La routeでインタビューを受けました

会員制自転車メディア「La route」にインタビューを頂き、その記事が掲載されました。

テーマは「東京~大阪キャノンボール」です。

記事について

インタビューをまとめた記事はこちらです。

La route

東京から大阪、その距離およそ520km。通常なら3〜4日かけてのぞむようなロングライドだ。しかし自らに24時間というタイ…

テーマ

インタビューの内容は、このサイトのテーマでもある「東京~大阪キャノンボール」です。

キャノンボールの歴史と現状、そして攻略法など、一つのテーマに対してたっぷり4時間ほど語らせて頂きました。

総文字数は10000文字超と、記事に起こしてくださったライターの高山さんもかなり大変だったと思います。(手前味噌ですが)とても読み応えある記事に仕上げて頂きました。

興味ある方は是非ご覧になっていただければと思います。

La routeについて

会員制の自転車メディアです。

月額550円。契約期間中は記事は無制限で読むことが出来ます。月末締めではなく、契約した日から一ヶ月後に再度課金が発生します(契約は自動更新)。

「忖度のない自転車メディア」を標榜しており、かなり正直なインプレッションや相当マニアックな機材記事など、自転車について深く考えたい人に向くメディアだと思っています。

インタビュー記事も充実しており、今回はその一つとしてインタビューをして頂きました。

関連記事

会員制自転車メディア「La route」にて昨日公開された記事【薄くて深い「表面処理」の世界(番外編Vol.02)】が素晴らしかったので紹介致します。 La routeの紹介 まずはこの記事で取り上げる「La route」というサイトに[…]

私は個人的にもこのサイトの記事が大好きで、オープン以来ずっと会員登録を継続しています。興味深い記事が公開された際には、当ブログでも記事で取り上げさせて頂きました。

当日の様子

せっかくなので、当日の話を少し。

 

インタビュー場所は、狛江のLa route編集部。

毎年行っている「キャノンボールワークショップ」の発表資料を事前に編集部へ送付させて頂きました。毎年使っている資料で、結構内容がまとまっているのです。当日も発表資料を元にお話をさせて頂きました。

 

しかし、安井さんからインタビューを受けることになろうとは、数年前には想像もしていませんでしたね。

記事の方にも少し書いてありますが、私が自転車パーツのレビューを書こうと思ったのは安井さんの影響が大きいのです。

私がサイスポで安井さんの記事と出会ったのは2010年頃。インプレ文学とも言うべき婉曲表現の多い自転車メディアの中で、安井さんの文章はユーザー目線で何とか物事をストレートに伝えようとする意志を感じました。私も自転車パーツのインプレを書くなら安井さんみたいに率直な文章にしよう……と思い、ある時からレビューの執筆を開始。いわば心の師匠です。

そんな心の師匠からのインタビュー依頼。非常に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

インタビューが終わったのはそろそろ日付が変わる頃。気温も相当低かったのですが、テンションが上がっていて全く寒く感じませんでした。

まとめ

途中から思い出話になってしまいましたが、主題はインタビュー記事です。

有料サイトではあるのですが、読んでいただけると嬉しく思います。今回のインタビュー記事の他にもマニアックで面白い記事が沢山ありますので、この機会に是非。会員期間中はサイト上の記事が過去記事含めて閲覧可能です。

今回はインタビューを受ける側でしたが、機会があれば是非「記事を書く側」にもなりたいですね。

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)