スマホからGoogleマイマップを作る方法

この記事は約 5分で読めます。

出先でスマートフォンを使ってGoogleマイマップを作成し、ルート作成サイトで作ったルートデータを取り込む方法の紹介です。

以前は「マイマップ」というアプリがあったようですが、現在は配信終了。今回はブラウザから作成する方法を紹介しています。

目次

まえがき

本記事では、下記の事項を達成する方法を紹介します。

・スマホ上でマイマップを新規作成する。
・ルート作成サイト(RideWithGPSやStrava等)で作っておいたルートデータを、作成したマイマップに取り込む。
・マイマップをGoogleマップアプリで表示する。

この方法に必要な事前準備

下記の事前準備が必要です。

① Googleアカウントを持っていること。
② ルート作成サイトで、あらかじめルートが作成済みであること。

この方法が必要になった理由

そもそも、なんでこんな方法が必要になったか。

関連記事
BRM723宗谷岬600 走行編③ PC2:天塩~PC3:稚内 天気に恵まれた第二区間が終了。ただ、向かい風に阻まれて予定よりも遅い進行です。 【PC2:天塩~PC3:稚内】 サロベツ原野の手前の天塩PCに到着しました。 PC2に到着 14...

先日のブルベでGPSサイコン(eTrex30)に入れていたルートデータが制限よりもポイント数が多く、サイコン上のマップのルートが途切れるというアクシデントが発生しました。

主催者が指示するルート通りに走る必要があるブルベでは、マップ上にルートが表示できないと結構困るのです。

cyclowired
ガーミン EDGE530でナビ利用を開始 その手順をおさらいしよう - ガーミン EDGE530を使ってみる Vol.4 ガーミンのサイクルコンピューター「EDGE530」を購入したメタボ会長のために、編集部員がEDGE530の使い方を勉強した内容をまとめてお届けする。今回はいよいよスマホを使い...

昨今のGPSサイコン(Edge530やiGS30)であれば、スマホアプリからルートデータを直接転送できる機能が存在しますが、eTrexは古い機種なのでそういった機能がありません。

Googleマップにルートを表示できないか?

そこで思いついたのが、「Googleマップアプリに、ブルベのルートデータを表示する」という方法です。

Googleマップアプリでは「現在自分がどこにいるか」を地図上に表示可能。そこにルートデータを表示できれば、ルートと自分の位置関係を把握できます。

Googleマップアプリ上にルートを表示するためには、「マイマップ」という機能を使う必要があります。果たして「スマホのみでマイマップを作成できるのか」「スマホからマイマップにルートデータを取り込めるのか」といった点が疑問でしたが、何とか可能ではありそうでした。

結局、その時のブルベでは1日目を記憶とキューシートで乗り切り、2日目をこれから書く手順でマイマップを作って乗り切りました。

作成手順

今回はルート共有サイトの「RideWithGPS(以下、RWGPS)」からルートデータをダウンロードし、それを元にGoogleマイマップを作成するケースで手順を紹介します。

ルートページを開く

マイマップに読み込ませたいルートのページをブラウザで開きます。

 

アプリではなく、ブラウザで開いて下さい。RWGPSは、ルートデータをファイルでダウンロードするメニューがアプリ側に用意されていないのです。

あわせて読みたい
宮ヶ瀬一周(サイト: RWGPS(補正あり)/地図ソース: RWGPS) 17.5 km, +294 m. Bike ride in 相模原市, 神奈川県

今回は上記ルートをサンプルとして使います。

ルートデータをダウンロードする

画面右上の「More」をクリックし、メニューを表示させます。

 

「Export as File」を選びます。

 

フォーマットとして「kml」を選択し、「Download .kml File」ボタンを押下します。GoogleMapにインポートするのにはkmlが適しているため、この形式を選択しています。

 

スマートフォンのDownloadフォルダに、kmlファイルがダウンロードされます。

Googleマイマップを新規作成

Googleマイマップにアクセスします。アクセスするには、Googleアカウントでログインしている必要があります。

 

画面右下の「+」ボタンを押します。

 

中身が空っぽのマイマップが新規作成されます。

ルートデータを取り込む

画面左上の「凡例」ボタンをタップします。

 

地図の編集メニューが表示されるので、「インポート」をタップします。

 

「デバイスのファイルを選択」をタップして、Downloadフォルダ内のkmlファイルを指定します。

 

kmlファイルのアップロードが完了しました。

「無題の地図」という箇所をクリックすると、マイマップ名の変更が可能です。後から探しやすくするために、分かり易い名前をつけます。

 

今回はマイマップ名を「宮ヶ瀬湖一周」としました。

 

このように、マイマップ上にkmlファイルで指定したルートが表示されるようになります。

Googleマップアプリでマイマップを表示する

マイマップを作成する利点として、スマホ用地図アプリのデファクトスタンダードである「Googleマップ」アプリ上にルートを表示できる事が挙げられます。

Googleマップアプリを使うと、現在地とルートの関係性も分かりますし、目印として登録したポイントも表示可能になります。

 

Googleマップアプリを開き、下のメニューから「保存済み」を選択します。表示されたページの下部に「マイマップ」のアイコンが出るので、そちらをタップ。

 

すると、作成したマイマップ一覧が表示されます。Googleマップアプリ上に表示したいものをタップします。

 

Googleマップアプリ上でも、マイマップのルートデータが表示可能となりました。

まとめ

スマホ上のみでマイマップを作成し、外部で作成したルートデータを取り込む方法の紹介でした。

出先でGPSサイコンに入れたルートデータが壊れていた時は、この方法を使うことでGoogleマップアプリを簡易サイコンとしても使えるようになります。

また、Googleマイマップは公開範囲を編集すれば、他の人が使うことも可能です。仲間内でのルート共有にも使えます。

こういったGarminマウントに取付可能なアダプタをスマホケースに取り付けておけば、そのままサイコン的に使うことも可能なはずです。

ただし、Garminマウントに対してスマホは重すぎる気がするので、破損のリスクがあることをお忘れなく。

著者情報

年齢: 38歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次