【レビュー】梅丹本舗「クリアプロ サイクルチャージ カフェイン200」

評価:3

梅丹本舗のエナジージェル。元来は梅肉エキスの入ったものでしたが、本製品は梅肉エキスを排して、透明にしたものです。

カフェインなし・カフェイン100mg・カフェイン200mgの製品があります。今回レビューするのはカフェイン200mgのものです。

購入動機

梅丹のサイクルチャージは以前から愛用しており、東京大阪キャノンボールでもラスト2時間くらいで投入(カフェインプラス)するのが定番となっていました。ゴミの処分に困ることがわかったので最近は使っていませんでしたが、大体サドルバッグかトップチューブバッグにお守りとして入れています。

本製品は、「梅肉エキスに禁止物質が含まれる可能性がある」という件を受けて開発されたもの。そもそも含まれていたとしても極微量なので問題にはならないはずですが、少しでも不安を排除するのが目的かと思われます。梅丹のアイデンティティでもある梅肉エキスを一切排したというのは、少し驚きました。

私の場合、ドーピング規則が適用されるような大会にはそもそも出ません。従来のサイクルチャージを使い続ければよいのですが、新しい味が気になったので購入してみました。

製品概要

内容量は40g。カロリーは114.8kcal。

梅肉エキスの代わりに、クエン酸を配合するようになりました。

使用感

ロングライドの終盤で、若干集中力が切れてきた所で使用してみました。私が普段サイクルチャージを使う時とほぼ同じシチュエーションです。

見た目・食感

製品名通り、透明です。「ウェアが汚れにくい」ことも強調されています。確かに従来品はかなり黒かったですからね。

ドロっとしており、従来のサイクルチャージと食感はほぼ同じだと思います。

クエン酸配合ということで、かなり酸っぱいことを予想していましたが、酸っぱさはそこまでではありません。むしろ、苦味の方が際立っています。

恐らく、これはカフェインの苦味なので、カフェインが少ない/入っていないサイクルチャージはまた味が違うはずです。

正直言って、私は美味しいとは思えませんでした。「口当たりのよいスッキリ感を楽しめる」と公式の説明にはありましたが……。従来の梅肉が入ったものの方が味的には好みです。

効果

まずはカフェインの効果。カフェインには覚醒作用や疲労感の解消と言った効果がありますが、飲んで暫くすると体感出来るほどに効果を感じます。

ただ、睡眠には悪影響があるようです。体が疲れた状態で眠ったはずなんですが、夜中に何度も目が覚めました。カフェインの覚醒効果は結構長いようで、8-14時間程度と言われています。ブルベなどで、宿に辿り着くまでの繋ぎで本製品を使うと、宿についても眠れないという状態になるかもしれません。

私はカフェインが効きづらい体質なのですが、それでもこの効き様です。効きやすい体質の人は乱用は避けたほうが良いでしょう。

次に、糖質の効果。梅丹の特徴として、吸収時間が異なる糖質を複数配合していることが挙げられます。割りとエネルギーが切れかけた状態で飲みましたが、飲んだ直後から家に帰り着くまでの20kmの間、空腹感を感じることはありませんでした。

カロリー

従来のサイクルチャージ(カフェイン200)が109kcalだったのに対し、本製品は114.8kcal。ほぼ変わっていません。

まとめ

カロリーや食感、カフェインの効果はほぼ変化なし。味と色が変わった製品です。

私は前のサイクルチャージの方が味が好みなので、今後使うとしたら梅肉エキス入りのものを使うと思います。

しかし、相変わらずベトベトしてしまうのは一緒なので、ゴミの処分には迷うところ。コンビニで貰った袋を持ち歩くことで対処していますが……。

評価

対象モデル:  梅丹本舗 「クリアプロ サイクルチャージ カフェイン200」
年式: 2017年
定価: 324円(税込)
購入価格: 324円(税込)

価格への満足度

10/10

値段としてはありえないほどの効き目。

総合評価

6/10

梅味の方が好き。

レビュアー情報

年齢: 32歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)