TNI LW168 カーボンシートポストを購入

クロスバイク用に、TNIの「LW168シートポスト」を購入しました。実売8000円程度の軽量カーボンシートポストです。

購入まで

先日、クロスバイクのブレーキ周りの改修を実施しました。

関連記事

普段の脚として使っているクロスバイク「GIANT ESCAPE RX3」のパーツがだいぶ古くなってきたので入れ替えを実施しました。 まえがき クロスバイク改修の経緯をまずは書いていきます。 この自転車について 在宅勤務になる前は通勤[…]

大体気になる部分は良くなったのですが、それだけに少し不満に思っていた部分がここに来て気になってきました。

シートポストの不具合

気になったのはシートポストです。

これまで使っていたのは3T「DORICO TEAM」というシートポスト。10年以上前に買ったもので、巡り巡ってクロスバイクに取り付けられていました。

で、このシートポストはどういうわけかネジが緩みやすいのです。チタンボルトだからなのか、既に老朽化しているからなのか。気がつくとサドルがガタ付いていることがありました。

 

もう一つ気になるのが、このヤグラの端のエッジ。普段着で乗るクロスバイクだと、服がこのエッジに引っかかることがあったのです。

一度気になりだすと気にしないのは不可能な性分なので、この機会にシートポストを買い換えることにしました。

こういう時に「他のに替える」って選択肢が取れる汎用シートポストは良いものです。フレーム専用シートポストだと、ヤグラが気に入らなくてもどうしようもないですから。

要件

次のシートポストの要件は以下の通り。

・予算は1万円以下。
・セットバックは20mm以上。
・ヤグラはボルト2本止めのもの。
・ヤグラのエッジが立っていないもの。

クロスバイク用なのでそこまでの予算は割けません。この値段だと必然的にアルミが中心の選択肢になります。

現状のDORICO TEAMがセットバック25mmということもあり、最低でもセットバックは20mm欲しい。

そして、何と言ってもヤグラの安定感と、ズボンを攻撃しない形状であることが重要。街乗り用なので、普段着で乗りやすいものを選ぼうと思いました。

購入候補

created by Rinker
デダ(DEDA)
¥7,810 (2022/05/16 06:42:12時点 Amazon調べ-詳細)

まず目に留まったのは、DEDAのZERO100。

値段も6500円ほどと手頃で、重量も259gと、アルミにしては中々軽量。また、ヤグラの安定性やエッジの丸められ方も悪くありません。

ただセットバックは12mmと少し小さいのが気になりました。私は結構サドルを後ろに引きたい人でして。

次に候補に上がったのは、またもDEDAのZERO2。

セットバックは21mmと十分。ヤグラの作りも良いです。

ただ、重量が285gとアルミシートポストらしい重量です。

そして最後に目を付けたのが、今回購入したTNI「LW168」です。

セットバックは25mm、重量は製品名の通り公称168g。上2つとは違ってカーボン製です。

これだけ軽いのに、実売価格は7700円ほどと、DEDA ZERO100に1000円ちょっと足せば買うことが可能です。

気になったのは、口コミにおけるヤグラの出来。どうも前後にズレやすいらしい。ただ、ヤグラにファイバーグリップを塗ることで解決は可能ではある様子。


そんなこんなで、TNI「LW168」を買ってみることにしました。

ファーストインプレッション

着弾。説明書も箱もない、ビニールに包まれたそっけない梱包。まぁTNIってこんな感じですよね。その分安いし、出どころもしっかりしているのが良い点です。自転車界における「玄人志向」ブランド的なイメージがあります。

重量

実測重量は177g(Φ27.2mm/300mm カットなし)。

公称重量よりは重かったですが、シートポストでこの程度のズレならば良心的です。10-20g平気でズレるものなので。

それまで使っていたDORICO TEAMは230gだったので、53gの軽量化。街乗りクロスバイクなのでそこはあまり気にしていませんが。

見た目

見た目は非常にシンプル。UDカーボンの表地に、目立たない黒いメーカーロゴ。

各部詳細

ヤグラはボルト2本締めの構造。DIXNAのアキレスシートポストのヤグラに似てますね。同じものかもしれません。

 

ヤグラのエッジは立っておらず、ズボンを引っ掛けることもなさそうです。

 

一応、断面もチェック。厚みは均等に見えます。内部もなめらか。

取り付け

Amazonの口コミで「ヤグラが前後に動きやすい」という話は聞いていたので、ヤグラのパーツ同士の接点にファイバーグリップを薄く塗布。

そして、このシートポストにはヤグラのボルトの締め付けトルクの記載がありません。とりあえず5Nmで取り付け。

関連記事

スイスのケミカルブランド・MOTOREXの組付け用ペースト。アルミ・カーボンの接触面の摩擦を増やし、確実に固定するためのケミカルです。 購入動機 昨今、ロードバイクフレームにはシートポストが付属してくることが当たり前になってきています。[…]

ポストには、モトレックスのカーボンペーストを塗布し、シートクランプは5Nmで取り付けました。

実走

取り付け完了。この後、ロゴを隠さないようにテールライトを付けて、とりあえず近所を初乗り。

……が、段差でいきなりサドルが後ろにズレました。Amazonのレビューだと5Nmで問題がないという人がいましたが、その方は65kg。私の体重だともう少し強く締め付ける必要があったようですね。

ということで、改めて6Nmで締め直したらズレなくなりました。ヤグラのズボンへの引っ掛かりもなし。乗り心地も悪くはないです。

まとめ

お手頃価格のカーボンシートポスト。

締め付けトルクが書いていないのはイマイチですが、概ね要件を満たしたシートポストのようです。あとは日常使用で何らか問題が出ないとよいのですが。

さて、ブレーキ・シートポストと来て次はホイールが気になってきましたが……ZONDAでも付けますかね?

 

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)