【レビュー】FFWD「F6R Carbon Tubular」

評価:3

FFWDのチューブラーホイール。60mmハイトで、FFWDオリジナルハブを採用したモデルです。

購入動機

2011年の新東名レースのために購入。

60mmカーボンチューブラーで80000円台ということで、思い切って買ってしまいました。

ハブによってグレードが分かれており、このレビューは一番下位のFFWDオリジナルハブモデルのものです。DTの240Sハブではありません。

製品概要

実測重量は1350g。チューブラーリムです。

リム素材はカーボンで、ハイトは60mm。「F6R」の「6」は、ハイトが60mmであることを表しています。

付属品は以下。

  • 前後輪が入るホイールバッグ
  • 軽量クイックリリース
  • スイスストップのカーボン用ブレーキシュー

使用感

ヒルクライム、エンデューロ等のレースやファストランで使用しています。

重量

実測で1350g。

今やクリンチャーでも1300g台が出てきているので驚くほどの軽さではないですが、60mmリムハイトとしては上等でしょう。

見た目

派手です。格好良いです。

赤黒のフレームには素晴らしくマッチします。60mmのハイトもハッタリが効いていて好きです。

平坦

平坦においては、自分が鈍感なためか速さや「伸びる」感じは体感出来ませんでした。

ただ、確かに数字上はAveが普段より2km/hくらい高く出ているので、同じくらいのエネルギーでスピードが出せるのは間違いないと思います。

登り・下り

登りでは、軽さもあって効果が体感できました。下りはビビリであまり攻めないのでよく解らず。ただ、チューブラータイヤの特性もあってか、良く曲がってくれます。

横風特性

また、F6Rのリムは「DARC PROFILE」という形状を取り入れており、横風に強いと書かれていますが、これも体感はできませんでした。

やはり60mmもリムハイトがあると、横風ではかなり煽られます。

その他

リムの精度は良くありません。

1周の間でブレーキの効きが強い所と弱い所があり、制動力が均等になりません。カーボンリムとしてはブレーキは効く方だと思いますが、いかんせんコントローラブルではないのが致命的。

ブレーキ面の耐久性も低く、一度箱根の下りで長時間ブレーキをかけていたところ、ブレーキ面が剥離したことがあります。

保証期間内だったので新品と交換してもらえましたが、相変わらずブレーキの制動力は均等ではありませんでした。

ブレーキに関しては命に関わる部分なので、もう少し見なおして貰いたいものです。

まとめ

値段なりのカーボンチューブラーホイール。

「この値段(海外通販での割引価格)なら相応の性能かな」と思いますが、定価なら買っていないと思います。リム精度に定評のあるENVEとかを買ったほうが多分幸せになれたのだろうなぁと。

2年ほど使っていますし、決戦の時には引っ張り出してきます。走行性能はなかなかのものです。が、安全面の観点から考えると正直あまりオススメできない品です。

評価

対象モデル:  FFWD「F6R Carbon Tubular」
年式: 2011年
定価: 不明
購入価格: 86000円(税込)
公称重量: 1350g
実測重量: 1350g

価格への満足度

6/10

価格相応。

総合評価

6/10

走行性能はなかなか。リムのカーボン品質があまり良くないのか、トラブルが多い。

レビュアー情報

年齢: 28歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019・2023年の3回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間18分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)