【レビュー】ErgoGrip「U-143」

評価:2

ErgoGripのフルフィンガーグローブ。厚手のパッドを採用したタイプです。

購入動機

「東京糸魚川ファストラン」の抽選会で当選したので頂きました。

ErgoGrip製品は、これまでに三種類を買うほど気に入っています。

関連記事

ErgoGripブランドのミドルフィンガーグローブ。手のひらのグリップと、パッドの配置に特徴があるブランドです。 購入動機 「3つの"ル"を重視すべき」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。 3つのルとは、以下のものを指[…]

関連記事

ErgoGripの自転車用グローブ。指の第二関節部分までをカバーする「ミドルフィンガー」グローブです。 購入動機 以下のモデルが素晴らしかったので、しばらく愛用していました。 [sitecard subtitle=関連記事 url[…]

関連記事

ErgoGripの自転車用グローブ。立体裁断で、手を握った形にカットされているのが特徴。 購入動機 ErgoGripのグローブが好きで、以下の2モデルを使ってきました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

これまで使っていたのは指抜きのグローブでしたが、今回頂いたのは初のフルフィンガー。一体どんなものかと期待していたのですが……。

製品概要

実測重量は、左右で51g(Mサイズ)。フルフィンガーとしては軽め。

ErgoGripの製品は、薄手のパッドを使用したタイプ(特に呼称なし)と、厚めのパッドを使用したタイプ(シックパッド)があります。本製品は後者の製品で、ロングライド向けとされています。

使用感

春と秋の隙間シーズンに使用しています。

フィット感

相変わらず、立体縫製のおかげでフィット感は抜群。

ハンドルを握る時の形に合わせてカットされているので、握りこむ時もストレスはありません。

グリップ感

ブランド名にもなっているように、グリップ力の高さはかなりのものです。

防寒性

正直、防寒性は高くありません。下限は高くて8度といった所でしょう。指先がゴムになっている&フィットしているので、外の冷気がすぐに入ってきてしまいます。

蒸れ

これが一番の問題でした。このフルフィンガーグローブ、指先の部分がほぼ完全にゴム風の生地(以下、ゴム)に包まれているのです。

裏地には布が貼ってあるので、直接ゴムが手に触れるわけではないのですが、このゴムは透湿性がほぼありません。指先だけがゴム手袋をつけた状態になり、かなり蒸れます。指抜きグローブだと全く気にならなかったのですが、フルフィンガーだとここまで湿気が抜けないとは。

湿気が抜けない上に冷気が入ってくるので、指先だけ集中的に冷えます。

パッドの配置

これも不満な点。私はErgoGripの従来のパッド配置が好きだったのですが、本製品で採用されているシックパッドはごく普通のパッド配置となっています。

小指の付け根あたりを保護したい私にはちょっと残念な配置でした。

まとめ

ErgoGripをこれまで数年使ってきて、一番残念な製品でした。指先のグリップが良いのは結構なんですが、フルフィンガーである以上は透湿性も考えないと不快になる上に冷えを招きます。

これを使うくらいなら、同社の指抜きグローブに、薄手のインナーグローブを合わせたほうが快適なはずです。

評価

対象モデル:  ErgoGrip「U-143」
年式: 2016年
定価: 不明
購入価格: 0円(景品)
公称重量: 不明
実測重量: 51g(Mサイズ)

価格への満足度

(景品なので評価対象外)

総合評価

4/10

指先の処理をもっと考えて欲しかった。

レビュアー情報

年齢: 32歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)