【レビュー】Foglia「プラスチック ボトルケージ」

評価:5

Fogliaブランドのボトルケージ。ダウンチューブ下の増設ボトルケージとして愛用してます。

購入動機

ダウンチューブ下に増設している「第三のボトルケージ」。ここ用にずっと愛用していたのが、Avedioのボトルケージです。

このボトルケージは「とにかく下に付く」のが特徴。これにより、大きいサイズのツール缶を付けても、タイヤに擦ることがないのです。いろいろボトルケージを使ってきましたが、これ以上に下げられる(BB側に付けられる)ものを他に知りません。

しかし、先日出たブルベのゴール受付時、ツール缶に入れた鍵を取り出そうとしたらボトルケージが折れてしまいました。かれこれ4~5年は使っていたので、プラスチックの柔軟性が劣化していたのかもしれません。

困ったことに、Avedioはボトルケージの販売をやめてしまいました。いろいろな店でデッドストックをあたってみましたが、どこにも無し。

ただ、同一形状のボトルケージは色々なメーカーから販売されています。BRIDGESTONEやRITCHEYのボトルケージは、これと同じ型です。

ただ、どちらのメーカーも赤色は出していません。私が欲しいのは赤色だったのでAmazonを探してみたところ、「Foglia」なる聞いたことがないメーカーの製品が出てきました。値段も安かったのでとりあえず購入。試してみることにしました。

製品概要

実測重量は36g。プラスチック製です。

カラー展開は不明。とりあえず、他にブラックがあるのは確認しました。

使用感

手元に届いた製品を見ると、やはりAvedioと全く同じものでした。違うのはロゴのみ。品質保証マークの位置まで同じなので、やはり同じ工場で作っているんでしょうね。

重量や、ホールド具合ももちろん問題なし。ダウンチューブ下という振動を受けやすいところでも、今までツール缶が飛び出したことはありません。このボトルケージのホールド力は信頼できます。そして36gと、カーボンボトルケージほどではないものの、意外と軽いのも特徴です。

余談ですが、裏を見ると輸入代理店(株式会社トップ)の住所が書いてあり、これが割と近所。場所を調べてみると、毎日の夜練で前を通っていた場所でした。なんか自転車がいっぱいガラス越しに見えていて、何の施設なのかと思っていましたが、輸入代理店だったんですね。

まとめ

ダウンチューブ下に設置するのに最適なボトルケージ。意外と軽く、ホールド力も申し分ありません。

このメーカーも果たして在庫がいつまであるのか分かりませんが……あるうちに抑えておこうと思っています。

評価

対象モデル:  Foglia「プラスチック ボトルケージ」
年式: 2018年
定価: 不明
購入価格: 748円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 36g

価格への満足度

6/10

標準的な価格。

総合評価

10/10

ダウンチューブ下はコレしか無い。

レビュアー情報

年齢: 34歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)