【レビュー】Fabric 「Scoop Radius Race」

この記事は約 5分で読めます。

評価:4.5

Fabricのscoopサドルシリーズのうち、最もパッドが厚いRadius。

グレードはRACEで、上から3番目。ナイロンシェル・チタンレールのモデルです。

目次

購入動機

ここ6年ほどは、Fabric「Scoop Radius Pro」をブルベ用のサドルとして愛用しています。

関連記事
【レビュー】Fabric 「Scoop Radius Pro」 Fabricのscoopサドルシリーズのうち、最もパッドが厚いRadiusのレビューです。グレードはPROで、上から2番目。ナイロンシェル・カーボンレールのモデルです。 【購入動...

2-3年くらい使うとヘタる感触があるので、現在のScoop Radius Proは二代目です。

Fabricのサドルが市場から消えつつある?

2023年1月当時、そろそろScoop Radius Proの予備を買っておこうと思ったところ、ほとんどのサイトで在庫がなくなっていることに気づきました。

そして検索してみると囁かれる「Fabric廃業」の噂。確からしいソースは見つかりませんでしたが、Fabricのサドルが市場から消えつつあるのは事実でした。

現状、市場にある中で一番お尻に合うサドルがFabric Scoop Radiusなので、これが消えると困ります。

とりあえず、手に入るうちに予備を買っておくことにしました。

Scoop Radiusサドルのグレード

Scoop Radiusサドルには以下の5グレードがあります。

グレード レール材質 ベース材質 公称重量
ULTIMATE カーボン カーボン 180g
PRO カーボン ナイロン 194g
RACE チタン ナイロン 250g
ELITE クロモリ ナイロン 256g
SPORT スチール ナイロン 350g

これまで使っていたのはセカンドグレードの「PRO」でしたが、2023年1月段階ではどこのサイトも在庫切れでした。

そこで目をつけたのが、サードグレードの「RACE」。PROとの違いは、レールの材質のみ。

カーボンと言えば乗り心地が良いイメージがありますが、カーボンレールのサドルは一般的に乗り心地が硬めです。FabricのカーボンレールはFizikと比べると割りとしなやかで乗り心地が良いのですが、それでもチタンレールに変えた場合には少し乗り心地が良くなるのではないか?という期待もありました。

購入

ということで、Amazonにて購入。

1万円ほどと、チタンレールで有名ブランドのサドルとしては安かったです。

それまで使っていた「PRO」グレードもまだまだヘタってはいなかったのですが、せっかく購入したので「RACE」グレードを取り付けて試してみることにしました。

製品概要

実測重量は256g。

サドルのベースはナイロン、レールはチタン製です。

ベースの色は黒・青から選べます。

使用感

スチールフレームである、FTB QUARKに取り付けて使用しています。シートポストは、BontragerのXXX Seatpostです。

しばらく使ってみて特に不都合がない&サドル交換によるポジションの変更を嫌い、2023年8月のPBPでもこのサドルを使用しました。

外観

表面のカバー部分はマイクロファイバー製で滑りにくくなっています。

チタン製のレール。

重量

公称250gで、実測256gでした。

実測重量は一つ下位のモデルであるELITEグレードと同等。個体レベルでは逆転している場合もあるかもしれません。

PROグレード比較で56g重く、多少自転車の振りが鈍重になった感じはあります。

とはいえ、それはサドルバッグを付けなかったときの話で、大型サドルバッグを付けてしまうブルベでは無視できるくらいの差ではあります。

乗り心地

それまで使っていたPROグレードとの変化が見いだせませんでした。

ベースも同じで表面の生地も同じ、違うのはレールだけ。

「レール素材で乗り心地に差が出るのでは?」と推測していましたが、私には分かりませんでした。

Fizikのサドルでカーボンレールとkiumレールでは乗り心地に明確な差がありますが、やはりFabricのカーボンレールはしなやかであるということなのでしょう。

2019年のPBPは「PRO」グレード、2023年のPBPは「RACE」グレードで走りましたが、快適でした。

まとめ

PROグレードと、重量以外では特に差分を感じないサドル。ブラインドテストをしたら全く判断が付きません。

乗り心地は良く、ロングライドに向くでしょう。Fizikのアリアンテが好きな方にはおすすめです。


そして「Fabric廃業」の噂ですが。2023年6月に、こんな話が明らかになりました。

元々、Fabricとキャノンデールは同じグループだったはずですが、どうもキャノンデールの傘下に入ったように見えます。

キャノンデールサイトより引用

Fabricのロゴがキャノンデールに変更にはなっていますが、構造は特に変化せずに継続しているようです。

供給は続きそうなので安心しました。ただ、ラインナップはかなり整理されちゃいましたね。

評価

対象モデル:  Fabric「Scoop Radius Race」
年式: 不明
定価: 不明
購入価格: 9800円 (税込)
公称重量: 250g
実測重量: 256g

価格への満足度

8/10

作りは良く、その割に安価。

総合評価

9/10

重量が少し重い以外は満足なサドル。快適。

著者情報

年齢: 39歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: BIANCHI OLTRE XR4(カーボン), QUARK ロードバイク(スチール)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせていただきました。

記事のシェアはこちらから
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)

目次