ONYXハブ、届く

注文から約5ヶ月、ようやくONYXハブがショップに届きました。

これまでの流れ

今年6月、妻が「ピンクの手組みホイールが欲しい」と言い出しました。

SPINERGYのホイール

昨年、妻が購入したOltre XR4。そちら用にあつらえたのがSPINERGYのカーボンホイール。ただ、カーボンリムの制動特性に妻は慣れることが出来ず。

 

そこで暫定的に私のシャマルウルトラを貸し出したわけですが、その走行性能が気に入った様子。ただ、自転車に占めるピンク色の割合が減ってしまったことは納得がいっていなかったようです。

現状、ピンクカラーを持つ完組のリムブレーキホイールはSPINERGYくらいしか選択肢がありません。

ただ、SPINERGYのアイコンであるザイロンスポーク(繊維を数百本束ねている)は乗り心地こそ唯一無二ですが、力の伝達や空力の点では性能が少し落ちる特徴があります。

ONYXという選択肢

出来れば金属スポークで、ピンクを含んだホイールを実現したい。

自転車を通して「くらし」「スポーツ」「レジャー」を支えてもうすぐ100年、これからも環境にやさしく、健康的な自転車ライフ…

そこで選択肢として浮上してきたのが「ONYX」のハブでした。

ONYXは手組みホイール用のハブを主力製品とするメーカーです。ロード界隈では知名度が高くありませんが、BMXでは多くのトップ選手が使うメーカーでもあります。

手組みホイール用のハブでピンク色を用意しているメーカーはいくつかあります(CHRIS KING、PHILWOOD、GOKISOなど)。ただ、これらはいわゆる金属的なピンクです。アルマイト的というか。

妻としてはOltre XR4のような、「のっぺりとした蛍光ピンク」が欲しかったようで、その選択肢が取れる手組みハブは現状ONYXのみでした。

店長日記

突然ですけど、ONYX Racing P……

しかしそんなマイナーメーカーのハブを取り寄せて組んでくれる店が近くにあるかな……と思いつつ検索してみると、一番上に表示されたのは行きつけの店である「サイクルキューブ」のブログでした

ONYXハブのホイールに試乗

関連記事

アメリカのハブ専門メーカー「ONYX RACING PRODUCTS」のハブを試す機会を得たので、その感想を書き残しておきます。 試乗の経緯 「なぜ試乗をすることになったか」が結構長い話なので振り返ってみます。 カラーオーダーが出来る[…]

サイクルキューブに行ってみると、「試乗用のホイールがありますよ」とのことで、乗ってみることに。

これが非常に面白かった。漕ぎ始めるとすぐにホイールに力が伝達される感触が唯一無二。

 

そして、私の自転車に合いそうなキャンディーレッド塗装が存在することも分かりました。

ONYXハブ、注文

あれよあれよと話が進み、妻と私で2個のONYXハブを注文することになりました。

関連記事

勢いのまま注文してきました。 注文まで 先日、↓の記事を書きました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://cannonball24.com/test-drive-with-onyx-hub/ t[…]

ここまでが今年7月の出来事。

約5ヶ月が経過した12月、ようやくショップにONYXハブが入荷したとの連絡がありました。

サイクルキューブ店長からは注文時に「年内に来れば良いかなと思ってます」とは言われていましたが、ホントにその通りになりました。

ほぼ受注生産とのことで納期の長さは覚悟していましたが、それくらいは掛かるということですね。

ご対面

ホイールの形になる前に一度、単品のONYXハブを見てみたかったので、本日ハブを見にサイクルキューブに出向きました。

 

こちらがONYX Vesper ROADハブ(Candy Red)です!

色味

PC画像だと赤は圧縮時にくすんでしまうのでイマイチな色に見えるかもしれませんが、実物の発色は良かったです。粉体塗装のキャンディーレッドだそうで、手が込んでそう。

 

赤の色味は、色見本よりも若干オレンジよりという感じ。HTMLのカラーコードで言えば「#FF4500」的な。

私のフレームカラーは同じくキャンディーレッド指定で塗ったものですが、若干黒が入ったワインレッド。少し色味は違いますが、遠目で見れば分かりません(多分)。

 

なお、妻の方は見本通りの「のっぺりとした蛍光ピンク」でした。

重量

前輪用ハブは85g(20H)。

公称重量が95gなので、10gほど軽量でした。妻の方も似たような重さなので、誤差というわけでは無さそう。

 

後輪用ハブは390g。

こちらの重量は公称値と一致。独自機構が入っているので重量級のハブですが、パワータップSL+よりは軽い(G3よりは重い)。

 

参考までに、同時入荷していたディスクロード用ハブの重量も紹介。

驚いたのは、後輪用ハブがリムブレーキ用より軽いこと。普通ディスク用ハブはセンターロック台座の分だけ重くなるんですけどね……不思議。

ホイール仕様

最終的に、このハブを使ったホイールの仕様は以下でお願いすることにしました。

リム: PAX PROJECT「AR30W」「AR30W-R」
スポーク: SAPIM「CX-RAY BLACK」
ニップル: DT SWISS「アルミニップル(赤)」
組み方は、フロントはラジアル、リヤは双方タンジェントという一般的な組み方で。
デカールは少し黒めの赤でお願いしました。ニップルも赤なので、なかなか派手な見た目になりそうです。
予想重量は1700gを切るか切らないかと言ったところです。
妻もリム以外はほぼ同じ構成。リムはTNIのAL22Wを選ぶため、私よりも100g程度軽くなる想定となっています。

こんな箱に入って届きます。

まとめ

ONYXハブ注文から5ヶ月、ようやく届いたことを報告する記事でした。

今やあらゆる自転車部品が不足していますが、リム・スポーク・ニップルは全て確保できたとのこと。あとは組み上がりを待つのみです。

恐らく今月中には組み上がるはず。早く乗ってみたいですね。

……しかし、ホントにスプロケが売ってないですね。在庫不足が深刻というのは本当のようです。

著者情報

年齢: 37歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)