【レビュー】「LifeLine」Performance カーボンロードブレーキシュー

評価:4

Wiggleのプライベートブランド、LifeLineのカーボン用ブレーキシュー。シマノ用とカンパ用があります。今回レビューするのはシマノ用。

購入動機

「東京~糸魚川ファストラン」や「JCRC」等、一緒のイベントに出場することが多い知人のツイートから存在を知りました。

「Wiggleにやたら安いカーボン用ブレーキシューが有る」

とのこと。Wiggleを見に行ってみると、たしかに安い。2個で570円という価格は、これまで使った中で一番安いBBBのカーボン用(4個で1500円)よりも安い。2個あたりに換算すると、570円 VS 750円。大した違いはないけれど、BBBよりよく効けば良いかなーと思って前後×2と考えて4セットを注文しました。

……が、届いた荷物を見て驚きました。

1セットあたり4個だと……?! Wiggleのサイト写真では2個1セットのように見えたのですが、実際には4個1セットだったのです。BBBに比べて約1/3の値段ということに。

4個で5000円が相場のカーボン用ブレーキシューの世界にあって、4個570円。本当に大丈夫なのかちょっと不安になってきました。

製品概要

1個あたりの重量は5g。ブレーキシューとしては標準レベル。

ブレーキ面の造形はシマノ純正とほぼ同じ。

裏面には、挿入方向と「L」「R」の区別が。

使用感

レース用マシンに取り付けて、カーボンホイール(FFWD F6R)との組み合わせで使用。一ヶ月半ほど、平日の高強度な夜練で試してみました。

ちなみに、私が使ったことのあるカーボン用ブレーキシューは以下です。

・SWISS STOP(FFWDホイール付属)
・BBB BBS-23AC
・KOOL-STOP DURA2 CARBON2

制動性能(ドライ)

ドライ性能について。素晴らしいです。当て効きでは思った通りにスピード調整出来ますし、フルブレーキングでもちゃんと効きます。フィーリングはSWISS STOPによく似ています。正直、ブラインドテストしたら判別できる自信がありません。

制動性能(ウェット)

東京~糸魚川ファストラン(300km)にて使用。ホイールとブレーキの組み合わせは以下です。

ホイール: FFWD F6R
ブレーキ: BR-9000

あまり雨が降らないはずの予報でしたが、実際には朝から雨。雨天での本製品の使用経験は全くないので、かなり緊張。経験上、SWISSSTOPすらも効きがイマイチだったので、それより安い本製品は止まらないのではないか?と。

しかし、意外にも雨の中でブレーキを握っても、ドライ条件とほぼ変わらない感触。コントローラブルであるし、多少制動距離は伸びるものの、しっかり止まる。ドライとウェットの感触の違いが、アルミに比べてかなり少ないことに驚きました。

結局、300kmの道中で200km以上は雨と霧の中。豪快なダウンヒルも多いコースですが、ブレーキングに関しては全く不安がありませんでした。タイヤが下ろしたてのチューブラー(22C)だったので、スリップの方は心配でしたが……。最終的に、落車やスリップは一度もなく終わりました。

Wiggleのカスタマーレビューに、400kmの雨ブルベで使用して問題なかったというレビューがあって半信半疑でしたが、信頼の置ける情報だと思います。

耐久性

一ヶ月半で約500kmの練習に使いましたが、まだ大して減っていません。2000kmくらいは使えそうです。

Wiggleのレビューでは「減りが速い」という声もありますが、KOOL-STOPの減りに比べたら可愛いものです。

その他

青色のブレーキシューなので、ホイールのブレーキ面には青い粉が付きます。

そして、フルブレーキング時には結構なゴムの臭いがします。

まとめ

恐れ入りました。まさかこの性能のブレーキシューがこの値段で手に入るとは。Wiggleの手腕に脱帽です。

私はカーボンホイールはレースの時以外は使ってきませんでした。チューブラータイヤのパンクが怖いというのが主たる理由ですが、もう1つの理由はカーボン用ブレーキシューのランニングコストでした。アルミ用ブレーキシューに比べて約3~4倍の値段がするブレーキシューを普段使いなんて出来ないと思っていたのです。

しかし、このブレーキシューは一般的なアルミ用ブレーキシューの半値です。常用しても惜しくない。ということで、ここ最近はカーボンホイールが付きっぱなしになっています。

今まで選択肢として考えていなかった「カーボンクリンチャー」も、このシューがあれば選択肢に入ってきます。うーむ、悩みが増えてしまいました。

追記(2020/4/15)

箱根ヒルクライムに参加した際、同じくFFWDのホイールと組合せて使用しました。

登りは全く問題ありませんでしたが、集団下山で問題発生。熱にホイールが耐えきれず、カーボンが融解。ホイールが破裂しました。

箱根ヒルクライムのコースは平均10%近くあり、更に集団下山は常にブレーキを掛けながら下るもの。更に私の体重は80kg超。カーボンホイールにとっては非常に厳しい条件と言えます。

このブレーキシューのみが発熱の原因だとは思いませんが、発熱が心配な方はこのブレーキシューは避けたほうが良いかもしれません。

評価

対象モデル:  LifeLine「Performance カーボンロードブレーキシュー」
年式: 2015年
定価: 570円(税込)
購入価格: 570円(税込)
公称重量: 不明
実測重量: 5g/1個

価格への満足度

10/10

価格破壊とはこの事。

総合評価

8/10

ドライ・ウェット性能ともに不満なし。熱を持ちやすいかもしれない。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。