【レビュー】Kinesis「PureCX カーボンフォーク」

評価:5

kinesisのシクロクロス用カーボンフォーク。カンチブレーキ台座つき。

購入動機

クロスバイクの乗り心地向上&軽量化のため。

使っているESCAPE RXはアルミフォーク。カーボンハンドルに変えて多少乗り心地は改善したものの、やはり振動はキツい。ということで、カーボンフォークを導入することにしました。

最初はワンバイエスを考えていたんですが、Wiggleで本製品を発見。18000円程度と安く、なおかつ丁度BRAの副賞のクーポンがあったので、これを買うことにしました。

製品概要

カット前の実測重量は515g。カット後は476g。

クラウン部分は金属と書いて有りましたが、フルカーボンフォークに見えます。

ブレーキは、カンチブレーキとVブレーキに対応しています。

使用感

ESCAPE RX純正のアルミフォークから交換しました。フレッシュ(523km)で使用した結果をレポートします。使用シーンはオンロードです。オフロードでは使っていません。

重量

これは明らかに軽くなりました。純正フォークとの比較は以下。

純正アルミ: 820g(スターファングルナット込み)
PureCX: 505g(プレッシャーアンカー込み)

約300gの軽量化。これだけ違うと登りでの影響も大きいです。カンチ台座がついてこの軽さは素晴らしいですね。

乗り心地

これも格段に良くなりました。不快な振動を吸収してくれます。

エントリーグレードのロードでも、フォークだけはカーボンにしている機種が多いのはやはり意味があるのだなーと納得。アルミフォークの頃は200km程度でもキツかったのですが、このフォークでは500km以上の距離を一気に走っても不快感は少なかったです(ただし、ポジション固定なので手は痺れた)。

段差等の大きな衝撃の収束も速いと思います。

剛性

こちらは特に変化は感じず。ただし、フルブレーキでも気になるビビりもなく、箱根旧道のダウンヒルでも問題なく下ることが出来ました。

その他

塗装は綺麗。差し色で青が入っているのは好みが分かれるところ。私のバイクは赤黒なのでちょっと不満。そのうちカッティングシートで赤くしようと思っています。

あと、ESCAPE RXのフレームの場合、フォークとヘッドチューブの間に若干の段差ができるのはマイナス。

まとめ

値段が安くて性能はどうなのかなーと思ったのですが、アルミフォークに比べると全てのステータスが上昇した印象です。

他のカンチブレーキ台座付きのカーボンフォークを使ったことが無いので比較は出来ませんが、アルミから交換すると感動すると思います。Vブレーキのクロスバイクをグレードアップさせたい方にオススメ。

なお、正確な表記は「PureCX」であり、「Pure CX」で検索してもインプレなどは引っかかりません。インプレを探すときはスペースを入れないで検索してください。

評価

対象モデル:  Kinesis「PureCX カーボンフォーク」
年式: 2014年
定価: 不明
購入価格: 18000円前後
公称重量: 480g
実測重量: 515g

価格への満足度

8/10

性能、軽さから見て安い。

総合評価

10/10

オンロードで使う限りでは文句なし。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)