SHIMANO RT-CL800を購入

新発売となるロード用ディスクローター「RT-CL800」を購入しました。

SHIMANO「RT-CL800」

140mmと160mmを1枚ずつ買いました。

RT-CL800について

cyclowired

シマノがロードバイク向けの新型ディスクブレーキローターRT-CL900と800をリリースした。放熱性を高めると同時にアー…

RT-CL800は8月からデリバリーが始まったシマノの新しいロードバイク用ディスクローターです。モデルとしては、SM-RT800の後継になるはず。

グレード的にはアルテグラ。上位モデルとして、デュラエースグレードの「RT-CL900」があります。

前モデルである「SM-RT800」「SM-RT900」に比べて下記の変化があります。

① 高温状態での振れが出にくくなり、音鳴りがしにくくなった。
② 放熱フィンが小さくなった。
③ 軽量になった。

購入理由

関連記事

シマノのロード用 新作ディスクローター「RT-CL900」の現物を見せていただきました。 まえがき 先日、La route編集部にお邪魔しました。 訪問の目的 新型105グレードのカーボンホイール「WH-RS710」のインプ[…]

先日、ラルート編集部にてRT-CL900の現物を見て、かつ重量を測定させてもらいました。割りと公称重量は当てにならないことが多いんですが、本製品に限っては公称重量より軽そうです。

「アームを強化したことで振れが出にくくなった」という売り文句には半信半疑でしたが、安井さんのコメントを聞くと効果はありそう。ブレーキの効きが良くて軽量なら使ってみたくはあります。

そして、RT-CL900とRT-CL800、公称重量が実は一緒なんですよね。普通は下位グレードであるRT-CL800の方を重くしてくるところですが(前作はSM-RT800のほうが重かった)、まさかの同一重量。

RT-CL900とRT-CL800の違いは、「放熱フィンの塗装」。RT-CL900は放熱フィンが黒くなっていますが、これが「放熱ペイント」と呼ばれるもので、放熱性能をさらに高めるんだとか。黒いほうが赤外線で温まりやすいので、夏場は銀色のほうが熱を溜め込みにくい気もしますが……。

私はブレーキが油圧ではなく機械式ということもあり、そこまで熱を気にする必要はありません(低温に越したたことはないですが)。値段の差は3000円。見た目としては黒いほうが好みですが、前後で6000円の差は気になり、結局RT-CL900とRT-CL800を1枚ずつ買うことにしました。

配達遅延を喰らう

が、見事に「konozama」を喰らいまして、発売日に届きませんでした。配達日未定になったので、即キャンセル。

楽天を探すと、RT-CL800を2枚であれば即納してくれるショップがありそうです。RT-CL900への未練もあまりなかったので、RT-CL800を2枚買うことにしたのでした。

ファーストインプレッション

諸々計測後、取り付けて50kmほど走ってきました。

重量

測定結果は以下です。

ローター径 公称重量 実測重量
140mm 96g 94.9g
160mm 114g 112.5g

どちらも公称重量を下回りました。あまり大幅に下回ってると怖いですが、どちらも1.5g程度なので、それくらいならば良いかなーと思えます。

関連記事

ロードバイクに使えそうなディスクローター(センターロック限定)の重量を一覧化してみました。 前置き ディスクロードでは、リムブレーキ時代に無かった「ディスクローター」というパーツを使うようになりました。 ディスクローターと[…]

こちらのページにセンターロックのディスクローターの重量を一覧化していますが、RT-CL800は軽さの点ではかなり上位に入ります。

厚み

実測した所、140mm/160mmともに1.75mm前後でした。

「1.5mm以下になったら交換するように」と書かれているので、使える厚さは0.25mmです。

細部

確かにアーム部分は前作に比べると、厚くゴツくなってるように見えます。

横から見た図。

取り付け

早速取り付けてみました。普通のセンターロックディスクローターと同じで、特に難しいことはありません。

関連記事

Muc-offのディスクブレーキ用クリーナー。ローターやキャリパーに使用可能です。 購入動機 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://cannonball24.com/2021-brm1030-termi[…]

取り付け前に、ブレーキパッドはクリーナーで洗浄済み。前のローターのカスが残っていると異音の原因となるので、ローターを変える時はパッドも洗浄しましょう。

関連記事

SwissStopのディスクローター。6穴タイプとセンターロックタイプがあり、今回レビューするのは、160mmのセンターロックタイプです。 購入動機 「横風対策」「音鳴り対策」として購入しました。詳しい理由は以下の記事に書いています。 […]

交換前に使っていたローターは、SwissStopのCatalyst。前後で約50gの軽量化となりました。

走行

取り付けて早速、三浦半島の葉山まで50km程度を走ってみました。

制動性能は当然ながら問題なし。馴染みが出るまでは(5kmくらい)効きが良くなかったですが、馴染みが出るとSwissStopと遜色がないくらいには効きます。

高温時の一時的な振れ具合については、「15%程度の激坂を下りながらブレーキを掛け続ける」シチュエーションでテスト。

下りきった時には微妙に擦れる音が出ていましたが、すぐに元に戻りました。前世代のシマノのローター(RT-MT900など)はこういったシチュエーションではしばらくローターがパッドを擦る音がしていたので、従来よりは抑制されているように思えます。ダウンヒルのストレスが減りそうですね。

気になったのは横風耐性。放熱フィンの面積はSM-RT800よりは減っていますが、SwissStopよりは広いので、突風で少しだけ持っていかれる感も。ただ、アルテグラホイールの効果か、決定的に制御が乱れることはありませんでした。

見た目

黒赤党としては、放熱フィンの分だけ銀色成分が増えたのがちょっと気になります。とは言え、前後で6000円を足して重量的に変わらないものを買うのも……うーん。

まとめ

シマノの新型ローターを買ってみた話でした。

とりあえず制動性能は問題なく、軽量化。さらに、高温での一時的な振れも前作比で抑えられており、正常進化と言えそうです。

気になるのは「何kmくらい使えるのか」という点。

関連記事

ディスクロードで約3000km使用したディスクローター(SHIMANO RT-MT900)を、交換のために外しました。 その作業の中で分かったことを記事として纏めておきます。 経緯 先日、SwissStopのディスクローターを買っ[…]

こちらの記事で旧モデルであるRT-MT900の寿命を推定した所、7500km程度(前側のローターの寿命推定)となりました。

ただし、RT-MT900の初期厚は1.80mmで、RT-CL800より0.05mm厚くなっています。0.05mmなんて普通は気にしない程度の厚みですが、使える厚みが0.25mmと0.30mmでは2割の違いがあります。

仮にRT-MT900と同程度の減り方をするとなると、6000km程度しか持たないことになりますが……。何らかの耐久性向上の工夫がされていることを期待します。

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥5,564 (2024/03/04 01:24:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥7,433 (2024/03/04 01:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

著者情報

年齢: 38歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)