままでしたが[…]

タイヤはContinental「GP5000 25C」のクリンチャー。

関連記事

REVOLOOPのTPU(熱可塑性ポリウレタン)チューブ。 同ブランドでは2種類のTPUチューブを販売しており、こちらは通常版のレビューです。より薄くて軽量な「RACE ultraチューブ」もあります。 購入動機 ディスクロード「[…]

チューブはRevoloop「Race」にしました。軽量なポリウレタンチューブです。

試乗の記事でも書きましたが、足を止めた時の空転音が本当に無音です。

チェーンオイルに「muon」を使えば、足を動かしているときも音がしなくなるので、ライド中はほぼ駆動音が無くなります。あなたも今日から「森の忍者(by 弱虫ペダル)」

ペダリングの感触

Onyxハブの特徴は、「ワンウェイクラッチ」。

足を動かしている間はスプラグが軸を掴み、足を止めるとスプラグは軸から離れます。

通常のハブだと、爪がラチェットにハマるまで、角度にして数度のラグ(スカッと抜ける感覚)があるものですが、Onyxのハブはラグがありません。踏み始めた瞬間から駆動力が掛かります。逆に、脚にも抵抗感が返ってきます。

ある意味ピスト的な感触といえば伝わりやすいでしょうか? ただ、ピストと違って足を止めても前転はしません。あくまでも「回している間は常に駆動力が伝わる」という点でピストに似ていると感じました。

CYCLECUBEの店長は「脚とホイールが一体化したような独特の感覚」と表現されていましたね。ある意味、綺麗に回すことを矯正(強制?)されている感じもあります。

私はハムストリングスを中心に使うペダリングなんですが、Onyxハブで走ると太ももの前側の筋肉に疲れを感じました。少し慣れるまでには時間が掛かりそうですが、ペダリングトレーニングになりそうです。

加速感

OnyxはロードレースよりはBMXレースでよく使われる製品です。

その理由は、駆動力の伝達の速さ。特に加速が重要なBMXでは、この掛かりの速さが重宝されているそうです。

確かにトップスピードに乗るまでは早いですね。試乗のホイールでは少しもたつきを感じたのですが、今回組んでもらったホイールではそういったこともなく。爽快な加速感を味わえました。30mmという、アルミリムにしては高めなハイトのリムを選んだのも一因かもしれません。

重量は重めですが、走りに重さは感じませんね。

フレームとのマッチング

私の自転車はメタリックレッドを多く使っているので、フレームカラーとハブカラーがマッチして非常に気に入りました。

大抵のハブって黒なので気づかないんですが、ハブに色が付いていると意外と目立つんですよね。

ただ、このキレイなハブを隠したくないので、ハブに巻くタイプのスピードセンサーが使えないのが目下の悩みどころです。

まとめ

Onyxハブのホイールが組み上がった報告でした。

組み上がりまでに5ヶ月も掛かってしまいましたが、いい買い物が出来たと思っています。

さて、これで晴れて「オーダークロモリ」+「手組みホイール」という、なかなかのエンスー仕様になってしまいました。この自転車はブルベ用として作ったものですが、色々実験的に遊ぶ自転車でもあるので、しばらくOnyxホイールで遊んで見る予定です。

 

まずは、年明けのブルベには夫婦ともにこちらの「MAVERISMOホイール」で臨む予定です。Onyxハブとブルベの相性はどんなものか? 確かめてきます。


なお、CYCLECUBEさんでは今後、Onyxハブを使ったホイールをパッケージとして販売していく予定だそうです

近いうちにブランドの公式サイトを作る予定とのことで、気になる方はCYCLECUBEの公式サイトをチェックしておいてください。

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)