OSTRICH「スマートイージーパック mini-x」購入

この記事は約 5分で読めます。

オーストリッチの新作サドルバッグ「スマートイージーパック mini-x」を購入しました。

目次

購入まで

オーストリッチから最近発売となった、中型サドルバッグ「スマートイージーパック mini-x」。早速買ってきました。

サイクルモードにて

今年4月開催のサイクルモード。

関連記事
サイクルモード東京2022 参加レポート(前編・西ホール) 2年5ヶ月ぶりの開催となった「サイクルモード東京」。幕張から有明に会場を移しての開催となった国内自転車界最大のイベントのレポートです。 前編は西ホールのブース、...

オーストリッチブースで強烈に目を引かれたのが、今回紹介するスマートイージーパックmini-xでした。

5リットルという容量、X-PACを使って220gという軽量性。

5リットルって、あまり大手メーカーからは出て来ないサイズなのです。サイズ感としては、オルトリーブのサドルバッグLと同じくらいで、ブルベでは2-300kmのブルベにちょうどいいサイズ。

「これは絶妙な所を突いてきたな」と思い、発売されたら購入をしようと考えていました。

発売告知

7月末、オーストリッチ代理店のフカヤさんから発売の告知がありました。

早速、お世話になってるショップに注文してもらいました。かなりの人気だったらしく、ラスト1個を抑えてくれたようです。

ファーストインプレッション

まだ実戦投入はしていませんが、とりあえず触ってみた&取り付けてみたので、その感想を。

今回投入したのはブラックカラーです。

重量

公称220gですが、実測は192g。かなり軽いです。

関連記事
APIDURA 新作サドルバッグのモニターを担当 APIDURAの新シリーズ「バックカントリーシリーズ」のサドルバッグのモニターを担当することになりました。 しばらく使い込んでレビューを書く予定ですが、この記事では...

対抗馬となりそうな、APIDURAのバックカントリー サドルバッグが容量4.5Lで実測235g。それよりも更に43g軽い。

しっかり内部にプラ板が入って、5Lでここまで軽いサドルバッグは現状そう無いはず。

素材はX-PACで、構造的にも大型サドルバッグの王道なのですが、どこでそんなに軽くなっているのか?

容量

5Lです。軽量なものを揃えれば、雨具一式は十分に入る容量。

200~300kmブルベまでならば、これ1個で何とかなりそう。400km以上でも、フロントバッグ等と併用すれば足りる容量です。

工夫点

面白いなーと思ったのが、口の部分です。

バッグを開けた時に中身が落ちてこないように、口の部分にマジックテープを付けてくるメーカーはそれなりにあります。ただ、中に入れたものが布の場合、このマジックテープにくっついてしまうことがあるんですよね。

スマートイージーパックmini-xは、マジックテープのくっつく側を封じる予備テープが付いてるんですよね。これは単純ながら素晴らしい発想です。

個人的には口にマジックテープは要らない派ですが、必要な人もいるでしょう。両方の人に対応できるソリューションとして、これは実にスマートであると感じました。

取付

取付方法は一般的な大型サドルバッグと同じです。

シートポストに巻くストラップがかなり長く取られており、昨今のエアロシートポストにも十分対応しています。

ただ、容量の割には縦方向の大きさが意外と大きいです。この写真の自転車はシートポストが18cmほど出ているんですが、3cmほどしか余裕がありません。私は「要求シートポスト長」と呼んでいますが、その値は15cmほどでしょうか。

created by Rinker
オーストリッチ(OSTRICH)
¥8,440 (2024/07/17 19:36:32時点 Amazon調べ-詳細)

前作「スマートイージーパック」は「日本人向け(つまり、シートポストがあまり出ていない)」がテーマであり、要求シートポスト長はもう少し短かった気がします。持っていないので推測でしかないのですが。

もう少し縦のサイズを絞っても良かった気はします。

左右方向への張り出しは小さく、ペダリング時に太ももとの干渉は少なそう。

その秘密は、内部に入っている、しっかりとしたプラ板。これがバッグの左右方向への膨らみを防いでいるわけです。

安定性

走っても揺れは少なかったです。安定性は十分ですね。

防水性

このバッグは完全防水ではありません。

生地のX-PAC自体は防水性がありますが、縫い目のシールをしていないので、中に水は染み込みます。

関連記事
【レビュー】SEA TO SUMMIT「ウルトラSIL ナノ ドライサック」 SEA TO SUMMITの防水スタッフバッグ。登山用品です。 大容量サドルバッグ用の内袋として使用しています。今回レビューするのは8Lのモデルです。 【購入動機】 600kmまで...

浸水を防ぐためには、こういった防水の内袋を使いましょう。

被視認性

側方に大きな反射剤が配置されていて、横からの被視認性は高いはず。後ろ側にも一箇所あると更に良かったと思います。

その他

「スマートイージーパック」に付属していた内袋は、mini-xには付属しません。

まとめ

手頃なサイズで超軽量なサドルバッグ。

ブルベ用途で話をしてきましたが、1泊程度のツーリングならば十分な容量かと思います。

老舗のオーストリッチがX-PAC製品を多く作るようになってくれたのは朗報ですね。やはり縫製はしっかりしていますし、造形も綺麗です。

次の短めのブルベでは実戦投入をしてみようと考えています。

created by Rinker
オーストリッチ(OSTRICH)
¥7,280 (2024/07/17 19:36:32時点 Amazon調べ-詳細)

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次