【レビュー】MAX DNA 「BLADE RBS」

評価:2

台湾ブランド、MAX DNAの超小型ポンプ。ホース内蔵で、バルブにネジ止め可能です。

購入動機

なるしまフレンドで偶然発見したので購入。

airboneミニポンプの対抗馬になるのではないか?と思ったのですが……。

製品概要

実測重量は51g(ブラケットなし)。全長は123mmです。


ホースを取り出すとこんな感じ。

私が買ったのは小さい「RBS」。一回り大きい「RBM」も発売されています。

使用感

いきなり実戦に投入するのが怖いので、とりあえず家でテストしてみました。比較対象は以下です。

関連記事

airboneの超小型ポンプ。同社では様々な長さのポンプを出していますが、本製品は最小の99mmタイプです。 購入動機 レース用マシン向けに、なるべく小さなポンプが欲しかったため。 どうも私はCO2ボンベの扱いが苦手なので、なるべ[…]

重量

51gはairboneを上回る軽さ。ホースが最初から付属してこの軽さなので、軽量化の観点からはかなり良いと言えます。

大きさ

airboneと比較。少し大きいですが、太さは同じくらい。サドルバッグやツール缶にも十分入る大きさです。

使い勝手

バルブにネジ込んで固定できるため、空気の漏れの不安はありません。

ただし、頭の部分にホースがあるため、体重をかけてポンピングすることは出来ません。この点はairboneに分があります。

性能

IRC ASPITE PRO(24C)に対してテストを実施。

airboneと同じく400回のポンピング。なんとか300回を過ぎても手持ちでポンピングは可能でしたが、400回が近づくに連れてかなり辛くなりました。押しこむ手もかなり痛く。そして結果は……

400回 → 3気圧

airboneより同じ条件で1気圧も低い。しかも、これ以上ポンピングが重くなっても、体重をかけて空気を入れることは出来ません。よほど力があれば空気圧を高めることは出来るかもしれませんが、カタログスペックの11気圧まで入れるのはかなり難しいと思います。

まとめ

超軽量ポンプとしてはよく出来ていると思います。ただ、ロードに使うにはパワーが足らなすぎます。

ホースも付いてネジ込み式なので、空気入れやすくはあるのですが……ライバルと思われるairboneが優秀すぎるかなと。私はairbone+お助けチューブの運用で引き続き行こうと思っています。

評価

対象モデル:  MAX DNA「BLADE RBS」
年式: 2015年
定価: 2052円(税込)
購入価格: 1782円(税込)

価格への満足度

8/10

作りの割に値段は安い。

総合評価

4/10

ロード用としては実用に足らない。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (レビュー執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。