【レビュー】DAVOS「キャリア用フロントスルーアクスル」

この記事は約 6分で読めます。

評価:4.5

フカヤのオリジナルブランド「DAVOS」の販売する互換スルーアクスル。

スルーアクスルの六角穴の内部にM5のネジが切られており、キャリアや泥除け用を後付けすることが出来ます。

目次

購入動機

ディスクロードのハブ軸にライトを増やそうと思い、下記のマウントを購入しました。

関連記事
【レビュー】KCNC「スルーアクスル ライトアダプター」 ハブ軸にライトをマウントするためのアダプタ。6mmの六角穴を持つスルーアクスルシャフトに対応します。 【購入動機】 ディスクロードのINFINITO CV用に購入しました。 ...

コツさえ守ればそれなりの安定感はあったものの、少しでも緩めば脱落してしまう構造なので、ロングライドで使うことには少し抵抗がありました。

そこで思い出したのが、このDAVOSのスルーアクスルです。

この製品はキャリア用ですが、ネジ止めのライトマウントであれば取り付けが可能なはず。値段も高いものではないので、とりあえず一本買ってみることにしました。

なお、本製品はネジピッチでバリエーションが3種類あります

  1. M12×100mm/ピッチ 1.0
  2. M12×100mm/ピッチ 1.5
  3. M12×100mm/ピッチ1.0ダブルリード2N

私のフレームのスルーアクスルはネジピッチ1.5mmなので、②を購入しました。

関連記事
ディスクロードにおける互換スルーアクスルの選び方 以下の記事の続きの内容です。 ディスクロードに起こった異音の原因は、フレームに付属していたスルーアクスルでした。 リムブレーキのロードバイクならば、クイックリ...

その辺りの互換スルーアクスルの選び方はこちらの記事を参照してください。

製品概要

実測重量は38g(シャフト本体+2mmスペーサー×2枚)。

軸の径は12mm、ネジピッチは1.5mm、軸長は125mm。エンド幅100mm用ですが、相場よりも少し長めです。

同梱されているのは以下。

・平スペーサー(2mm)×2枚
・テーパースペーサー×1枚
・短ボルト×2本
・長ボルト×2本
・ワッシャー×6枚

使用感

E-Thru形式のエンドを持つディスクロードに取り付けて、ライトマウント用の台座として使用しています。

重量

割りとズッシリしているように感じますが、アルミ製ということでそれほど重くありません。シャフトだけで37g、スペーサー2枚追加で+1g。スペーサーはアルミ製で軽いです。

レバーなしのスルーアクスルとしては標準的な重量と言って良いと思います。レバーありだと、フロント側で50gくらいが普通です。

関連記事
【レビュー】Brand-X「Bolt Thru Axle」 恐らくイギリスのブランド思われる「Brand-X」の汎用スルーアクスル。レバーの付いていないタイプです。 【購入動機】 詳しい購入動機は下記の記事に書いています。 か...

それまで使っていたBrand-Xのスルーアクスルは本体だけで31g、ステンレススペーサー2枚で+6gで37g。重量としては1gの増加で済んでいます。

取付

本製品の軸長は125mmあります。私のフレームに最適な軸長は120mmなので、スペーサーを使わないと5mm先端が外に出てしまいますが、付属の平スペーサーを2枚入れると、上記の写真のように少し飛び出すだけで済みました。

だいたいディスクロードのフロント側スルーアクスルの軸長は120-125mmの範囲に収まるので、ほとんどの場合は付属のスペーサーで適したセッティングが可能なはずです。

ただ、メリダやサーベロが一時期採用していたRATのスルーアクスルをねじ切りに変換していたりすると、本製品では軸長が足らなくなると思います。

剛性感

私はスルーアクスルで反応性とか乗り心地が割りと変わると思っています。

created by Rinker
OnebyESU(ワンバイエス)
¥4,400 (2024/04/13 14:54:28時点 Amazon調べ-詳細)

こういった、途中から細くなっている軽量スルーアクスルを一時期使っていましたが、剛性感が下がる気がしました。ハブとの接触面積が減る影響だとは思うのですが。

本製品は割りと無骨で、途中から細くなってはいません。剛性感の低下は感じられませんでした。

別パーツの取付

本製品は、6mmの六角穴の奥に、M5のネジ穴が内蔵されています。両端にネジ穴があるので、泥除けやキャリアの取付にも使用可能です。

関連記事
【レビュー】KCNC「ライトアダプター」 ハブ軸にライトをマウントするためのアダプタ。クイックリリースのナットの代わりに使います。 スルーアクスル用もありますが、今回レビューする製品はクイックリリース...

今回はこちらのライトアダプターに、本製品に付いてきたボルトを組み合わせてライトマウントを作成しました。

こんな感じです。

本製品のエンドのネジ穴に、ボルト部分をねじ込んで完成です。

関連記事
【レビュー】KCNC「スルーアクスル ライトアダプター」 ハブ軸にライトをマウントするためのアダプタ。6mmの六角穴を持つスルーアクスルシャフトに対応します。 【購入動機】 ディスクロードのINFINITO CV用に購入しました。 ...

やりたいことは↑の記事の製品と同じなのですが、こちらは少しでもネジが緩むと即脱落する可能性があります。

その点、ねじ込んで固定するキャリア用スルーアクスルを使う方式では、多少緩んでもすぐに脱落はしません。脱落する前にガタガタ音が大きくなるので気づくはずです。その方が安全。

安定感は高いです。もともと、更に重いキャリアの台座とすることを想定しているので、せいぜい150g程度のライトではビクともしませんね。

わざわざ自作しなくても、NITTOのランプホルダーには最初からM5のネジが付いているので、そちらを使っても良いでしょう。ただ、KCNCのライトアダプターを使うと、16gで済みます(NITTOランプホルダーは55g)。

まとめ

ダボ穴の少ないディスクロードに色々増設可能なスルーアクスルシャフト。

泥除けもライトマウントも未だにクイックリリースを前提にしていることが多くて、スルーアクスルのディスクロードは後から増設するのが色々大変。それを解決する方法を提供してくれます。

ネジピッチも3種類、テーパーのスペーサーも付属するので、かなり多くのディスクロードフレームに使用可能なはずです。

あまり重いものを付けるのは不安ですが、ライト程度の重量ならば全く問題ないはず。現状では、スルーアクスルのハブ軸にライトマウントをする方法としては、本製品を使うのがベストだと思います。

値段も安いですし、使い方も多彩。良い製品だと思いました。

しかしこの製品ほど「ダボス」というブランド名を体現した製品は他にないのではないでしょうか。DAVOSはスイスの都市名ですが、自転車にキャリアや泥除けを付けるためのネジ穴である「ダボ穴」の意味も含んでいるはず。ダボ穴を追加できるこのアイテムは、まさにそのブランド名にピッタリですね。

評価

対象モデル:  DAVOS「キャリア用フロントスルーアクスル」
年式: 2022年
定価: 1760円(税込)
購入価格: 1540円 (税込)
公称重量: 不明
実測重量: 38g

価格への満足度

9/10

非常に安い。

総合評価

9/10

マウント増設の難しいディスクロードの救世主。

著者情報

年齢: 38歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

 

 

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次