RD-R8000のSS/GSの見分け方

  • 2021年9月22日
  • 2021年9月22日
  • コラム
  • 650View
  • 0件

アルテグラグレードには2種類のリアディレイラー(SSとGS)があります。

一見、区別が付かないほどに似ているんですが、本記事ではその見分け方を紹介します。特に見分け方を知ったところで役には立たないかもしれませんが、豆知識ということで。

SS/GSの見分け方

先日、新型アルテグラ(R8100シリーズ)が発表されましたが、今回はR8000シリーズの話です。

RD-R8000 見分けクイズ

先日、Twitterでこんなクイズを出しました。

こちらの写真は、GUTTIさん提供のもの。別の場所で「この2枚の写真の差がわかるか?」という話になったんですが、それが面白かったのでTwitterでも話に出してみました。

 

拡大写真です。

 

アンケートの結果はこうなりました。さて正解は……?

回答

正解はは、「1枚目: ロング、2枚目: ショート」でした。

 

正解率は高く、68%もの方が正解。結構難しいかと思ったのですが、機材に詳しい方が多かったようですね。

ちなみに、ロングケージは34Tまで、ショートケージは30Tまでのスプロケットに対応します。

見分け方のポイント

R8000シリーズの一つ前の世代のアルテグラである6800シリーズでは、ロングケージとショートケージは一目瞭然と言えるくらいプーリーケージの長さが違っていました。

しかし、R8000シリーズでは、ひと目では中々区別ができないほど見た目が近くなっています。ショートケージ側の対応するスプロケサイズが30Tまで拡大したことで、プーリーケージの長さにあまり変化が無くなったんですね。

それでも一応、見分けるためのポイントがあります。

 

矢印の部分、プーリーケージの曲がり方異なっています。

ロングケージは「く」の字に途中から曲がっていて、ショートケージは曲がらずに真っすぐ伸びている点が違いです。

まとめ

RD-R8000のショート/ロングの見分け方のポイントの紹介でした。


元々私がこの差に気づいたのは、妻のOLTRE XR4が納車されて初めての輪行ツーリングに行った時でした。

輪行をする際に、ホイールが中々外れなくて手間取る妻。それまでカンパを使っていた妻は「シマノは輪行がしづらい」とのコメント。いや、そんなことは無いだろう……と思って私が代わりにホイールを外してみようとするんですが、確かに硬い。

この感触には覚えがありました。6800シリーズのロングケージのリアディレイラーのホイールを外す時の感触に似ていたのです。ロングケージのリアディレイラーはスプリングのテンションが高いためか、ホイールが外しにくいんですよね。

ネットで検索してRD-R8000-SSとGSの写真を見比べてみると、プーリーケージの形状が違う。妻のOLTRE XR4にはロングケージのRD-R8000が付いていたわけです。

しかし、自転車を組んでもらう時に、確か私はショップ側に「ショートケージで」と依頼をしたはず。ブルベでは(よほど酷いコースで無い限りは)30Tが使えれば十分。輪行の時にホイールが外しにくさや、重量を考えるとショートケージで十分と考えました。

後日、ショップで事実確認。確かにオーダーシートではショートケージとなっていました。そして組んだ時の空き箱一式も残っていたんですが、箱には「SS」にチェックが付いていました。恐らくはシマノの梱包ミスだったのでしょう。それくらい見分けにくいということです。

とはいえ、ショップの方も現物を確認してロングケージであることが分かったので、無償でショートケージに交換して頂けることになりました。輪行時にホイールを外しにくい問題も解決。


シマノ自身も間違えてしまうほどの類似っぷりですが、この特徴を知っていれば見分けられるはずです。

ちなみに、デュラエースにはロングケージはありません。ショートケージだけです。次期アルテグラのR8100シリーズはSSとGSの区別はなくなり、デフォルトで34T対応になるようですね。

 

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)