【レビュー】GRUNGE「チェーンフッカー」

評価:4

東京サンエスのプライベートブランド・GRUNGEのチェーン工具。チェーンを切る時、または繋ぐ時に使用します。

購入動機

メカニック的な作業はほとんどプロ任せにしている私ですが、タイヤ・チューブの交換とチェーンの交換くらいはやります。

この工具はチェーン交換作業のために購入したものです。

製品概要

実測重量は14g。鉄製のフックにプラのカバーが付いただけの製品です。

特にどのメーカーのチェーンに対応ということはなく、恐らくどのチェーンにも使用可能です。

使用感

チェーンの交換時に使用しています。切断時・接続時の両方で使用可能。

切断時

チェーンカッターでチェーンを切る際、リアディレイラーの張力でチェーンが弾け飛ばないように抑える役割があります。これが無くても手でチェーンを押さえていれば弾け飛ぶことはないのですが、あると楽ですね。

接続時

最も活躍するのは、チェーンを接続するときです。

リアディレイラーで張力が掛かっているチェーンを引っ張ってコネクトピンを挿すわけですが、なかなかこの工具がないと辛いですね。

ただ、SHIMANOのディレイラーがシャドー方式になってからというもの、バネがディレイラーの張力に負けてしまっています。インナートップにして張力を最低にしてもバネが伸び切ってしまう感じ。以前のSHIMANOのディレイラーだと丁度いいバネ定数だったのかもしれませんが、今のシャドー方式で使うにはちょっとバネが弱いです。シャドー方式用のちょっと固めのバージョンが欲しいですね。

値段

この工具の値段は500円。かなり安いです。工具箱にぜひ備えておきたい逸品。

まとめ

チェーン交換の際にあると便利な工具。他のものでも代用できそうですが、作る手間を考えると買うほうが安いですね。

シャドーディレイラーの張力に対してはちょっと弱い気がするので、バネの強いバージョンが欲しい所です。

評価

対象モデル:  GRUNGE「チェーンフッカー」
年式: 2015年
定価: 540円(税込)
購入価格: 540円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 14g

価格への満足度

10/10

とても安い。

総合評価

8/10

あると嬉しい工具。シャドーディレイラーに使うとちょっとバネが弱い。

レビュアー情報

年齢: 35歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)