【レビュー】ErgoGrip「U-121」

評価:5

ErgoGripの自転車用グローブ。指の第二関節部分までをカバーする「ミドルフィンガー」グローブです。

購入動機

以下のモデルが素晴らしかったので、しばらく愛用していました。

関連記事

ErgoGripブランドのミドルフィンガーグローブ。手のひらのグリップと、パッドの配置に特徴があるブランドです。 購入動機 「3つの"ル"を重視すべき」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。 3つのルとは、以下のものを指[…]

2セット持っているのですが、くたびれて来たので買い替えを決意。

御徒町のワイズロード ウェア館に行くと、EBK-902は既に販売されておらず、店に合ったのは本製品(U-121)でした。

パッドの配置や、第二関節までカバーする作りはEBK-902と同じだったため、「後継版だろう」ということで購入しました。

製品概要

Mサイズで左右実測重量は33g。

カラーバリエーションは以下。

・ブラック
・レッド
・ホワイト

EBK-902の後継版だと思っていたのですが、ErgoGripのサイトに本製品は見当たりません。そして、通販サイトでは「UVEX」の製品として販売されています。もしかしたら後継モデルではなく、UVEXの依頼で作られたOEM製品なのかもしれません。

販売元もUVEXになっているし、そういうことなんでしょう。

使用感

冬以外のメイングローブとして使っています。レースもロングライドも基本はコレです。秋口はインナーグローブと組み合わせて使っています。

フィット感

EBK-902よりもストレッチする素材を使っており、その分サイズは小さくなっています。EBK-902と同じサイズでもフィット感は高め。

そもそもこの製品は「指を軽く曲げた状態」の形に縫製されていますが、より強く握りこんだ場合にも追従するようになりました。

握った状態だとシワが寄りませんが、手のひらを開くとシワが寄ります。これぞ立体縫製。

グリップ

手のひらの素材は、よりグリップ力のあるゴムのような質感の素材に変更(合皮らしい)。かなり滑りにくいですが、バーテープへのダメージも大きい気はしています。

パッド

パッドの配置に関してはEBK-902を継承。小指の付け根のやや下あたりにパッドがあり、尺骨神経を保護してくれます。

その他

汗拭き用のパイルについては、EBK-902同様に申し訳程度。起毛していないのであまり汗を吸ってくれません。ここは改善して欲しかった。

グローブを取り外すための取っ手も付いています。

まとめ

フィット感や手のひらのグリップ感は上がり、順調にバージョンアップしている印象です。

1つ目の購入から3年が経過してヘタってきたため、先日2つ目を購入しました。

2015年からは、第三世代?と思われる「U142」が発売されています。本製品は手首部分のマジックテープが手の甲側にあるのですが、U142では手のひら側に来ている模様。一体どんな効果があるのか解りませんが……そのうち買って使ってみる予定です。

評価

対象モデル:  ErgoGrip「U-121」
年式: 2014年
定価: 3600円(税込)
購入価格: 3600円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 33g(Mサイズ)

価格への満足度

8/10

凝った作りの割にそこまで高くない。

総合評価

10/10

個人的には夏用グローブとして最高評価。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。

 


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)