フレームオーダーの記録 (2本目/2019年 細山製作所 QUARK)

最後に、2本目のフレームオーダーを総括して終わろうと思います。

 

2本目のフレームオーダー総括

2019年2月の納車から2年が経ちました。

 

2021年6月の現時点での「2本目のフレームの満足度」、そして2本のフレームオーダーを通して私が感じた「オーダーフレームの利点」を書いて、この記事のまとめとしたいと思います。

満足度

1本目のフレームは、何点か引っかかるところがあり、仕様変更を繰り返しました。フォークは2回も変更しています。ホイールも3本くらい試したはず。

2本目のフレームは最初に組んだ仕様から何も変わっていません。ホイールをシャマル→レーシング3に変えただけ。

1本目からの仕様変更が見事にハマり、最初から何の不満もない出来に仕上がったわけです。これは「2本目のオーダー」という経験が活きたんだろうと思います。

現時点でも特に直したい部分は無く、ブルベ用・ロングファストラン用として私の理想のフレームに仕上がったと思っています。

3本目のオーダーはあるか?

冒頭に「オーダーフレームは3本目でようやく満足の行くものが出来上がる」という格言を書きました。

私は2本目で満足の行くものが出来てしまったので、今の所は3本目のオーダーフレームは考えていません。ブルベという趣味を続ける限りにおいては、このフレームがあれば十分です。

また自転車趣味の志向が変わってくることがあれば、その目的に合わせてオーダーフレームということを考えるかもしれません。

オーダーフレームの利点

やはり、「目的志向で自転車を作れる」という点が最大の利点ではないかなと思います。

今回の私の場合は「ロングファストラン&ブルベ」という目的がありました。それに対して要件を定義し、達成するためのフレームを作って頂いたわけです。

フィクションサイクルさんの指摘にもありましたが、私が今回フレームに盛り込んだ要件をマスプロメーカーのフレームで探そうとすると多分見つかりません。

具体的には以下のような要件ですが……

・リムブレーキであること(輪行のしやすさ&軽さ)。
・完成車で8.5kg以下に収まること。
・乗り心地が良いこと。
・反応性がそれなりに良いこと。
・26Cタイヤと泥除け(フルフェンダー)が共存出来ること。
・シートポストは27.2mmの円形であること(使いたいシートポストがあるため)。
・ダウンチューブ下にツール缶を付けるためのボトルケージ穴があること。
・カラーリングが赤×黒であること。
これだけの要件をすべて実現しようと思うと、やはりオーダーフレームくらいしか手段はないでしょう。
ただ、現状ですと、最初の条件で選択肢がほぼ無くなるかもしれませんね。マスプロメーカーはリムブレーキのフレームを出さなくなりましたから。
輪行のしやすさやメンテのしやすさ、ホイールの完成度などを考えると、まだまだリムブレーキの方がロングライド用の自転車としては利点があると私は感じています。泥除けの選択肢も多いですし。そういった意味では、リムブレーキのフレームに乗り続けたい人にとっては、今後はオーダーフレーム工房が駆け込み寺になるかもしれません。

具体的なやりたいことはあるけど、それに適したフレームが見つからない。そうした時にはオーダーフレームという選択肢が適していると思います。マスプロフレームを買うよりも時間は掛かりますが、満足のいく一台に出会えるはずです。
関連記事

ロードバイク Advent Calendar 10日目 お世話になったpayanecoさんが面白そうな企画をやっているので、初めて参加させて頂きます。 今回の記事のお題は「オーダーフレーム」。ここでは、フレームビルダーと呼ばれる[…]

↑の記事は、フレームをオーダーする際の注意点だけを抜粋して纏めた記事です。オーダーフレームを考えている方は、合わせてお読み頂ければと思います。

追記(2021/7/18)

書き忘れたことがあったので追記します。

こちらのフレームは、自転車漫画「はやめブラストギア」に登場しています。

玄武王ことカメコの相方、ラビアンの愛車としての登場です。ちなみに、カメコの愛車は妻のフレームがモデルとなっています。

created by Rinker
少年画報社
¥715 (2023/02/02 17:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

登場するのは7巻です。ぜひご覧ください。

著者情報

年齢: 36歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: BIANCHI OLTRE XR4

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)