【レビュー】MELI「Honey Waffle」

評価:4

セブンイレブンで売られている輸入品のストロープワッフル。ベルギーのハチミツで有名なメーカー「MELI」の製品です。

自転車乗りの間ではハニースティンガーのワッフル(1枚300円前後)が有名ですが、同カテゴリーのワッフルで値段が100円程度と安いのがポイントです。

購入動機

2014年冬にセブンイレブンで見かけて補給食用に購入。「ハニースティンガーのパチモンかな?」と思ったんですが、「ストロープワッフル」という、オランダ・ベルギーあたりでは一般的なお菓子とのことでした。

ストロープワッフル – Wikipedia

コーヒーの上にフタのように乗せて、湯気で少し柔らかくして食べるのが通の食べ方だとか。

製品概要

一枚あたり32g。個包装です。味は以下の2種類。

・ハチミツ&バター(133kcal)
・チョコレート(134kcal)

栄養構成は以下(ハチミツ&バター味)。

タンパク質: 1.2g
脂質: 4.5g
炭水化物: 21.9g
ナトリウム: 76mg

比較対象として、ハニースティンガーのワッフルの栄養構成は以下。

タンパク質: 0g
脂質: 7g
炭水化物: 21g
ナトリウム: 46mg

ハニースティンガーは脂質でカロリーを稼いでいる感じですね。

使用感

補給食として何度か使っています。ハニースティンガーのワッフルとの比較でレビューします。

カロリー

大きさはハニースティンガーと同じ(30g)。カロリーはハニースティンガーの方が上(160kcal)。ただ、前述の通り脂質でカロリーを稼いでいる感じなので、補給食としての性能は大差無さそう。

味は正直、ハニースティンガーの方が上品で美味しいと思います。とはいえ、この製品が不味いということではなく、普通に美味しいです。ちょっと薄味な気はするけれど、シナモンとハチミツが効いてます。食感はややハニースティンガーより固め。冬場は、パキンと折れるくらいに固くなります。

携帯性

ハニースティンガーは食感がソフトなのは良いのですが、バックポケットに入れているとボロボロに崩れてしまうことが結構ありました。あとは、手に持って食べていたら、半分に折れて落としてしまったことも。それに比べると本製品は固めである代わりに型崩れしにくいので、持ち運びにも気を使わなくて良いのはGOOD。

まとめ

値段はハニースティンガーの1/3、味もカロリーも大差ないことを考えると、コストパフォーマンスの良い補給食といえるのではないでしょうか。ワッフル好きな方にオススメです。

個人的には少し固めで型崩れしにくいのがポイント高いです。300円するハニースティンガーが半分に折れて落としてしまったときのショックはかなり大きかったので……。

全てのセブンイレブンにあるわけではないですが、私が見る限り大半のセブンイレブンで売っているので入手性が高いのも良いですね。

評価

対象モデル:  MELI「Honey Waffle」
年式: 2014年
定価: 100円(税込)
購入価格: 100円(税込)

価格への満足度

10/10

1枚100円の補給食なら安いと思う。

総合評価

8/10

美味しい。(味はもう少し濃くて良い。

著者情報

年齢: 30歳(執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)