【レビュー】HIRAME「ポンプヘッド 横型」

評価:5

KUWAHARAの販売している「HIRAME(ヒラメ)」ブランドのポンプヘッド。横型と縦型がありますが、レビューするのは横型です。

購入動機

HIRAMEは今更説明する必要もないほど有名ですが、実は私は持っていませんでした。さすがにポンプヘッドに5000円は高いと思っていましたし、結構ありふれているものだと思っていましたので。

購入したのは2017年5月。この頃、「HIRAMEが品薄」との噂がありました。ほぼ受注生産のような状態らしく、予約しても入荷は一年待ちとか。そんな折、行きつけの自転車屋であるサイクルキューブで本製品を発見してしまい、購入に至りました。

縦型も売っていましたが、この先小径車を買わないとも限らないので横型を選択しました。

製品概要

対応する気圧の最高値は何と20気圧。ポンプ側がそこまで対応していないことも多いと思います。

口金はデフォルトで仏式対応ですが、米式や英式のアダプタも用意されています。

created by Rinker
クワハラ(KUWAHARA)
¥715 (2020/09/25 23:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

使用感

家に昔からあるTOPEAKのJoeBlow Sportの口金を交換して使っています。

取付

本製品はあくまでポンプヘッドだけの製品です。ということは、生贄となるフロアポンプが必要になります。昔から使っていたJoeBlowが生贄に選ばれました。

関連記事

TOPEAKの定番フロアポンプ。現在はSport IIにリニューアルしています。 購入動機 スポーツ自転車を始めて最初に買ったポンプ。 単に、店にこれしかなかったのでそれをずっと使っています。他のフロアポンプはママチャリ用しか使っ[…]

・ポンプヘッドが付いているゴムホースをハサミで切る。
・ゴムホースに、本製品を差し込む。
・ホースバンドで、本製品とゴムホースを固定する。

これで取り付け完了です。

初期設定

他社のポンプヘッドではあまり聞いたことが無い「初期設定」が本製品では必要です。

設定が必要なのは、この加圧調節ネジ。ポンプヘッドをバルブに取り付けてレバーを倒すことでロックされるわけですが、このネジが緩んでいると空気が漏れますし、あまり締めすぎると今度はレバーが倒れなくなります。

空気漏れを起こさず、レバーが倒れるギリギリのラインに調整します。

空気の充填

一度初期設定をやってしまえば、あとは軽くヘッドを差し込んで軽くレバーを倒すだけでバルブを咥えこんでくれます。外す時もほとんど力が要らず、更に空気漏れも無し。

JoeBlowのポンプヘッドは、外す時に良くハブやスポークに手をぶつけて痛い思いをしていましたし、外す時に「バシュッ!!」とかなり派手な音を立てて外れていました。それに比べると、本製品は「プシュ」と半角カタカナを使いたくなるくらい呆気なく、力もいらずに外れます。これは凄い。

我が家では使わない時は上記の写真の状態で保管しています。

これはNGな例。レバーを倒した状態で保管してしまうと、パッキンが押され続けて劣化が早くなるそうです。

KUWAHARAさん公式のマニュアルによると、加圧調節ネジを緩めて保管するのが正しいやり方のようです。が、これだと毎回加圧調節ネジの調整が必要になるので、私はレバーを開放状態にする運用にしています。

耐久性

使用開始から2年半ほど経ちますが、特に使い心地に劣化はありません。

前述のように、パッキンは消耗品です。レバーをちゃんと開放状態にしていても、数年で交換に至るようです。本体は良い値段がしますが、消耗品はかなりお安めなのは有り難いですね。

見た目

非常に美しいですね。工芸品。

まとめ

初期調整の面倒さはあるものの、その後は軽い力で脱着が可能。かつ、取付時と取外時の空気漏れも少ない。パッキンは消耗品であるものの、それさえ取り替えていれば長く使えそうなのも良いですね。さすが語り継がれる名品です。

ここ最近は店でもまた見かけるようになってきましたが、いつまた品薄になるかは分かりません。見つけたら抑えておくと良いでしょう。私も予備を1つ買いました。とは言っても、耐久性はかなり高いものだと思うので、そんなに沢山持っている必要性はありませんが。

しかし、精度の高い機器ってのは、感触が官能的ですらありますね。DURA-ACEのクイックのレビューでも書きましたが、締めたり緩めたりする時に気持ちいい。

単調な作業である空気入れを楽しくしてくれる製品だと思います。

created by Rinker
クワハラ(KUWAHARA)
¥5,500 (2020/09/25 23:38:46時点 Amazon調べ-詳細)

追記(2020年2月29日)

ブランド名を「KUWAHARA」と表記していましたが、そちらの表記を削除しました。

KUWAHARAさんが公式ブログで以下の発言をされていたためです。

よく混同されてる方が多いのですが、弊社はHIRAME製品の一代理店であり、製造元ではありません。

私はてっきり、傘下のブランドなのかと思っていました。また、以下の記述もあります。

ブランドオーナーによるハンドメイドの為に、生産量は非常に限られておりますので大量生産されることもありません。

やはり供給量は限られているようです。2020年2月現在は安定して手に入ります。

評価

対象モデル:  KUWAHARA「ヒラメ ポンプヘッド 横型」
年式: 2017年
定価: 4818円(税込)
購入価格: 4910円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 未測定

価格への満足度

6/10

値段は高いが、相応の価値はある。

総合評価

10/10

至高の名品。

レビュアー情報

年齢: 35歳(レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。