【レビュー】mont-bell「ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ」

評価:3

mont-bellの自転車用メッシュキャップ。

購入動機

雨天ライド用の備えとして、サドルバッグに忍ばせておくために購入。

ツバの付いたサイクルキャップは、雨がアイウェアのレンズに付着することを防いでくれます。完全には防いでくれず、最低限ではありますが。

製品概要

実測重量は17g(Mサイズ)。サイズはS/M/Lとあります。カラーはブラックのみ。

使用感

「BRM神奈川600興津」「東京~糸魚川ファストラン」で使用。前者は1時間程度の雨、後者は8時間程度の雨の中を走りました。

遮断性

雨の遮断性については、一応あるものの他の製品と比べると弱いです。理由はツバの短さ。もう少し長く作っても良かったのではないかなーと思ったり。紫外線を防ぐにしても、これだけ短いと意味が薄い気がします。

逆に、ツバが小さいので視界を占有する量が狭く、眠くなりにくいとは思いました。

汗抜け

汗抜け自体は良さそうなのですが、生地がかなり薄いので、保水量が少ない印象。そして、含んだ水分はツバに集まってきて。そこから垂れてきます。うーん、ちょっとこれは宜しくないかな。

汗っかきの方や、強い雨の中で使うような状況だと、ツバがいつまでも乾かない状態となってしまうと思います。ご注意。

収納性

ツバの部分がポケット状になっており、小さく畳むことができます。サドルバッグに入れても邪魔になりません。

その他

一応、制菌加工が施してあり、におわないようです。確かにパールイズミのよりはニオイがしにくい。

まとめ

軽量かつ折りたたむと小さくなるサイクリングキャップ。

処理できる水分量が小さいこと、ツバが小さくアイウェアへの雨粒の付着をあまり防いでくれないこと。ちょっと惜しいところが多い製品です。雨の日に使う製品と言うよりは、夏以外の昼間に使う製品かもしれません。

評価

対象モデル:  mont-bell「ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ」
年式: 2015年
定価: 1069円(税込)
購入価格: 1069円(税込)
公称重量: 17g
実測重量: 17g

価格への満足度

8/10

ジオラインがこの値段。

総合評価

6/10

惜しい製品。

レビュアー情報

年齢: 30歳 (執筆時)
身長: 176cm / 体重: 82kg
自転車歴: 2009年~
年間走行距離: 10000~15000km
ライドスタイル: ロングライド, ブルベ, ファストラン, 通勤
普段乗る自転車: QUARK ロードバイク(スチール), GIANT ESCAPE RX(アルミ)
私のベスト自転車: LAPIERRE XELIUS(カーボン)

# 乗り手の体格や用途によって同じパーツでも評価は変わると考えているため、参考情報として掲載しています。
# 掲載項目は、road.ccを参考にさせて頂きました。


この記事を書いた人
ばる
ロングライド系自転車乗り。昔はキャノンボール等のファストラン中心、最近は主にブルベを走っています。PBPには2015・2019年の2回参加。R5000表彰・R10000表彰を受賞。

趣味は自転車屋巡り・東京大阪TTの歴史研究・携帯ポンプ収集。

【長距離ファストラン履歴】
・大阪→東京: 23時間02分 (548km)
・東京→大阪: 23時間13分 (551km)
・TOT: 67時間38分 (1075km)
・青森→東京: 36時間05分 (724km)